最強者決定戦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

最強者決定戦(さいきょうしゃけっていせん)とは1961年(第1回)-1973年(第13回)まで開催されていた、共同通信社主催のプロ将棋の公式棋戦。1975年に棋王戦に移行した。前身は、1957年(第1回)から1960年(第4回)まで行われた日本一杯争奪戦で、これらにはB級2組以上の棋士が参加した[1]。さらにその前身は1954年(第1回)から1956年(第3回)まで行われた九、八、七段戦である。優勝者は名人と対局が組まれた。準優勝者は、大山康晴が名人時代は升田幸三と記念対局を、中原誠が名人になってからは大山と記念対局が行われた[2]

歴代優勝者[編集]

九、八、七段戦[編集]

優勝者一覧
年度 優勝者(段位・称号等は当時)
1 1954 丸田祐三八段
2 1955 大野源一八段
3 1956 升田幸三王将

日本一杯争奪戦[編集]

優勝者一覧
年度 優勝者(段位・称号等は当時)
1 1957 下平幸男六段
2 1958 加藤一二三七段
3 1959 灘蓮照八段
4 1960 加藤一二三八段

最強者決定戦[編集]

優勝者一覧
年度 優勝者(段位・称号等は当時)
1 1961 二上達也八段
2 1962 灘蓮照八段
3 1963 廣津久雄八段
4 1964 内藤國雄七段
5 1965 山田道美八段
6 1966 内藤國雄八段
7 1967 山田道美八段
8 1968 山田道美八段
9 1969 有吉道夫八段
10 1970 内藤國雄八段
11 1971 中原誠十段
12 1972 有吉道夫八段
13 1973 原田泰夫八段

脚注[編集]

  1. ^ 『将棋八大棋戦秘話』(河出書房新社)P.147
  2. ^ 『将棋八大棋戦秘話』(河出書房新社)P.148