尹良親王

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

尹良親王(ゆきよししんのう/これなが―/ただなが―、正平19年/貞治3年(1364年[1]? - 応永31年8月15日1424年9月7日)?)は、『浪合記』『信濃宮伝』などの軍記に見える南朝皇族。それらの記すところによれば、後醍醐天皇の孫にして、中務卿宗良親王の王子であり、母は井伊道政の女[2]とされる。父親王の討幕の遺志を継いで東国各地を転戦したと伝えられるが、その内容の信憑性が極めて乏しいため、歴史学の立場からは実在性を疑問視する意見が多い。源尹良とも。

経歴[編集]

浪合記』『信濃宮伝』の間では年紀などに少なからず異同が見られるが、『南朝編年記略』などを援用しつつまとめると、およそ以下のとおりになる。

遠江井伊谷の館で生まれる。初め上野に移ったが、天授5年/康暦元年(1379年吉野に参候し、親王宣下を蒙って二品に叙される。後に兵部卿を経て、元中3年/至徳3年(1386年8月8日源姓を賜って臣籍に下り、同時に正二位権中納言に叙任され、左近衛大将征夷大将軍を兼ねた。元中9年/明徳3年(1392年南北朝合一後もなお吉野に隠れ留まる。応永4年(1397年)2月伊勢を発して駿河宇津野(静岡県富士宮市)へ移り、田貫左京亮の家に入った。同5年(1398年)春に宇津野を出て上野へ向かうが、鎌倉の軍勢から攻められたために柏坂(迦葉坂か)でこれを防戦。武田信長の館に入って数日逗留した後、8月上野寺尾城群馬県高崎市)に赴いた[3]。同10年(1403年)頼みとしていた新田義隆(義則か)が底倉で害されると、世良田有親らを伴って下野落合城(栃木県上三川町)に没落。次いで桃井満昌堀田正重など旧功の士100余騎を率い、高崎・安中・碓氷の敵を討って信濃入りし、島崎城(長野県岡谷市)の千野頼憲を頼って再興の機会を窺った[4]。同31年(1424年)8月三河足助へ向かおうとし、諏訪を発して伊那路に差し掛かった折、待ち受けていた賊徒飯田太郎・駒場小次郎ら200余騎が阻んだため、浪合にてこれと奮戦した(浪合合戦)。味方は80余騎であったが、結局世良田義秋羽河景庸・熊谷直近ら以下25人が討たれ、最期を悟った尹良は子の良王君を従士に託した後、大河原の民家に入って自害した。

墓所[編集]

尹良親王墓

長野県下伊那郡阿智村浪合字宮の原に所在する円墳に治定されており、陪塚3基とともに宮内庁の管理下にある。

親王の首を埋めた場所と伝えられ、その隣接する地に建立された浪合神社は親王を祀る。天保年間には既に親王碑建立の企てもあったが、実現に至らないまま明治時代を迎えた。ところが、明治13年(1880年)6月明治天皇西巡の際、供奉先発の勅命を奉じて飯田に来た品川弥二郎に対し、浪合の増田平八郎らが資料を携行して親王墓の公認を懇請した。品川は使命が民情視察にあるとしてこれを一旦斥けたが、増田らは品川と旧知の松尾多勢子に仲介を頼んで更に懇願したところ、心を動かされた品川は木曽福島の行在所にて委曲を奏上した。天皇は直ちに侍従西四辻公業を勅使として浪合に派遣し、親王の事績を調査させた。その結果、翌14年(1881年)2月宮内省によって現墓が治定されて諸陵寮の管轄となり、昭和の改修を経て、現在に至っている。

なお、陪塚は「千人塚」と呼ばれ、世良田義秋・羽河景庸など、親王に殉じて討死した者らを葬った所と伝えられる。

異説[編集]

岐阜県東濃中津川市恵那市)の伝説では、親王は浪合で死なず、従士の逸見左衛門九郎朝彬を召し連れ、柿の衣にを掛けた山伏姿に身をやつして美濃笠置山の麓の毛呂窪の郷に落ち延び、松王寺で再起を図った。大河原で敗残した従士達も集まって農耕をしながら20年余を経たが、やがて足利方の知るところとなって敵兵が来襲したため、従士49人が討死し、親王もまた自害したという。中津川市蛭川と恵那市笠置町毛呂窪に親王の墓所と伝えられる石塔が残っている。

系譜[編集]

ユキヨシ様[編集]

親王の名は信用すべき同時代史料に見えないばかりか、まとまった伝記である『浪合記』・『信濃宮伝』も内容に矛盾や時代錯誤が多く、近世前期成立の偽書と推定されていることから、学界では親王の実在性そのものが疑われている現状にある。しかし、『鎌倉大草紙』によって弘和頃に南朝の某宮(守永親王とも)が浪合で戦死したことは史実と思われ、また、伊那谷から北三河・北遠江にかけての国境地帯には「ユキヨシ様」を祀る習俗が広く分布しており、親王伝説を単なる机上の創作とは切り捨てられない。もっとも、知久氏の伝記によれば、浪合合戦で戦死したのは足利直義落胤之義(ゆきよし)であり、その年月日を応永3年3月24日1396年5月2日)と伝える他、延宝から正徳頃までの浪合神社の棟札には、祭神を行義権現と記しているものがあるなど、「ユキヨシ様」信仰の展開が一元的ではないことも確かであろう。

この「ユキヨシ様」信仰に関して、民俗学の側面から着目したのが柳田國男であった。柳田は「東国古道記」の中で、およそ次のように述べている。「かつて中部山岳地帯と海岸を結び付ける道は秋葉街道だけであったが、やがて浪合を通り飯田・根羽に連なる三州街道(飯田街道)が開けてきて、その段階で津島神社御師たちが入り込み、土着的な山路の神『ユキヨシ様』を旅人の道中安全を守る守護神(一種の道祖神)へと変化させて山間に広く分布していった。これに加えて、浪合で戦死した南朝某宮に対する御霊信仰の要素が結合して尹良親王なるものが出現し、さらに津島神社や三河武士徳川氏の起源伝承として存在意義が認められ、地元の口碑がその欲求に合うように内容まで多様に変型させられたのではなかろうか」。柳田の見解は伝説の史実化の過程を考える上では示唆するところが多く、特に津島信仰の絡み合いについては、柳田の洞察力が遺憾なく発揮されていると言えよう。「ユキヨシ様」は、近世の地方における南朝史受容の一コマを現代に語り伝えているのである。

脚注[編集]

  1. ^ 南朝編年記略』・『南朝公卿補任』記載の年齢から逆算。ただし、『氷室系譜』などは何によってか、正平9年7月5日1354年7月25日)の生誕とする。
  2. ^ a b 異説には、知久敦貞の女(『南山巡狩録』)や香坂高宗の妹・紀伊后(大鹿村の伝承)とする。また、この知久氏の女を親王の乳母とする系図もある。
  3. ^ 『信濃宮伝』には、柏坂の合戦の件は見えず、寺尾城入御を応永7年(1400年)1月のことと記す。
  4. ^ 『浪合記』には、寺尾城に長らく留まったとし、島崎城入御を応永31年(1424年)4月のことと記す。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]