日本乳癌学会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

一般社団法人 日本乳癌学会(にほんにゅうがんがっかい、英称:Japanese Breast Cancer Society)は、乳癌に関する基礎的ならびに臨床的研究を推進し、社会に貢献するとともに、社員及び会員である医師等の乳癌の研究、教育及び診療の向上を図ることを目的に昭和42年に設立された学会。日本医学会分科会の一つであり、また日本学術会議の協力学術研究団体である。会員数は約9000名。学会事務局を東京都中央区日本橋3丁目8番16号ぶよおビル3階に置いている。[1]

沿革[編集]

  • 1964年 第一回学術集会が開催
  • 1994年 機関誌「Breast Cancer誌」発刊
  • 1997年 専門医制度発足
  • 2007年 日本医学会加盟

代表者[編集]

理事長: 井本 滋杏林大学医学部外科教授)

総会[編集]

  • 年1回開催

機関誌[編集]

  • 『Breast Cancer』

関連事項[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]