松尾豊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

松尾 豊 (まつお ゆたか、1975年[1] - )は、日本工学者東京大学大学院工学系研究科総合研究機構、知の構造化センター、技術経営戦略学専攻の特任准教授[2]。香川県坂出市出身。専門分野は、人工知能、ウェブ工学、ソーシャルメディア分析。

略歴[編集]

学歴[編集]

  • 1997年3月 東京大学工学部電子情報工学科卒業[2]
  • 1999年3月 東京大学大学院工学系研究科電気工学専攻修士課程修了
  • 2002年3月 東京大学大学院工学系研究科電子情報工学専攻博士課程修了[2]博士(工学)[3]

職歴[編集]

  • 2002年4月 産業技術総合研究所研究員
  • 2005年8月 スタンフォード大学言語情報研究センター(CSLI) 客員研究員
  • 2007年10月 東京大学大学院工学系研究科 准教授
  • 2014年4月 東京大学大学院工学系研究科 技術経営戦略学専攻 特任准教授

学会活動[編集]

  • 人工知能学会:倫理委員長 (2014-), 編集委員長 (2012-2014),副編集委員長 (2010-2012),編集委員 (2004-2010),学生編集委員 (2000-2002)
  • World Wide Web Conference プログラム委員(2008-), Web Mining部門 トラックチェア (2014, 2016)
  • 国家戦略室 叡智のフロンティア部会委員、経済産業省 IT融合フォーラム有識者会議委員、経済産業省 産業構造審議会 新産業構造部会など。

著書[編集]

  • 『人工知能は人間を超えるか ディープラーニングの先にあるもの』 (角川EpuB選書、2015)第24回大川出版賞受賞作
  • 『東大准教授に教わる「人工知能って、そんなことまでできるんですか?」』 (KADOKAWA/中経出版、2014)

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Curriculum Vitae (PDF)” (英語). Yutaka Matsuo. p. 13 (2010年10月). 2015年1月15日閲覧。
  2. ^ a b c プロフィール”. 2015年1月15日閲覧。
  3. ^ 論文の題は 『仮説推論法と文書主題抽出法に関する研究』 - 博士論文書誌データベース

外部リンク[編集]