大橋氏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

桓武平氏の流れで、平貞能肥後国山本郡大橋に下向し、大橋氏を称したことに始まるとされる。 宗良親王の末裔を称する一族。

北畠顕家を奉る霊山神社(社格:明治天皇選定による別格官幣社:建武中興十五社の1つ)の氏子総代。

宗良親王の末裔というのは、宗良親王の孫が大橋氏の養子となったとされていることから。 (大橋信重、津島大納言)

上記のことからわかるように、南北朝時代でいう南朝との関わりが深い。

愛知県津島市の奴野(ぬのや)城という大橋定省が築いた城がある。

霊山神社[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

出典[編集]