佐藤敦紀

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

佐藤敦紀(さとう あつき、1961年 - )は、日本VFXスーパーバイザー、特撮監督映像編集者。元Motor/lieZ所属。株式会社TMA1代表取締役。

静岡県出身。早稲田大学第二文学部卒。

来歴[編集]

大学在学中の1981年からスタジオディーンにて3年間演出助手として勤務。1988年にIMAGICA特撮映像部にて5年間モーションオペレーターを務める。その後しばらくはフリーで活動した後『アヴァロン』への参加を機に2001年よりMotor/lieZに所属。

2011年10月27日、「VFX-JAPANキックオフミーティング」ではパネルディスカッションに登壇した[1][2]

人物像[編集]

  • タイトルワーク・素材写真を駆使した予告編の制作について、樋口真嗣からは「予告編の詐欺師」と呼ばれている。
  • 押井守との親交が深く、数々の作品に参加している。

参加作品[編集]

受賞[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]