小川栄一 (実業家)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

小川 栄一(おがわ えいいち、1900年明治33年)1月10日[1] - 1978年昭和53年)12月8日)は日本の実業家藤田観光の創業者。一代で箱根小涌園・椿山荘・ホテルなどの観光王国を築き上げたほか、東海汽船社長や国土総合開発社長など歴任した[2]

人物[編集]

安田信託銀行に入行し、抵当流れの豊島園を再建した。1944年には倒産した藤田財閥の財産整理を行い、藤田興業、同和鉱業を再建した。箱根を中心とした観光事業に進出し、箱根小涌園、東京椿山荘などの藤田観光グループを築き上げて、藤田観光社長に就任した。獅子文六の小説「箱根山」に登場する第3の男である「氏田観光」の北条一角のモデルとなったとされ、「財界のブルドーザー」との異名をとった。経団連常任理事および日経連常任理事。

年譜[編集]

著書[編集]

関連人物[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『あわてなさんな』 奥付 著者紹介
  2. ^ 20世紀日本人名事典,367日誕生日大事典. “小川 栄一(オガワ エイイチ)とは - コトバンク” (日本語). コトバンク. 2018年9月19日閲覧。