カズ (YouTuber)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
勝村和央から転送)
移動先: 案内検索
カズ
(Kazu)
KAZUmasai 2017.jpg
U-FES.2017より(右がKazu)
人物
生誕 (1983-09-24) 1983年9月24日(34歳)
日本の旗 日本 福井県
国籍 日本の旗 日本
居住地 福井県
職業 YouTuber
ブロガー
公式サイト http://kazuch.com/
YouTube
チャンネルID kazuch0924
活動期間 2010年6月4日 -
ジャンル

旅行
レビュー
ソロプレイ

ゲーム実況
登録者数 136万9363人
(2018.3.31 01:20)
総再生回数 約12.5億回
(2018.2.20)
事務所(MCN) UUUM
テンプレートを表示

カズまたはKazu 本名 勝村和央(かつむら かずひさ)1983年9月24日[1] - )は、日本YouTuberブロガーWEBクリエイターである。UUUM株式会社所属[2]。身長175cm。

来歴[編集]

  • YouTubeでの動画配信を始めたのは2010年の秋。きっかけはある電化製品を購入するためインターネットで調べた際に、有名なYouTuberが商品をレビューしているのを見つけたこと[3]としている。2011年に公開した100日間で90キロから22キロ減量する様子を3分にまとめた動画が人気となり[3]、肉体派YouTuberとして知られるようになった[4]
  • 2012年に『YouTube NextUp 2012クリエイターキャンプ』のメンバーに選出され[5][6]2013年にはYouTuberプロダクションのUUUMに所属した[7]
  • 主にDIYガジェットレビューや料理などの動画をYouTube上に投稿する[2][4]。上記のダイエット動画以降はダイエットや運動など、自らの体を使った動画も多く配信している[4]。商品レビューの際は実際に商品を購入して性能を試し、メリット・デメリットの両方に遠慮なく触れているという[3]
  • 2015年1月8日に大人気ゲームMinecraftのゲーム実況を開始 時には動画の内容が薄いなどと言われることもある。
  • 2016年8月6日 ゲーム実況者ぽこにゃんとの新企画カズぽこくらがスタートし毎週土曜日に前編(カズ) 後編(ぽこ)という形で投稿されている。

コラボレーション[編集]

2015年に宮崎市の依頼で市を初訪問し、青島でのサーフィンやランニング、食事などの様子を映した動画を2本投稿[8]。2016年12月には関西電力とコラボし、元電気工事士という経歴を生かして昇搭や碍子吊り上げに挑戦する動画を投稿した[9]

人物[編集]

春江工業高等学校を卒業後、大手電気工事会社へ就職した[1]。翌年に、叔父の経営する工場員へ転職した[1]。血液型はAB型、既婚である。2013年12月に当時交際していた彼女に東京ディズニーランドでプロポーズする動画を配信し、話題となった。その彼女と翌2014年の5月に結婚した[3]。2016年10月7日に第1子となる長女が誕生したことを動画で報告した。YouTuberのかずえちゃんと親交がある。 PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDSで、クロスボウ協会 会長を自称している。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 勝村和央. “管理人カズについて カズチャンネル”. 2017年8月19日閲覧。
  2. ^ a b Kazu - UUUM(ウーム)”. UUUM. 2017年8月19日閲覧。
  3. ^ a b c d 「What`s Hot? 街を熱くするアレコレ! Volume 005 ユーチューバー カズ」、『URARA』2014年8月号、ウララコミュニケーションズ、2014年7月25日、 11頁。
  4. ^ a b c 「マッスルトーーーク 肉体派トリオマッスル鼎談! PDS株式会社×Masuo×Kazu」、『YouTuberマガジン』、講談社2016年4月26日、 36頁、 ISBN 978-4-06-389954-2OCLC 948969610ASIN 4063899543全国書誌番号:22724823
  5. ^ 『YouTube NextUp 2012』プログラム選抜者16組が決定!クリエイター支援プログラムの一環である『クリエイターキャンプ』にデジタルハリウッドがカリキュラム提供|デジタルハリウッド株式会社のプレスリリース”. デジタルハリウッド (2012年11月21日). 2017年4月28日閲覧。
  6. ^ 「What`s Hot? 街を熱くするアレコレ! Volume 005 ユーチューバー カズ」、『URARA』2014年8月号、ウララコミュニケーションズ、2014年7月25日、 10頁。
  7. ^ 勝村和央 (2013年12月31日). “2013年の出来事まとめ!プロポーズやタレント事務所など人生で一番いろいろやりすぎた カズチャンネル”. 2017年4月28日閲覧。
  8. ^ “ユーチューバーが宮崎市発信 魅力伝えて、市が動画依頼 /宮崎県”. 朝日新聞(宮崎県) 朝刊29面. (2015年10月2日) 
  9. ^ “関電、人気ユーチューバーとコラボ 新たな「挑戦」に反響 鉄塔昇りで技術PR”. 電気新聞 朝刊11面. (2017年3月24日) 

外部リンク[編集]