三上誠

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

三上 誠(みかみ まこと、1919年8月8日 - 1972年1月16日)は、昭和戦後期に活躍した日本画家である。

経歴[編集]

1919年大阪市に生まれ、福井市で育つ。旧姓・嶋田。1940年東京美術学校 (旧制)油画科受験に失敗し、京都市立絵画専門学校(絵専、現・京都市立芸術大学)日本画科予科に入学。1944年絵専本科を卒業し、同校副手となる。

1948年の日本画家・洋画家・陶芸家から成るパンリアルを経て、翌1949年日本画家達によってパンリアル美術協会を結成。"パンリアル"という名称を発案し、パンリアル美術協会結成時には宣言文の草稿を執筆した[1]。1951年同協会会長に就任し、中心的役割を果たす。

1952年肺結核のため京都病院に入院。1952年療養のため福井に帰郷し、以後定住。その後も手術を繰り返し、4度の胸部切開手術により11本の肋骨を失った。薬の副作用による幻覚症状も現れるようになる[2]

病を得てからは、荒縄や段ボール、木片といった異素材を画面に貼り付けた作品のほか、手術や治療体験を想起させる、変形分断された人体をモティーフとした作品を多く制作[3]、人体経絡図と抽象図形を組み合わせた独自の表現を取得した。長い闘病生活のなかで、つねに自身の肉体的苦痛と対峙しながら、東洋医学暦法仏教輪廻転生などへの造詣を深めていったことを作品からうかがうことができる[4]

1971年肺結核が再発。翌1972年1月16日、52歳で死去した。

年表[編集]

[編集]

  1. ^ 作家略歴|京都国立近代美術館”. www.momak.go.jp. 2020年10月22日閲覧。
  2. ^ 星野画廊:図録77”. hoshinogallery.com. 2020年10月22日閲覧。
  3. ^ 作家略歴|京都国立近代美術館”. www.momak.go.jp. 2020年10月22日閲覧。
  4. ^ 三上誠とパンリアル(彩鳳堂画廊)” (日本語). 美術手帖. 2020年10月22日閲覧。

外部リンク[編集]