高根城 (浜松市)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
logo
高根城
静岡県
別名 久頭合城、久頭郷城
城郭構造 山城
築城主 奥山金吾正定則
築城年 応永21年(1414年
主な改修者 武田信玄
主な城主 奥山氏
廃城年 1580年頃
遺構 曲輪、堀切
指定文化財 市指定史跡
位置 北緯35度08分58秒
東経137度52分02秒
座標: 北緯35度08分58秒 東経137度52分02秒
地図
高根城の位置(静岡県内)
高根城
高根城

高根城(たかねじょう) は、静岡県浜松市天竜区水窪町地頭方にあった山城である。

立地[編集]

遠江・信濃国境に近く、両国を結ぶ秋葉街道を見下ろす久頭合の山頂、標高420mに位置する。 城近くで河内川が水窪川に合流し、これを自然の堀として利用した。

歴史[編集]

応永21年(1414年)、後醍醐天皇の孫・尹良親王を守るため、地元豪族・奥山金吾正定則によって築かれ、水窪川対岸には親王のための仮宮が建てられた。

戦国時代には駿河今川氏に属したが、今川氏が衰退すると、武田信玄の遠江侵攻が始まり、永禄12年(1569年)城主・奥山民部少輔貞益の時、姻戚関係にあった信州遠山氏に攻められ落城した。 落城後、武田方により改修が行われ、1572年の遠江侵攻においては武田軍の拠点となった。

長篠の戦い後、武田氏の遠江からの撤退により廃城となった。

その他[編集]

2001年に本曲輪部分に井楼櫓、主殿、城門などが復元され、武田時代の山城の様子を見ることができる。

遠州七不思議の一つに、池の平に7年に一度だけ出現する幻の池伝説がある。これは、高根城落城で殺された城主の妻の涙が湧き出たものと伝わる(詳しくは池の平を参照)。

アクセス[編集]

JR飯田線向市場駅から南西に徒歩20分。

参考文献[編集]