大野俶嵩

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

大野 俶嵩(おおの ひでたか、1922年大正11年)1月20日 - 2002年平成14年)9月5日)は、昭和・平成期の日本画家であり、京都市立芸術大学名誉教授である。

生涯[編集]

京都府京都市生まれ。本名は大野 秀隆

須田国太郎の指導を受けた1941年(昭和16)年京都市立美術工芸学校日本画科を終えると、京都市立絵画専専門学校日本画科(現・京都市立芸術大学)を1943年昭和18年)に卒業[1]

1948年には星野眞吾の推薦を受けパンリアル美術協会に参加し、下村良之介らと翌1949年に「パンリアル宣言」を発表、パンリアル美術協会を公に結成する。同年、第1回展を開催し、1958年(昭和33年)まで同展に出品。日本画の絵の具の基材であるホルマリンを混ぜて耐水性を持たせる方法を取り入れたのは、大野と同級だったド村と今井守彦であるという[2]

1958年、1961年ピッツバーグ国際現代絵画彫刻展のほか[1]、海外の展覧会の出品は中南米巡回日本現代絵画展(1959年)を含む。グッゲンハイム美術館により「創生」が買い上げられるなど(1960年)海外でも活躍した[1]。画号を「俶嵩」と改めるのは1961年である。1971年(昭和46年)から花をモチーフに据え、抽象絵画より南宋院体画風の伝統的で精緻な日本画に転じた[1]

2002年(平成14年)9月5日、多臓器不全の為死去。享年80歳[1]

経歴[編集]

作品[編集]

  • 「ストリップ」(1950年
  • 「消えた虹」(1954年
  • 「鶏頭(おとずれ)」(1972年)[4]
  • 「華厳」(1989年)[4]
  • 「TWO FORMS」
  • 「散華(さんげ)」

主な受賞[編集]

  • 第2回 国彩会展 国彩会賞受賞
  • 第3回 日展 入選(1947年)「海」[4]
  • 第3回 京展 京都市長賞・新聞社賞(1947年)「城南の春」[4]
  • 紺綬褒章1979年
  • 京都市文化功労章(1983年[4][11]
  • 第7回 京都府文化賞 功労賞(1989年)[4][12]
  • 京都府文化賞特別功労賞(2001年)[13]

脚注[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e 大野俶嵩 [東文研アーカイブ]”. 東京文化財研究所 (2015年12月14日). 2018年5月17日閲覧。
  2. ^ 眞鍋千絵、松田泰典「パンリアル美術協会初期作品群技法材料研究」『東北芸術工科大学紀要』第10巻、東北芸術工科大学、2003年3月、 66, 73、 NAID 1100009858372018年5月17日閲覧。
  3. ^ 1961年もピッツバーグ国際現代絵画彫刻展に出品。
  4. ^ a b c d e f g h i 大野俶嵩 [東文研アーカイブス]”. 2018年5月17日閲覧。
  5. ^ a b c d e 作品データ”. 和歌山県立近代美術館. p. 72. 2018年5月17日閲覧。
  6. ^ 大野俶嵩『大野俶嵩画集 花に祈る』京都書院、1982年11月10日。ISBN 4-7636-1024-4
  7. ^ 和歌山県立近代美術館 [編集]『日本画の4人展 大野俶嵩・下村良之介・星野真吾・三上誠』和歌山県立近代美術館、1987年12月31日。
  8. ^ 穴澤一夫「大野さんの芸術と『聖なる対話』」『大野俶嵩展 -「物質」から華へ-』O美術館、1989年。
  9. ^ 天野一夫「物象の彼方に……」『大野俶嵩展 ―「物質」から華へ-』O美術館、1989年。
  10. ^ コレクション展 2011- 秋”. 和歌山県立近代美術館. 2018年5月17日閲覧。
  11. ^ 京都市文化功労者表彰”. 京都市. 2018年5月7日閲覧。
  12. ^ 京都府. “京都府文化賞受賞者”. p. 23. 2018年5月17日閲覧。
  13. ^ 京都府, p. 29.

出版物[編集]

  • Corman, Cid; 大野俶嵩 [挿画] (1959). Clocked stone. Origin Press. NCID BA33369178. 
  • ――――, ――; ―――― [挿画] (1964). All in all. Origin Press. NCID BA33369043. 
  • 大野俶嵩『大野俶嵩の花 : 画集』京都書院、1975年。NCID BA52134488
  • ――――『大野俶嵩素描集 : 花』京都書院、1977年。NCID BN09269816
  • ――――『日本画 : 初歩から制作まで』日本放送出版協会、1978年6月20日。ISBN 4-14-032012-5NCID BN05309318
  • ――――『大野俶嵩画集 : 花に祈る』京都書院、1982年11月10日。ISBN 4-7636-1024-4NCID BN09269769
  • 梅原猛「大野俶嵩 : 実在の発見」『湖の伝説』集英社〈梅原猛著作集〉、1982年。NCID BN00418597
  • 梶川強、大野俶嵩『大野俶嵩画集出版記念展』三条祇園画廊、1982年。NCID BA79965274
  • 大野俶嵩、梶川強、三条祇園画廊『大野俶嵩個展 = Hidetaka Ohno』三条祇園画廊、1982年。NCID BB02923621
  • 日本放送協会、光瀬龍、大野俶嵩、坪井三郎『宮本武蔵 : 二刀流の秘密. 宮本武蔵 : 漂泊の二十八年. 幕末大パニック : ええじゃないか. 御三家の反乱 : 幕末尾張藩秘話 ; 追跡! 瀬戸内の大海賊. 追跡! 戦国甲賀忍者軍団. 元勲たちのクーデター : 明治十四年政変の謎. 代議士大量逮捕 : 明治四十二年砂糖疑獄』城山三郎; 福田晃; 色川大吉; 草柳大蔵、日本放送出版協会〈歴史への招待 / NHK [編]〉、1984年。NCID BN0295101X
  • 大野俶嵩『大野俶嵩1985』三条祇園画廊、1986年。NCID BA58253286
  • ――――『日本画 : 草花を描く 基礎から応用』マコー社、1986年。NCID BN05209040
  • 和歌山県立近代美術館、大野俶嵩、下村良之介、星野眞吾『日本画の4人 : 大野俶嵩・下村良之介・星野真吾・三上誠』和歌山県立近代美術館、1987年。NCID BB17071525
  • 大野俶嵩、品川文化振興事業団O美術館『大野俶嵩展 : 「物質」から華へ』O美術館、1989年。NCID BN04080379
  • 大野俶嵩『蒲公英』ギャラリーカジカワ、1995年。NCID BA58088984
  • 岡崎市美術博物館岡崎市横山操、大野俶嵩『現代の日本画 : 横山操から会田誠へ : その冒険者たち』中日新聞社、2003年。NCID BA64041340

外部リンク[編集]