宮本英樹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

宮本 英樹(みやもと ひでき、1961年1月17日 - )は、京都放送(KBS京都)の元アナウンサー、元報道部記者(報道局報道グループ部長)。総務局総務部長を経て、株式会社京都放送滋賀支社支社長(記者兼任 2019年5月8日時点)。

京都府井手町出身。立命館高等学校立命館大学産業社会学部卒業。テレビ宮崎を経て1988年近畿放送入社。
競馬中継バスケットボール・高校社会人ラグビーなどのスポーツ実況を中心に活躍したが、2006年7月1日KBS京都の前代未聞なアナウンサー→報道局報道部長というサプライズ人事異動により、デスク業務や報道記者に移った。その際、KBS京都の競馬中継に全面協力している競馬ブック誌に、別れのコメントを寄稿し、引退した。2012年7月には総務部長に就任。予算削減で、晃瓶薫が楽しみにしていた1500円の正月弁当を800円にした。

出演[編集]

ラジオ[編集]

他に、緊急警報放送の試験信号の発射のアナウンス、痛散湯などのラジオCMをしている。2012年5月15日には13:50から京都新聞ニュースを読んだ。

  • さらピン!キョウト(2019年5月8日)- KBS京都滋賀支社記者として出演
  • 笑福亭晃瓶のほっかほかラジオ(2019年10月22日)安土山信長公本廟より生中継

テレビ[編集]

  • 防災特別番組「生命を守るための防災対策」(BBC) - KBS滋賀 宮本英樹 [1]
  • やのぱんの生活情報部(月曜-木曜 19:00 - 19:55)
    • きょうのイチオシ!「与謝野晶子と京都」(2012年5月28日)朝もほっかほかラジオで話す、「魅力ある劇場へ 府民ホール アルティ」(2012年6月4日)、「消費税増税法案可決 京の反応は」(2012年6月26日)
    • リポーター(顔出しなし)
  • 京都市議会本会議中継 解説

かつて担当していた番組[編集]

ラジオ[編集]

テレビ[編集]

マヤノトップガンの歴史に残る天皇賞
ディープインパクトの無敗三冠達成の実況で関西テレビを凌駕する存在感を示す
京都滋賀代表校の試合を中心に3回戦まで担当、自身の担当校が準決勝以降に進出した場合はリポーターを務めた)
  • 関西六大学野球中継
  • 京都市小学校大文字駅伝
  • 高校バスケットボール京都府大会決勝
  • 選挙開票速報メイン司会
  • 祇園祭中継
  • 京のまち

脚注[編集]

  1. ^ [1]

外部リンク[編集]