私の16才

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
私の16才
小泉今日子シングル
リリース
ジャンル アイドル歌謡曲
レーベル ビクター音楽産業
チャート最高順位
小泉今日子 シングル 年表
私の16才
(1982年)
素敵なラブリーボーイ
(1982年)
テンプレートを表示

私の16才」(わたしのじゅうろくさい)は、小泉今日子1982年昭和57年)3月21日にリリースしたデビュー・シングル(EP: SV-7200)。本項では便宜上、同曲の原曲となる森まどかの楽曲「ねえ・ねえ・ねえ」についても記述する。

解説[編集]

  • 後述する1979年昭和54年)の森まどか「ねえ・ねえ・ねえ」のカバー曲であった。どちらの曲の歌詞も、サビで「ねぇ」が3回くり返される。オリコン週間チャート1982年3月29日付で72位初登場で、22位まで上昇した。
  • TBSテレビ系列「ザ・ベストテン」へは、1982年5月6日に「今週のスポットライト」(同期デビューの三田寛子と共演)で、 日本テレビ系列「ザ・トップテン」へは、1982年4月12日に「話題曲コーナー」で、それぞれ各音楽生番組の初出演を果たしている。
  • 本作からシングル4作を担当した、当時ビクター音楽産業(以下ビクター、現:JVCケンウッド・ビクターエンタテインメント)の制作ディレクターだった高橋隆によると、同じビクター音楽産業で以前担当していた石野真子がライブ後半で披露していた洋楽ディスコ曲の盛り上がりが印象的だったため、小泉のデビュー曲の楽曲制作に際してそれをやってみようと発案。楽曲見本の1曲として「ねえ・ねえ・ねえ」を小泉の所属事務所の社長に聴かせたところ、「これをやる」とデビュー曲に指名。さらに「詞も曲も編曲も変えないで」と指示したため、小泉のキーにだけ変更して録音した、とのこと。[2]

収録曲[編集]

  1. 私の16才
  2. 三色れもん

森まどかによる原曲[編集]

ねえ・ねえ・ねえ
森まどかシングル
リリース
ジャンル アイドル歌謡曲
レーベル ビクター音楽産業
森まどか シングル 年表
ひまわりの夏
(1978年)
ねえ・ねえ・ねえ
(1979年)
投げ節お銀
(2007年)
テンプレートを表示

ねえ・ねえ・ねえ」は、森まどかが1979年(昭和54年)4月25日にリリースした2枚目のシングル(EP: SV-6569)。

解説[編集]

収録曲[編集]

  1. ねえ・ねえ・ねえ
  2. マイ・ボーイ

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ オリコンランキング情報サービス「you大樹」
  2. ^ 日刊ゲンダイ 2019年2月9日 『昭和・平成歌謡史 ヒット曲の裏側』