藤田治彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

藤田 治彦(ふじた はるひこ、1951年10月1日- )は日本の美術史家大阪大学教授。研究内容・専門分野─美学美術史、環境と芸術に関する研究。[1]

経歴[編集]

福島県生まれ。1975年京都工芸繊維大学工芸学部意匠工芸学科卒業、77年同大学院修士課程修了、1983年大阪市立大学大学院生活科学研究科 博士課程修了。学術博士。論文の題は「American design in the nineteenth century : architectural expression, 1838-1880」[2]。 1984年京都工芸繊維大学工芸学部助手、90年助教授、ルーヴェン・カトリック大学客員教授、1998年大阪大学文学研究科助教授、2002年教授。[3] ウィリアム・モリスとアーツ・アンド・クラフツに関する紹介の第一人者として知られる。主な著書に『ナショナル・トラストの国』『ウィリアム・モリス』『天体の図像学』など。

著書[編集]

  • 『風景画の光─ランドスケープ・ヨーロッパ─美の掠奪』講談社 1989
  • 『マンハッタンの建築』リチャード・ベレンホルツ・写真、講談社 1991
  • 『ナショナル・トラストの国─イギリスの自然と文化』淡交社 1994
  • 『ウィリアム・モリス─近代デザインの原点』鹿島出版会SD選書〉 1996
  • 『現代デザイン論』昭和堂 1999
  • 『近代絵画に先駆けたイギリス風景画の巨匠の世界』六耀社 2000
  • 『天体の図像学─西洋美術に描かれた宇宙』八坂書房 2006
  • 『もっと知りたいウィリアム・モリスとアーツ&クラフツ』東京美術「アート・ビギナーズ・コレクション」 2009

共著編[編集]

翻訳[編集]

  • リンダ・パリー『ウィリアム・モリスのテキスタイル』多田稔共訳、岩崎美術社 1988
  • スチユアート・デュラント『近代芸飾事典』岩崎美術社 1991
  • フィリップ・B・メッグス『グラフィック・デザイン全史』淡交社 1996
  • H・W・ジャンソン、アンソニー・F・ジャンソン『西洋美術の歴史』木村重信共訳、創元社 2001
  • ダーティントン・ホール・トラスト/ピーター・コックス編『ダーティントン国際工芸家会議報告書 陶芸と染織 1952年』監訳・解説 思文閣出版 2003
  • マイケル・パリー『モリス商会 装飾における革命』監訳 東京美術 2013

監修[編集]

  • 『いす100のかたち─ヴィトラ・デザイン・ミュージアムの名品』読売新聞 1997
  • オリヴィエ・メスレー『ターナー─色と光の錬金術』「知の再発見」双書、遠藤ゆかり訳、創元社 2006
  • フランソワーズ・カシャン『マネ─近代絵画の誕生』「知の再発見」双書、遠藤ゆかり訳、創元社 2008
  • マルク・ダシー『ダダ─前衛芸術(アヴァンギャルド)の誕生』「知の再発見」双書、遠藤ゆかり訳、創元社 2008
  • 『ウィリアム・モリス 原風景でたどるデザインの軌跡』求龍堂 2017

所属学会[編集]

出典[編集]

  1. ^ KAKEN科学研究費助成事業データベースhttp://kaken.nii.ac.jp/d/r/00173435.ja.html
  2. ^ 博士論文書誌データベースによる
  3. ^ 大阪大学大学院文学研究科・文学部http://www.let.osaka-u.ac.jp/ja/academics/undergraduate/interview/fujita_h