平成25年豪雪

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

平成25年豪雪(へいせい25ねんごうせつ)とは2012年平成24年)12月から2013年(平成25年)2月にかけて日本で発生した雪害豪雪)である。東北豪雪(とうほくごうせつ)とも言われている。本項目では一括して平成25年豪雪として扱う。

概要[編集]

東北地方日本海側内陸部を中心に記録的な豪雪となった。


原因[編集]

原因については平成18年豪雪2005年平成17年)11月 - 2006年(平成18年)2月)と同様、北極振動が負を示したことより北極と日本付近との気圧の差が小さくなり、北極付近の寒気が南下しやすくなったことが考えられている。この北極振動は2012年(平成24年)10月下旬頃から突如として、シベリア付近に蓄積していた非常に強い寒気を放出した(シベリア気団を参照)。さらに偏西風が蛇行し日本列島付近に寒気が流れ込みやすくなっていたことが寒気の供給に追い打ちをかける結果となり、この年の猛暑暖秋[1]で日本海北部の海水温が平年より3°C近くも上昇したことが北日本の日本海側に多量の雪をもたらす結果となった。北日本の豪雪と同時に北欧の一部や中国大陸の一部でも大雪が降ったが、これらの大陸でも北日本と同様に北極との気圧の差が小さくなっていた。この異常寒波は翌年(2013年(平成25年))の4月中旬頃まで続き、特に北日本の積雪量の増加に追い打ちをかける結果となった。この冬はバレンツ海海氷の量の減少やメキシコ湾流の流軸の変動などの影響[2][3]で平成18年豪雪の時と同様に日本列島に寒気が流れ込みやすい状態になっていたことも一因として挙げられる。ただし、平成18年豪雪の時や前年の冬と異なり、ラニーニャ現象は発生しておらずむしろ暖冬になりやすい弱いエルニーニョが2012年夏から発生していたにもかかわらず3ヵ月(東・西日本では11月から4ヵ月)通じて低温が持続する珍しい冬となった。

被害・影響[編集]

2013年3月2日から3日にかけて、北海道で猛吹雪による自動車の立ち往生(移動不能)が相次いだ。中標津町で、雪のため動けなくなった車内に排気ガスが充満し4人が一酸化炭素中毒で死亡したほか、湧別町などで立ち往生した車から降りて避難しようとした人が凍死するなど、北海道全体で合計9人が死亡した[4][5]

主な記録[編集]

最深積雪[編集]

記録的大雪となったアメダス地点
地名 積雪量(cm 日付、観測点での記録
青森市酸ヶ湯
566
(2013年(平成25年)2月26日、歴代1位)
大蔵村肘折
414
(2013年(平成25年)2月25日、歴代1位タイ)
魚沼市入広瀬
382
(2013年(平成25年)2月25日、歴代10位)
津南
360
(2013年(平成25年)2月25日、歴代4位)
只見
341
(2013年(平成25年)2月25日、歴代1位)
西川町大井沢
339
(2013年(平成25年)2月25日、歴代4位)
尾花沢
241
(2013年(平成25年)2月25日、歴代1位)
金山
224
(2013年(平成25年)2月23日、歴代4位)
新篠津
208
(2013年(平成25年)2月23日、歴代2位)
石狩
179
(2013年(平成25年)2月21日、歴代1位)
仙北市角館
164
(2013年(平成25年)2月26日、歴代2位)
主な気象官署の最深積雪(気象台・旧測候所)
地名 積雪量(cm) 日付、観測点での記録
倶知安
225
(2013年(平成25年)2月25日)
新庄
208
(2013年(平成25年)2月26日、歴代3位)
岩見沢
164
(2013年(平成25年)2月23日、歴代8位)
小樽
149
(2013年(平成25年)2月25日)
青森
142
(2013年(平成25年)2月23日)
高田
138
(2013年(平成25年)2月25日)
札幌
137
(2013年(平成25年)2月25日、13年ぶりの大雪)
若松
89
(2013年(平成25年)1月26日、歴代10位)
山形
72
(2013年(平成25年)2月24日、歴代8位)
秋田
68
(2013年(平成25年)1月12日、7年ぶりの大雪)
福島
41
(2013年(平成25年)1月19日、12年ぶりの大雪)
横浜
13
(2013年(平成25年)1月14日、12年ぶりの大雪)
銚子
5
(2013年(平成25年)1月28日、39年ぶりの大雪)

参考資料・情報[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ この年は、8月と9月の気温が記録的に高かった。特に9月は観測史上最も暑い夏と呼ばれた2010年平成22年)をも上回り、北日本平均では平年よりも3.7°Cも高い。
  2. ^ バレンツ海の海氷減少がもたらす北極温暖化と大陸寒冷-日本の冬の寒さを説明する新たな知見- - 独立行政法人 海洋研究開発機構プレスリリース(2012年2月1日
  3. ^ 知ろう! 記者に発表した最新研究「バレンツ海の海氷減少は、北極の温暖化を強め、大陸を寒冷化させる!」 - 独立行政法人 海洋研究開発機構(2012年2月1日)
  4. ^ 今冬期の大雪等による被害状況等について”. 内閣府 (2013年5月17日). 2018年2月13日閲覧。
  5. ^ “北海道、暴風雪で8人死亡 一酸化炭素中毒や凍死”. 日本経済新聞. (3013年3月3日). https://www.nikkei.com/article/DGXNASDG03012_T00C13A3CR8000/ 2018年2月13日閲覧。