佐藤庄平

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 佐藤庄平 八段
名前 佐藤庄平
生年月日 1933年1月14日
没年月日 (2005-11-09) 2005年11月9日(72歳没)
プロ入り年月日 1954年7月1日(21歳)
棋士番号 63
出身地 新潟県西蒲原郡巻町(現・新潟市
師匠 原田泰夫九段
段位 八段
戦績
一般棋戦優勝回数 1回
2016年12月27日現在

佐藤 庄平(さとう しょうへい、1933年1月14日 - 2005年11月9日)は、将棋棋士原田泰夫九段門下。棋士番号は63。

新潟県西蒲原郡巻町(現在の新潟市の一部)の生まれ。

棋歴[編集]

若くして病気に悩まされた棋士である。

師匠の原田とは10歳違いであり、1949年に佐藤が6級で原田門に入門したとき、原田はまだ26歳であった。プロ入りは1954年の7月、棋士番号は63であり、その直後(約1か月後)にプロ入りしたのが史上初の「中学生棋士」・加藤一二三である。

第12期(1957年度)C級2組順位戦と第13期(1958年度)C級1組順位戦で連続昇級を勝ち取り、B級2組へ昇級。しかし、第15期(1960年度)は病気でB級2組を休場。

第20期(1965年度)B級2組順位戦で9勝3敗(2位)の成績を収め、自己最高のB級1組へ昇級。さらには、つづく第21期(1966年度)で、終盤まで加藤一二三・内藤國雄とA級昇級を争う。しかし、最後の2局を病気で不戦敗し、脱落する。

以降は、第22期と第23期で2年連続休場し、第24期では7つの不戦敗を含む0勝12敗でB級2組へ降級。そして、第25期(1970年度)でB級2組を休場したところで引退。まだ38歳の若さであった。

棋風[編集]

  • 居飛車党で、相掛かり系や矢倉が多い。相手が振り飛車で来ると、持久戦ではなく急戦の形で対抗する。
  • 攻めの棋風であり、特に、を敵陣の前に繰り出し、飛車は縦に使い、激しいの突き合いをするという、破壊力のある縦の攻めに特徴がある。

人物[編集]

  • 囲碁が強く、1974年に日本棋院が主催した囲碁団体戦に、日本将棋連盟の代表として升田幸三、大山康晴、丸田祐三、河口俊彦の5人で出場した[1]
  • 駒落ち将棋の研究で知られ、ハンデの種類ごとに1冊の駒落ち定跡本を出す熱心さであった。

昇段履歴[編集]

  • 1949年 6級 = 奨励会入会
  • 1951年 初段
  • 1954年7月3日 四段 =プロ入り (奨励会三段昇段後13勝1敗により)
  • 1958年4月1日 五段(順位戦C級1組昇級)
  • 1959年4月1日 六段(順位戦B級2組昇級)
  • 1966年4月1日 七段(順位戦B級1組昇級)
  • 1971年 引退
  • 1981年11月17日 八段(贈八段 = 「将棋の日」表彰)

主な成績[編集]

棋戦優勝

優勝合計1回

在籍クラス

著書[編集]

王将ブックス「駒落ちシリーズ」
  • 二枚落ち必勝法(北辰堂、1967年)
  • 飛香落ち必勝法(〃)
  • 飛車落ち必勝法(〃)
  • 角落ち必勝法(〃)
  • 香落ち必勝法(〃)

以上5件は、「DELUXE版」として1986 - 1988年に再出版されている。

ほか
  • 実戦型詰将棋(1973年、永岡書店)
  • 寄せ方の基本(1976年、光風社書店)

共著[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 将棋雑学ゼミナール(将棋世界2016年12月号付録)

外部リンク[編集]