小泉今日子のオールナイトニッポン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

小泉今日子のオールナイトニッポン(こいずみきょうこのオールナイトニッポン)は、ニッポン放送制作の深夜放送オールナイトニッポンで放送されていたラジオ番組

放送時間[編集]

概要[編集]

  • 小泉今日子はこの直前の1986年3月までは同じニッポン放送で『小泉今日子 おきょんな夜だから』(1985年10月から、毎週土曜日21:00~21:30)という番組のパーソナリティであり、これに引き続いてパーソナリティを務めることになった。
  • テーマ曲のBITTERSWEET SAMBAは、番組独自のリミックス版が使用されていた。
  • はがきは週に約2000通が届いていた。
  • トークは影響力が強く、例えば番組中で一押しの本を紹介すると、書店に特設コーナーが出来たほどだったという[1]
  • 芳本美代子網浜直子など当時のアイドルも準レギュラーの扱いでほぼ毎週出演入れ替わりで出演していた[2]
  • 1988年2月3日の放送は、キョンキョンがロンドンへ行ってしまったため、代わりにオールナイトニッポン金曜1部をやっていた鴻上尚史が担当した。
  • お風呂屋さんは好きだけど、いつも富士山の絵ばかりじゃつまらない』という内容のトークをしたことから、『銭湯の壁画をキョンキョン自筆の絵にしよう』という企画が立ち上がり、公募の結果東京都渋谷区内の銭湯が選ばれ、1987年5月20日に壁画の除幕式と、その銭湯からの生放送を行った。その絵は、ピンクのぞうさんである[3]。その後、2008年2月24日放送俺たちのオールナイトニッポン40時間スペシャル20:00-22:00『小泉今日子のオールナイトニッポン 』内でその銭湯の主人の息子が電話出演し、銭湯が廃業して壁画は無くなったが、小泉が描いた原画は大切に保存していると伝えられた。
  • 2007年3月26日に1夜限りの復活をした。
  • 2008年2月24日にオールナイトニッポン放送40周年記念で復活。
  • 2012年2月24日に「小泉今日子のオールナイトニッポンGOLD~"最後から二番目の恋"かなり大人の女子会SP~」で復活。飯島直子米倉涼子マツコ・デラックスをゲストに迎えた。
  • 2017年5月12日に「小泉今日子のオールナイトニッポンGOLD」で復活。[4]

主なコーナー[編集]

  • こりないガキッ
  • わかりっこない
  • 曲名当てクイズ
  • いいことあった
  • スクールフェスタ'88 きょうこちゃんまつり
    小泉が1988年の秋に学園祭に出演するという企画で、出演する学校は番組に寄せられた企画書の内容によって決められた[5](本番組は学園祭シーズンを迎える前の同年10月改編で終了した)。
など

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 月刊ラジオパラダイス 1987年7月号特集「アイドルラジオ 夏期講座」より。
  2. ^ 月刊ラジオパラダイス 1987年1月号 97ページ
  3. ^ 月刊ラジオパラダイス 1989年8月号特集「ニッポン放送35周年グラフィティ」40ページ
  4. ^ http://www.allnightnippon.com/news/20170505-4258/
  5. ^ ザテレビジョンKADOKAWA)1988年7月2日号 p.20

外部リンク[編集]

オールナイトニッポン 水曜1部
前担当
小峯隆生
小泉今日子のオールナイトニッポン
水曜 25:00 - 27:00
小泉今日子
次担当
大槻ケンヂ