恋するザムザ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

恋するザムザ』は、村上春樹短編小説

概要[編集]

初出 書き下ろし
収録書籍 『恋しくて―Ten Selected Love Stories』
中央公論新社、2013年9月、村上春樹編・訳)

本短編について村上は次のように述べている。

「まず『恋するザムザ』というタイトルができて、そこからどんな話を書いていけばいいのか考えた。元ネタであるカフカの『変身』を読んでしまうとかえって書きにくくなりそうなので、遥か昔に読んだぼんやりとした記憶を辿って、『変身』後日譚(のようなもの)を書いた」[1]

収録書籍の『恋しくて―Ten Selected Love Stories』は2016年9月21日に中公文庫として文庫化された[2]

英訳[編集]

タイトル Samsa in Love
翻訳 テッド・グーセン
初出 ザ・ニューヨーカー』2013年10月28日号[3]
収録書籍 Men Without Women』(クノップフ社、2017年5月9日)

あらすじ[編集]

目を覚ましたとき、彼は自分がグレゴール・ザムザに変身していることを発見した。部屋には今彼が横たわっているベッドを別にすれば、家具と呼べそうなものは何ひとつなかった。

なんという不格好な身体だろう、自分の裸の肉体をざっと眺め、ザムザはそう思わずにはいられなかった。別の部屋のクローゼットからガウンを取り出して身にまとい、布団をかぶってまどろんでいるとベルが鳴った。ドアの外には小さな女が立っていた。年齢はたぶん二十代初めだろう。目が大きく、鼻が小さく、唇が痩せた月のようにいくらか片方に傾いていた。

「それで、問題の錠前はどこなの?」と女は言った。「錠前が壊れたから修理に来てほしいというお話だったけど」

ザムザは事情はのみ込めなかったが、壊れた錠前は二階のドアのどれかと判断し女を案内する。

脚注[編集]

  1. ^ 『恋しくて―Ten Selected Love Stories』中央公論新社、2013年9月、365頁。
  2. ^ 恋しくて|文庫|中央公論新社
  3. ^ FICTION SAMSA IN LOVE BY HARUKI MURAKAMI. OCTOBER 28, 2013The New Yorker

関連項目[編集]

  • 変身 (フランツ・カフカの中編小説)
  • 女のいない男たち (村上の短編小説集。同短編集の各国語版には「恋するザムザ」が収録されている)