愛知県立愛知工業高等学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
愛知県立愛知工業高等学校
Aichi Prefectural Aichi Technical High School.JPG
過去の名称 愛知県立工業学校
愛知県立愛知工業学校
国公私立の別 公立学校
設置者 愛知県の旗 愛知県
学区 【全日制】専門学科Bグループ
【定時制】全県学区
併合学校 愛知県立千種工業高等学校
愛知県立第二愛知工業高等学校
校訓 創意工夫
勤労尊重
責任遂行
設立年月日 1901年明治34年)
閉校年月日 2018年平成30年)
共学・別学 男女共学
課程 全日制課程
定時制課程
単位制・学年制 学年制
設置学科 【全日制課程】
電子機械科
電気科
情報技術科
建設科
化学工業科
デザイン科
【定時制課程】
ものつくり科
電子機械科
建築科
学期 3学期制
高校コード 23114C
所在地 462-0052  
北緯35度12分40.38秒 東経136度54分8.56秒 / 北緯35.2112167度 東経136.9023778度 / 35.2112167; 136.9023778座標: 北緯35度12分40.38秒 東経136度54分8.56秒 / 北緯35.2112167度 東経136.9023778度 / 35.2112167; 136.9023778
外部リンク 公式サイト
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示

愛知県立愛知工業高等学校(あいちけんりつあいちこうぎょうこうとうがっこう, Aichi Prefectural Aichi Technical High School)は、愛知県名古屋市北区福徳町にあった公立の工業高等学校。略称は「愛工」(あいこう)。

全日制課程は愛知県立東山工業高等学校と統合して、東山工業高校の敷地に「愛知県立愛知総合工科高等学校」が2016年(平成28年)度に開校し、それに伴い本校は2018年(平成30年)3月に閉校した。定時制課程は2017年(平成29年)度から新たに昼間部普通科が設置され、現校地で「愛知県立城北つばさ高等学校」として開校した。

概要[編集]

歴史
1901年明治36年)に開校した「愛知県立工業学校」を前身とする。1948年昭和23年)の学制改革により、新制高等学校として現校名の「愛知県立愛知工業高等学校」となった。2011年平成23年)に創立110周年を迎えた。
設置課程・学科
全日制課程 6学科 - 修業年限3年、( )の文字は各科の記号
  • 電子機械科(M = Machine)
  • 電気科(E = Electricity)
  • 情報技術科(S = System information)
  • 建設科(AC = Architecture and Civil Engineering)
  • 化学工業科(D = Dyeing)
  • デザイン科(DS = Design)
定時制課程(夜間)2学科 - 修業年限4年(ただし通信制高校との併修などにより、3年での卒業も可能)
  • 電子機械科
  • 建築科
校訓
「創意工夫」・「勤労尊重」・「責任遂行」
教育目標
教育基本法の精神にのっとり、国家および社会の有為な形成者として必要な人格の完成を目指し、
技術革新に対応できる基礎学力・技術・技能を修得し、個性の伸長、知・徳・体の調和の取れた
人間形成を図り、自ら学ぶ態度や習慣を身につけた、たくましく実践的な工業人の育成に努める。
校章
  • 初代(工業学校時代) - 校名の「愛工」の文字(縦書き)を図案化したもの。
  • 2代目(工業学校時代)- 1903年明治36年)に改定。丸形に伸ばした「工」の文字が、篆書の肉筆体にした「愛」の文字を囲んでいる。
  • 3代目(現在)- 1948年(昭和23年)に改定。2代目の校章をほぼ継承し、愛の文字の書体を丸ゴシックにしている。
校歌
作詞は中条雅二、作曲は中野二郎による。歌詞は3番まであり、各番に校名の「愛工」が登場する。
同窓会
「愛工会」(あいこうかい)と称している。

沿革[編集]

旧制諸学校[編集]

旧制・愛知工業学校
  • 1901年(明治34年)
  • 1905年(明治38年)3月 - 愛知郡御器所村に新校舎が完成し、移転を完了。
  • 1922年大正11年)4月1日 - 「愛知県立愛知工業学校」と改称。
  • 1936年昭和11年)10月 - 愛工マーチを制定。
  • 1939年(昭和14年)4月1日 - 愛知県夜間工業学校(甲種)が併置される。
  • 1941年(昭和16年)5月 - 名古屋市北区福徳町(現在地)に新校舎建設を開始。
  • 1944年(昭和19年)4月1日 - 併置の愛知県夜間工業学校が愛知県工業学校第二本科となる。
  • 1945年(昭和20年)
    • 3月 - 名古屋大空襲(3月空襲)で校舎を消失。
    • 5月 - 名古屋大空襲(5月空襲)で、建設中の福徳町校舎実習棟2棟を残して焼失。
  • 1948年(昭和23年)
    • 3月31日 - 学制改革(六・三・三制の実施)により、愛知工業学校が廃校。
旧制・愛知県中川工業学校
  • 1939年(昭和14年)
    • 2月 - 「愛知県機械工業学校」(乙種)の設立が認可される。
    • 4月1日 - 名古屋市中川区篠原町で開校。
  • 1941年(昭和16年)3月 - 5年制の甲種工業学校になる。
  • 1942年(昭和17年)4月1日 - 「愛知県中川工業学校」と改称。
  • 1945年(昭和20年)3月 - 名古屋大空襲(3月空襲)で校舎を消失。
  • 1946年(昭和21年)9月 - 名古屋市千種区へ移転。
  • 1948年(昭和23年)
    • 3月31日 - 学制改革(六・三・三制の実施)により、中川工業学校が廃校。
旧制・愛知県工業実務学校
  • 1935年(昭和10年)10月 - 「愛知県工業実務学校」が開校。機械電気科と織染科の2学科を設置。
  • 1945年(昭和20年)3月 - 廃止される。

