北野病院

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Japanese Map symbol (Hospital) w.svg 北野病院
Kitano Hospital (Osaka).jpg
情報
正式名称 公益財団法人田附興風会医学研究所 北野病院
英語名称 Kitano Hospital, The Tazuke Kofukai Medical Research Institute
標榜診療科 内科、腎臓内科、糖尿病内分泌内科、血液内科、心療内科、精神科、脳神経内科、呼吸器内科、消化器内科、消化器外科、循環器内科、腫瘍内科、小児科、外科、整形外科、形成外科、脳神経外科、乳腺外科、呼吸器外科、心臓血管外科、小児外科、皮膚科、泌尿器科、産婦人科、眼科、耳鼻咽喉科、リハビリテーション科、放射線科、麻酔科、救急科、病理診断科
許可病床数

699床
一般病床:687床


精神病床:12床
開設者 公益財団法人田附興風会
管理者 𠮷村長久(病院長)
開設年月日 1928年昭和3年)2月
所在地
530-8480
大阪市北区扇町2丁目4番20号
位置 北緯34度42分19秒 東経135度30分24.5秒 / 北緯34.70528度 東経135.506806度 / 34.70528; 135.506806
二次医療圏 大阪市
特記事項 DPC対象病院・地域医療支援病院大阪府がん診療拠点病院地域周産期母子医療センター大阪府難病診療連携拠点病院
PJ 医療機関
テンプレートを表示

北野病院(きたのびょういん)は、公益財団法人 田附興風会(たづけこうふうかい)が医学研究所として運営する病院で、臨床研究を行っている。大阪市北区扇町にあり、急性期総合病院としての機能を有している。本財団の設立は、綿業界で活躍した大阪の実業家 田附政次郎(たづけ まさじろう)が、京都帝国大学(現 京都大学)医学部で胸の病を癒されたことに感謝し、同大学の学術研究に資することを目的に提供した寄付金に基因する。

沿革[編集]

  • 1928年昭和3年)2月京都大学医学部に付属する臨床医学研究用として北野病院を開設(病床数120床)。
  • 2001年平成13年)9月:旧病院の北隣にあった旧扇町中学校の跡地に、新築のうえ移転。
  • なお、旧病院用地は大阪市との土地交換により、2004年(平成16年)に2小学校の統合によって生まれた大阪市立扇町小学校となっている。
  • 2009年(平成21年)4月1日 - 大阪府がん診療連携拠点病院の指定を受ける。
  • 2009年(平成21年)11月30日 - 地域医療支援病院の承認を受ける。
  • 2010年(平成22年)2月25日 - 地域周産期母子医療センターの指定を受ける。
  • 2018年(平成30年)11月1日 - 大阪府難病診療連携拠点病院の指定を受ける。
  • 2019年(令和元年)6月10日 - 歯科口腔外科を開設。
  • 2019年(令和元年)7月1日 - がん診療センターを開設。

概要[編集]

  • 建物構造:SRC造S造RC造
  • 建物規模:本館医学研究所病院棟―地上15階、地下3階、塔屋1階  第2健診棟―地上2階  別館医学研究所棟―地上6階
  • 職員数:1,650名前後

診療科[編集]

  • 初期診療センター
  • 呼吸器センター
  • 消化器センター
  • 神経センター
  • 心臓センター
  • 健康管理センター

医療機関の指定等[編集]

病院の種類[編集]

  • 一般病院
  • DPC対象病院(急性期入院医療診断群分類包括評価方式対象病院)

看護体系と体制[編集]

  • 体系 : 一般病棟 7対1入院基本料 / 精神科病棟 15対1入院基本料
  • 体制 : 継続受持制

施設認定[編集]

診療指定[編集]

救急指定[編集]

  • 救急告示病院
  • 二次救急医療体制(内科・小児科)
  • 大阪府医師会指定二次後送指定病院(眼科・耳鼻咽喉科)
  • 大阪府医師会指定第三次救急医療機関(循環器内科・脳神経外科)

研修・実習指定[編集]

学会認定[編集]

交通アクセス[編集]

その他[編集]

  • 2004年11月5日、皇居・宮殿で2004年度の瑞宝重光章の親授式が開かれた。公益財団法人田附興風会評議員・元北野病院長の髙月 清に、長年にわたる血液学での功績を称え、天皇が勲章を授与した。九州などの海浜地帯によく見られるレトロウイルスの一種、HTLV-1感染によって起こされる成人T細胞白血病(ATL)の発見者であり、ATLの病像の解明、診断法の確立、疫学調査など、著しい進歩をもたらした。また、ATL以外の血液疾患全般について臨床に基づく研究を推進し、HIV研究にも先鞭をつけた。
  • 2009年2月、田附興風会が同市に対して病院の固定資産税などの賦課決定処分の取り消しを求める訴訟を起こし、最高裁判所が市の上告不受理を決め、市の敗訴が確定した。市は過去7年分の課税額と還付加算金計約17億円を法人に返還する。市は「病院を固定資産税の課税対象外とした判決は極めて珍しい」としている。市によると、同会は2001年に病院を建て替え、新病院の運営を開始。翌年から市に土地・建物の固定資産税と都市計画税を課税された。地方税法では財団法人自らが学術研究を行う施設は非課税とされることから、同会は2003年に市を提訴。2006年に大阪地方裁判所が「売店や食堂などを除いて非課税とすべきだ」などとして市側の訴えを退け、大阪高等裁判所も控訴棄却。市側が上告受理を申し立てていた。大阪市内では、病院運営主体の多くが医療法人のため課税対象で、財団法人にも同様に課税しているという。市の担当者は「決定を厳粛に受け止めたい」。法人側は「画期的な司法判断」とする談話を出した。
  • 2012年7月、本病院において筋弛緩剤を紛失した問題で、大阪府警察に適正管理を怠ったとして薬事法違反容疑で書類送検されていた管理責任者の医師と法人としての病院について、大阪地方検察庁は2013年4月1日、不起訴処分とした。大阪地方検察庁は、処分理由を明らかにしていない。病院側は「誤廃棄の可能性が高い」と説明していた。
  • 2013年11月3日、皇居・宮殿で2013年度の文化勲章の親授式が開かれた。京都大学名誉教授・公益財団法人田附興風会評議員の本庶佑ら5人に、天皇が勲章を授与した。本庶氏は「長いことぶれずに研究を続けてきたことへのご褒美。私どもの研究分野の若い人にとって大きな励みになる。」と話した。
  • 2018年10月1日、ノーベル財団が公益財団法人田附興風会評議員の本庶佑ノーベル生理学・医学賞を授与した。

脚注[編集]


参考文献[編集]

  • 財団法人田附興風会医学研究所 北野病院「再開十五周年記念 北野病院史」(非売品) 1966年3月30日発行
  • 財団法人田附興風会医学研究所 北野病院「創立五十二周年/再開三十周年 記念史」(非売品) 1980年11月16日発行

関連項目[編集]

外部リンク[編集]