藤田財閥

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

藤田財閥(ふじたざいばつ)は、藤田伝三郎によって創設された財閥阪神財閥の一つ。 現在その中核はDOWAホールディングス株式会社となっている。

沿革[編集]

藤田は、天保12年(1841年)、長州萩(山口県萩市)で酒屋の四男として生まれた。家業は醸造業のほか、藩の下級武士に融資をおこなう掛屋を兼営していた。明治維新の動乱期に、高杉晋作に師事して奇兵隊に投じ、桂小五郎山田顕義井上馨山縣有朋らと交遊関係を結んだがこの人脈がのちに藤田が政商として活躍する素因となった。 明治2年(1869年長州藩陸運局を廃止して大砲小銃砲弾銃弾などを払い下げたとき、藤田はこれらを一手に引き受け、大阪に搬送して巨利を得る。同年、大阪で兵部大丞山田顕義から軍靴製造を勧誘されると、次兄の藤田鹿太郎、三兄の久原庄三郎(久原家を継ぐ)が相次いで来阪し、藤田三兄弟が協力して高麗橋に軍靴製造の店舗を設け、大阪を拠点として藤田伝三郎商社を設立、事業を展開する。

この頃、小坂鉱山の事務所長であった久原房之助(久原庄三郎の四男)が鉱山事業の立て直しに成功し、経営の多角化と投機の失敗で借金が膨らんでいた藤田組を持ち直させた。この功績は誠に大である。明治38年(1905年)、久原房之助は藤田組の取締役となっていたが、藤田三兄弟が財産争いを起こして紛糾し、嫌気がさして退社した。同年、茨城県の赤沢銅山を買収して日立鉱山と改名し、久原鉱業所を設立した。そして、日立鉱山を中心に手広く事業を行って久原財閥を形成していった。やがて、これが久原の妻の兄にあたる鮎川義介によって経営されるようになり、日産コンツェルン(鮎川財閥)となっていく。ちなみに、小坂鉱山から日立鉱山に移った小平浪平は、そこで後年の日立製作所の基礎を作って足場を固めて行った。


藤田組の傘下企業(1921年)[編集]

  • 藤田組(資本金600万円)
    • 直系会社
      • 藤田鉱業(1917年設立・資本金3000万円)
      • 藤田銀行(1917年設立・資本金1000万円)
      • 小坂鉄道(1907年設立・資本金100万円)
    • 直営事業
      • 児島湾干拓・藤田農場経営(岡山県)
      • 長木沢製材所(秋田県)
      • 浦塩林業出張所(露領ウラジオストック)
      • 八幡屋製材所(大阪市西区)
      • 新宮林業出張所(和歌山県)
      • ダバオ麻椰子栽培所(米領フィリピン・ミンダナオ島)
    • 傍系会社
      • 大阪亜鉛鉱業(1911年設立・資本金750万円)
      • 日本軽銀製造(1916年設立・資本金100万円)
      • 神島硫酸製造所(1917年設立・資本金100万円)
      • 明治水力電気(1918年設立・資本金350万円)
      • 撫順製錬(資本金500万円)
      • 太平興業(資本金200万円)
      • 厚昌鉱業(資本金400万円・英伊資本と共に朝鮮・厚昌鉱業の経営)
      • 淄川炭鉱(1921年設立・資本金500万円)
      • 梅田製銅(1918年設立・資本金30万円)
      • 南興殖産(1918年設立・資本金530万円)
      • 摂津ゴム(1918年買収・資本金10万円)
      • 淡路製軸(1918 - 23年・資本金10万円)
      • 安治川土地(1917年設立・資本金2500万円)
      • マグネシア工業(1920年設立・資本金20万円)
      • 片上鉄道(1919年設立・資本金200万円)

関連項目[編集]