木村重信

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

木村 重信(きむら しげのぶ、1925年8月10日 -2017年1月30日)は、日本の美術史家。京都市立芸術大学大阪大学名誉教授、兵庫県立美術館名誉館長。民族芸術学、近現代美術史を専攻。従四位[1]

経歴[編集]

京都府綴喜郡青谷村(現在の城陽市)の宇治茶問屋・丸京山城園製茶場の経営者であった木村重太郎とトヨの二男として出生。姉、兄、弟、妹六人きょうだいの三番目である。1949年京都大学文学部哲学科卒業、1953年京都市立美術大学講師、1956年から1957年までソルボンヌ大学民族学研究所に留学。1958年助教授、1969年京都市立芸術大学 美術学部教授、1974年同名誉教授、大阪大学文学部教授、1975年「美術の始源」で大阪大学文学博士、1976年国立民族学博物館併任教授、1989年大阪大学を定年退官、名誉教授、大阪府顧問、1992年国立国際美術館館長、その後兵庫県立美術館長。民族芸術学会名誉会長。この間世界全域で多くのフィールドワークをおこなう。

1966年『カラハリ砂漠』で毎日出版文化賞受賞、1991年大阪文化賞、1998年勲三等旭日中綬章、1999年京都市文化功労者、2001年兵庫県文化賞など受賞。

太宰治『パンドラの匣』の底本となった日誌の書き手・木村庄助は実兄であり、津島美知子から返却された日誌は重信の編纂で刊行された。 丸京山城園製茶場の経営者で歌人木村草弥は実弟。

著書[編集]

  • 『現代絵画の変貌』三一書房 1958
  • 『原始美術論』三一書房 三一新書 1959
  • 『洞窟の美術 美の誕生をめぐって』社会思想研究会出版部(現・社会思想社現代教養文庫)1960
  • 『アフリカ美術 世界美術全集別巻4』講談社 1964
  • 『先史美術 世界美術1』講談社 1965
  • 『アフリカ・オセアニア美術 世界美術24』講談社 1966
  • 『カラハリ砂漠 アフリカ最古の種族ブッシュマン探検記』講談社 1966 のち文庫
  • 『現代絵画の解剖』鹿島研究所出版会(現・鹿島出版会)(SD選書) 1967
  • 『エコール・ド・パリ』毎日新聞社 1967
  • 『先史岩壁画─西洋絵画(1)』美術出版社 1969
  • 『アフリカ美術探険 一万年の美術史を探る』講談社 1969
  • 『美術の始源』新潮社 1971
  • 『はじめにイメージありき 原始美術の諸相』岩波新書 1971
  • 『モダン・アートへの招待』講談社現代新書 1973
  • 『先史・アフリカ・オセアニア美術 大系世界の美術1』学習研究社 1973
  • 『豊後の石仏』写真・片山摂三 平凡社 1973
  • 『東洋のかたち 美意識の探究』1975 (講談社現代新書)
  • 『人間にとって芸術とは何か』1976 新潮選書
  • 『AFRICAN ARTS』アフリカン・アーツ・アソシエーション 1977
  • 『永遠回帰の美 アルカイック美術探検ノート 講談社 1979
  • 『ヴィーナス以前』1982 中公新書
  • 『サハラの岩面画 タッシリ・ナジェールの彩画と刻画』門田修写真 日本テレビ放送網 1983
  • 『右往左往』編集工房ノア(ノア叢書) 1984
  • 『美の源流 先史時代の岩面画』くもん出版 1984
  • 『上方美の探訪 たとえば京の着だおれ大阪の食いだおれ』講談社 1984
  • 『巨石人像を追って 南太平洋調査の旅』日本放送出版協会(NHKブックス)1986
  • 『民族芸術への招待』日本放送出版協会(NHK市民大学)1986
  • 『先史の世界 世界の大遺跡第一巻』講談社 1987
  • 『虚実空間に遊ぶ 関西美術家群像』講談社 1989
  • 『失われた文明を求めて』KBI出版 1994
  • 『民族美術の源流を求めて』NTT出版 1994
  • 『世界美術史』朝日新聞社 1997
  • 木村重信著作集』全8巻 思文閣出版 1999-2004
  • 『美術史家地球を行く』ランダムハウス講談社 2008
  • 『世界を巡る美術探検』思文閣出版 2012

編著・共著[編集]

翻訳[編集]

  • S.ギーディオン『永遠の現在 美術の起源』江上波夫共訳 東京大学出版会 1968
  • マリアン・W.スミス編『部族社会の芸術家』岡村和子共訳 鹿島研究所出版会(SD選書)1973
  • H.W.ジャンソン『美術の歴史』辻成史共訳 創元社 1980
  • Madanjeet Singh(UNESCO)『太陽神話』監修・翻訳 小川稔ほか共訳 講談社 1997
  • H.W.ジャンソン、アンソニー・F.ジャンソン『西洋美術の歴史』藤田治彦共訳 創元社 2001

記念論文集[編集]

  • 『美のパースペクティヴ』辻成史ほか共著 木村重信退官記念論文集 鹿島出版会 1989

脚注[編集]

  1. ^ 『官報』6971号、平成29年3月6日