新制高等学校 全日制[編集]

  • 1948年(昭和23年)
    • 4月1日 - 学制改革(六・三・三制の実施)により、実業学校が廃止され、愛知工業学校を母体に「愛知県立愛知工業高等学校」、中川工業学校を母体に「愛知県立千種工業高等学校」の2つの新制高等学校が発足。
    • 5月 - 愛知工業高校が、名古屋市北区福徳町(現在地)に校舎を再建し、移転を完了。
    • 9月30日 - 愛知県立千種工業高等学校が廃校。
    • 10月1日 - 愛知と千種の工業高等学校2校が統合され、「愛知県立愛知工業高等学校」として名古屋市北区福徳町で開校。
    • 建築科・土木科・工業化学科・図案科・電気科・機械科・紡織科の7学科を設置。
  • 1953年(昭和28年)2月 - 校歌を制定。
  • 1964年(昭和39年)4月1日 - 図案科を「デザイン科」と改称。
  • 1973年(昭和48年)4月1日 - 愛知県立名古屋聾学校機械科との連携教育を開始。
  • 1988年(昭和63年)4月1日 - 紡織科を「繊維工業科」と改称。
  • 1988年(昭和63年)4月1日 - 情報技術科新設(電気・情報技術科として一括募集)
  • 1989年(平成元年)4月1日 - 繊維工業科の募集を停止。
  • 1992年(平成4年)4月1日 - 工業化学科を「化学工業科」と改称。
  • 1993年(平成5年)4月1日 - 機械科を「電子機械科」と改称。
  • 2000年(平成12年)10月 - 愛工創立100周年記念行事を挙行。
  • 2005年(平成17年)4月1日 - 建築科と土木科の募集を停止し、建設科を新設。
  • 2010年(平成22年)10月 - 愛工創立110周年記念行事挙行。
  • 2011年(平成23年)4月1日 - 愛知県立東山工業高校の閉校により、学校事務(卒業証明書・成績証明書等の発行など)を継承。
  • 2016年(平成28年)4月1日 - 旧・東山工業高等学校校地に新校舎が完成し、「愛知県立愛知総合工科高等学校」が開校。これに伴い、全日制課程は2015年度一杯で募集停止。
  • 2018年(平成30年)3月 - 閉校。

新制高校 定時制[編集]

  • 1948年(昭和23年)
    • 4月1日 - 学制改革により、愛知工業学校第二本科を母体に「愛知県立愛知工業高等学校」定時制課程が発足。
  • 1972年(昭和47年)4月1日 - 定時制課程が分離し、愛知県立第二愛知工業高等学校として独立。
  • 1998年(平成10年)4月1日 - 愛知県立第二愛知工業高等学校を統合し、定時制課程とする(再統合)。
  • 2014年(平成26年)4月1日 - 電子機械科及び建築科をものつくり科に改編する。
  • 2016年(平成28年)3月 - 愛知工業高校定時制として最後の入学者募集を実施。
  • 2016年(平成28年)8月29日 - 次年度より定時制昼間部普通科を新設し、定時制課程を「愛知県立城北つばさ高等学校」の校名に改めて開校することを県教委が発表。
  • 2017年(平成29年)4月 - 定時制昼間部普通科を新設し、「愛知県立城北つばさ高等学校」として開校。

部活動[編集]

全日制課程
運動部
文化部
同好会
研究部
  • 電子機械研究部
  • 電気研究部
  • 情報技術研究部
  • 建築研究部
  • 土木研究部
  • 化学工業研究部
  • デザイン研究部
定時制課程
運動部
  • ソフトテニス部
  • バスケットボール部
  • 柔道部
  • バレーボール部
  • 軟式野球
  • 陸上
  • 剣道部
  • バドミントン部
  • サッカー部
  • 卓球部
文化部

著名な出身者[編集]

アクセス[編集]

最寄りの鉄道駅
最寄りのバス停

周辺[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

出典[編集]

  1. ^ a b 堀井聡子 (2017年6月4日). “特報館 就任2年 伊藤保徳・瀬戸市長に聞く 雇用生む企業誘致後押し”. 中日新聞 (中日新聞社): p. 朝刊 なごや東版 22 
  2. ^ 『中日新聞』2012年9月24日付朝刊、三河版、16面、「こころは三河 私の古里 大野真澄さん」。

広報資料・プレスリリースなど一次資料[編集]

  1. ^ 本校の歩み”. 愛知県立愛知工業高等学校. 2016年11月5日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]