廉京燁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
廉 京燁 (ヨム・ギョンヨプ)
Yeom Gyeong-Yeop
サンディエゴ・パドレス 練習コーチ #85
Youm Kyoung-youb.jpg
2016年の廉京燁
基本情報
国籍 大韓民国の旗 大韓民国
出身地 全羅南道光州市(現・光州広域市)
生年月日 (1968-03-29) 1968年3月29日(53歳)
身長
体重
178 cm
64 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 二塁手三塁手遊撃手
プロ入り 1991年 2次ドラフト1位
初出場 1991年4月5日
最終出場 2000年11月7日
年俸 7億ウォン (2020年)
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
監督・コーチ歴
ヨム・ギョンヨプ
各種表記
ハングル 염경엽
漢字 廉京燁
発音: ヨムギョンヨプ
英語表記: Yeom Gyeong-Yeop
テンプレートを表示

廉 京燁(ヨム・ギョンヨプ、朝鮮語: 염경엽1968年3月29日 - )は、大韓民国全羅南道光州市(現・光州広域市)出身の元プロ野球選手、プロ野球指導者。KBOリーグに所属するSKワイバーンズの監督を務めていた。

経歴[編集]

1991年、ドラフト2次1位指名を受けて太平洋ドルフィンズに入団。

現役時代、大きな注目を受ける選手ではなかった。守備は良かったものの、通算本塁打が5本と打撃に課題があった。

2000年韓国シリーズにて優勝した後、現役を引退した。

現役引退後、2006年まで現代のスカウトにいた後、2007年に現代の守備コーチに就任。

同年限りで現代が解散となったため、2008年LGツインズに移籍し、再びスカウトとなった。

2009年はLGの運用チーム長に配置換えとなる。2010年は再び現場に戻り、2年間守備コーチを務め、退団。

2011年オフにネクセン・ヒーローズに移籍[1]し、作戦・走塁コーチに就任。

2012年シーズン、チーム別盗塁数が1位になった功労により、同年オフにネクセンの監督に就任。

2012年10月10日、3年総額8億ウォンという契約条件でネクセン・ヒーローズの第3代監督に就任。

2013年、監督就任初年度にチームの創立初のポストシーズン進出を導いた。

2014年にチーム創立以来初となる韓国シリーズに進出。しかし、三星ライオンズ相手にに2勝4敗という結果となり、準優勝に終わる。同年オフ、契約期間が1年残りながら、3年総額14億ウォンの再契約をした。

2015年は、3年連続でポストシーズン進出に成功したが、準プレーオフで斗山ベアーズに1勝3敗となり、4位に終わった。

2016年は、チームの主軸選手がFA、ケガなどで欠いたことから、下位と予想されたが、若手選手の活躍と中堅選手のリーダーシップで予想を覆し、4年連続ポストシーズン進出という結果となる。しかし準プレーオフで1勝3敗で敗退した後に監督を辞任する。

2017年1月17日SKワイバーンズの団長に就任。監督辞任直後のシーズンで他球団のコーチに就任するのは異例であった。

2018年11月13日に、SKの監督に就任。3年ぶりに監督に復帰した[2]

2020年6月25日斗山ベアーズ戦の呉在一の打席途中にベンチで突然失神し緊急搬送された。2か月以上の休養を終え同年9月1日LGツインズ戦より復帰した。休養中、SKでは朴勍完が監督代行を務めた。だが9月6日に再び療養のため離脱し、9月8日に2020年シーズンの残り試合は朴勍完が再び代行を務めることが発表された[3]。同年10月30日、契約期間を1年残して辞任した[4]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

年度 球団 打率 試合 打数 得点 安打 二塁打 三塁打 本塁打 塁打 打点 盗塁 盗塁死 四球 死球 三振 併殺 失策
1991 太平洋
現代
.175 99 285 22 50 9 3 2 71 25 12 3 22 2 40 5 9
1992 .197 102 218 26 43 12 0 1 58 18 7 0 18 3 35 4 12
1993 .213 86 254 20 54 9 2 0 67 18 13 2 15 1 36 4 6
1994 .212 119 349 33 74 15 1 2 97 30 11 5 28 3 42 4 8
1995 .162 80 154 18 25 1 0 0 26 9 9 2 24 1 26 2 9
1996 .000 72 20 12 0 0 0 0 0 1 1 6 3 0 9 0 0
1997 .000 56 12 9 0 0 0 0 0 0 2 4 0 0 2 0 0
1998 .265 103 83 27 22 4 1 0 28 8 13 6 10 1 12 0 8
1999 .180 95 50 17 9 2 0 0 11 0 5 4 2 0 3 1 3
2000 .261 84 23 13 6 1 0 0 7 1 10 2 0 0 3 1 2
KBO:10年 .195 896 1448 197 283 53 7 5 365 110 83 34 122 11 208 21 57

年度別監督成績[編集]



















2013 ネクセン 3位[* 1] 128 72 54 2 .571 45歳
2014 2位 128 78 48 2 .619 46歳
2015 4位[* 2] 144 78 65 1 .545 47歳
2016 3位 144 77 66 1 .538 48歳
2019 SK 2位[* 3] 144 88 55 1 .615 51歳
通算:5年 688 393 288 7 .577
  1. ^ ポストシーズン4位
  2. ^ ポストシーズン3位
  3. ^ ポストシーズン3位

背番号[編集]

  • 17 (1991年 - 1992年)
  • 1 (1993年)
  • 5 (1994年 - 1995年、1998年 - 2000年)
  • 12 (1996年 - 1997年)
  • 75 (2007年)
  • 70 (2010年 - 2011年)
  • 85 (2012年 - )

脚注[編集]

[脚注の使い方]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

  • 選手の各国通算成績 KBO