無偵-8

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

無偵-8簡体字:无侦-8、英語:WZ-8、DR-8)は、中国偵察用高高度超音速無人航空機[1][2]

概要[編集]

2015年に初飛行を行い[3]2019年10月1日に中華人民共和国建国70周年記念の軍事パレードで公開され[4]シリアル番号から中国人民解放軍空軍東部戦区空軍第10爆撃機師団第30航空連隊に配備されているとされる[2]

アメリカ合衆国がかつて開発していた高速無人偵察機のD-21と異なり、機体形状はデルタ翼で主翼端にはウィングレット状の垂直尾翼が配置され[5]ロケットエンジンあるいは複合サイクルエンジンを動力として最高速度はマッハ3を超え、滑空することによって引き込み式のランディング・ギヤ(着陸装置)で地上に帰還する能力があるとされる[6]

参照資料[編集]

  1. ^ 無人偵察機「無偵8」”. 時事通信 (2019年10月1日). 2019年10月12日閲覧。
  2. ^ a b Images suggest WZ-8 UAV in service with China’s Eastern Theatre Command”. ジェーン・ディフェンス・ウィークリー (2019年10月4日). 2019年10月12日閲覧。
  3. ^ 中国空军无侦8性能能有多高?”. 新浪網 (2019年9月16日). 2019年10月13日閲覧。
  4. ^ China unveils new high-altitude, high-speed reconnaissance drone WZ-8”. 環球時報 (2019年10月1日). 2019年10月12日閲覧。
  5. ^ 說清楚 無偵8和轟-6N到底什麼關係”. 中時電子報 (2019年10月2日). 2019年10月13日閲覧。
  6. ^ China's High-Speed Drone Is Rocket-Powered And All About Doing What Satellites Can't”. The Drive (2019年10月1日). 2019年10月13日閲覧。

関連項目[編集]