日景温泉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Hot springs 001.svg 日景温泉
Hikage Onsen 2017.10.jpg
日景温泉外観
温泉情報
所在地 秋田県大館市長走字長走37
座標 北緯40度25分18.6秒東経140度36分29.3秒座標: 北緯40度25分18.6秒 東経140度36分29.3秒
日景温泉の位置(秋田県内)
日景温泉
日景温泉
交通 鉄道:奥羽本線 陣場駅より車で約5分
車:東北自動車道 碇ヶ関ICより約10分
泉質 含硫黄-ナトリウム-塩化物泉
泉温(摂氏 41.3 ℃
湧出量 170L/分(動力揚湯)
pH 6.4
液性の分類 中性
浸透圧の分類 等張性[1]
特記事項 飲泉可
テンプレートを表示

日景温泉(ひかげおんせん)は、秋田県大館市(旧国出羽国明治以降は羽後国)にあった温泉青森県との県境である矢立峠近くの天然秋田杉の林の中にあった。

施設の老朽化による改修費用の捻出ができず、2014年8月で営業を終了した。[2]その後、運営会社(株)割烹きらくが2017年初冬の営業再開を目指し、新たな源泉を採掘、建物の改修工事を行っていたが[3]、同年10月1日営業を再開した。

泉質[編集]

  • 含硫黄-ナトリウム-塩化物泉(硫化水素型)

成分の多い湯で、その効能は高いとされる。また「東北の草津」とも呼ばれ、3日入れば治ることから「三日一廻りの名湯」として知られてきた。特に皮膚病に対する効能は高いと伝わる。

  • 源泉温度は41.3℃。大浴場へは熱交換式で加温、自炊部の内湯は加温無し。
  • 温泉成分による化学反応でアクセサリーなどの金属類が変色することがある。またほかの温泉からはしごしてきた場合(特に矢立温泉古遠部温泉)は皮膚に付着している前温泉の成分が化学反応を起こして黒く変色する事もある。
混浴露天風呂

温泉街[編集]

日本秘湯を守る会にも属する一軒宿の「日景温泉」があり、一般部と湯治場である自炊部からなる。総ヒバ造りの男女別浴場と、日本で数少ない混浴露天風呂があったが、現在、県からの協力が得られず廃止の予定。

歴史[編集]

1889年明治22年)、磐梯山の噴火に伴う地殻変動により湧き始めた。1893年(明治26年)に、大館地方の自由民権運動家でもあった、日景弁吉によって温泉宿が作られた。

温泉名は、創業者の苗字に由来する。

アクセス[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 自遊人掲載の温泉分析書平成19年12月
  2. ^ “日景温泉8月末閉館 120年余の歴史に幕常連客から惜しむ声”. 北鹿新聞. (2014年7月11日) 
  3. ^ 閉館1年余、日景温泉に新源泉2つ 来夏にも再開、改修工事進む[1]

外部リンク[編集]

日景温泉HP - 【公式】白神矢立 湯源郷の宿 日景温泉