佐藤大五郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 佐藤大五郎 九段
名前 佐藤大五郎
生年月日 (1936-10-19) 1936年10月19日
没年月日 (2010-09-01) 2010年9月1日(73歳没)
プロ入り年月日 1957年4月1日(20歳)
棋士番号 74
出身地 北海道函館市
師匠 渡辺東一名誉九段
段位 九段
戦績
一般棋戦優勝回数 1回
2017年8月24日現在

佐藤 大五郎(さとう だいごろう、1936年10月19日 - 2010年9月1日[1][2])は、将棋棋士渡辺東一名誉九段門下。棋士番号は74。北海道函館市出身。

棋歴[編集]

8歳で小学3年の頃、父と兄から習い、将棋を始める[3]

1953年に16歳でアマチュア名人戦北海道代表になり、1954年1級で渡辺東一名誉九段に入門。1957年四段(プロ入り)。

第14期(1959年度)C級2組順位戦と第15期(1960年度)C級1組で各々1位の成績を収め、2期連続昇級でB級2組へ昇級。

第11期(1961年度)王将戦でリーグ入り。4勝3敗で勝ち越すが、同星の加藤博二二上達也との残留決定戦で敗れ、リーグ陥落。

1964年、第4回「最強者決定戦」で二上達也・丸田祐三らを破り決勝進出。内藤國雄と決勝三番勝負を戦い、1勝2敗で準優勝。同じく1964年度、第19期B級2組順位戦で9勝3敗・2位の成績を収め、B級1組へ昇級。

第6期(1965年度)王位戦で初めてタイトル挑戦者となる。相手は、五冠独占連続3年目の途中にあった大山康晴。七番勝負は0-4のストレート負けとなった。なお、王位リーグには通算8回入っている[3]

第6期(1967年度)十段戦で、狭き門の十段リーグに初めて入る。升田幸三と二上達也には各々1勝1敗とするが、他の3名からは1勝も挙げられず、2勝8敗で陥落。

第26期(1971年度)B級1組順位戦で7勝1敗[4]・1位の成績を収め、A級へ昇級。第27期(1972年度)A級順位戦は5勝5敗で残留。第28期(1973年度)A級順位戦は2勝8敗で降級。

第20期棋聖戦(1972年度前期)と第21期棋聖戦(1972年度後期)で、挑戦者決定戦に進出するも敗れる。

第12期(1973年度)十段戦で2度目の十段リーグ入りをし、5勝5敗で残留。次期は3勝7敗で陥落。

1977年、第4期「名棋戦」で、棋士人生で唯一の優勝

第37期(1978年度)B級2組順位戦で、前半の2勝3敗から粘って5連勝し、7勝3敗・1位でB級1組に復帰。これが最後の順位戦昇級となった。

第1期竜王戦(1987 - 1988年)で、佐藤は3組からのスタート。初戦から2連敗し、1期目にして降級のピンチを迎える。残留決定戦(4名中3名が降級)の1回戦は相手の芹沢博文が死去したため不戦勝。2回戦で丸田祐三に勝ち、降級は免れた。

順位戦C級1組在籍時の1996年3月、59歳で自ら現役を引退する。

2010年9月1日、慢性腎不全で死去[1][2]。享年73。

棋風・人物[編集]

「薪割り流」の異名で知られる腕力の強い豪快な棋風。昔ながらの豪傑風の「将棋指し」の代表格としてよく河口俊彦の著書などにその言行が引用される。

詰将棋必至問題の創作を得意とした。特に詰将棋は第一人者としても知られ、生涯で10冊以上の問題集を刊行している。永岡書店発行、本人の著によると、子供の頃、将棋を指せる相手が周りにいなかったことから、一人で楽しめる詰将棋には愛着を持っていたという話であり、初心者、初級者向けの短手数も得意としていた。一方で、詰将棋作家、野口益男による「圖式靑龍篇」の後書きには、日本文芸社の著において、佐藤が剽窃を行った疑い(同著において類作が18あり、それを抗議したら剣幕を立て、恫喝に遭ったという旨)が書かれている。

昇段履歴[編集]

  • 1954年 1級で渡辺東一名誉九段に入門
  • 1957年4月1日 四段(1956年度後期予備クラス優勝) = プロ入り
  • 1960年4月1日 五段(順位戦C級1組昇級)
  • 1961年4月1日 六段(順位戦B級2組昇級)
  • 1965年4月1日 七段(順位戦B級1組昇級)
  • 1972年4月1日 八段(順位戦A級昇級)
  • 1991年11月25日 九段(勝数規定)
  • 1996年3月 引退

主な成績[編集]

通算勝敗
552勝659敗
棋戦優勝
優勝合計1回
タイトル戦
  • 王位挑戦(1965年度 = 第6期)
登場1回、獲得0
在籍クラス
表彰
  • 現役勤続25年表彰(1981年)

主な著書[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b <訃報>佐藤大五郎九段が死去|将棋ニュース|日本将棋連盟”. 日本将棋連盟. 2017年8月24日閲覧。
  2. ^ a b 訃報:佐藤大五郎さん73歳=将棋棋士 - 毎日jp(毎日新聞)
  3. ^ a b 平成10年版「将棋年鑑」(日本将棋連盟)
  4. ^ 第26期順位戦は順位戦制度改革の議論がされたため開始が遅れ、通常は総当たりで行われるB級1組順位戦が8戦で行われた。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]