関屋喜代作

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
 関屋喜代作 八段
名前 関屋喜代作
生年月日 (1933-12-15) 1933年12月15日
没年月日 (2015-12-05) 2015年12月5日(81歳没)
プロ入り年月日 1955年
棋士番号 69
出身地 千葉県茂原市
師匠 土居市太郎名誉名人
段位 八段
戦績
一般棋戦優勝回数 1回
2017年8月24日現在

関屋 喜代作(せきや きよさく、1933年12月15日 - 2015年12月5日[1][2])は、将棋棋士。1994年、引退。土居市太郎名誉名人門下。棋士番号は69。千葉県茂原市出身。

棋歴[編集]

1955年、22歳でプロ入り。

初参加(1956年度)から8期目の第18期(1963年度)C級2組順位戦は、2勝10敗で初の降級点を喫する。ところが、次の第19期(1964年度)では一転して開幕7連勝をするなど、最終局を待たずして10勝1敗(最終成績は10勝2敗)の圧倒的な成績でC級1組への昇級を決める。なお、もう一人の昇級者は、同じく10勝2敗の米長邦雄(関屋の10歳下)であった。

第2回(1958年度)古豪新鋭戦優勝。同棋戦の第13回(1969年度)では、準優勝。

第11期(1970年度)王位戦で予選を抜けてリーグ入り。中原誠山田道美らと戦うが、惨敗。

第1期(1988年度)竜王戦のランキング戦6組の初戦で森内俊之に敗れ、昇級者決定戦に回る。3人に勝って昇級者決定戦決勝に進出し、再び森内との決戦になるが、敗れて5組昇級を逸する。第3期(1990年度)竜王ランキング戦6組では、準決勝に進出し昇級まで1勝とするが、畠山成幸に敗れる。昇級者決定戦決勝に回るも中田功に敗れ、またも昇級のチャンスを逃す。

1991年2月10日第5期(1992年度)竜王ランキング戦6組3回戦で、弟子の豊川孝弘に敗れ、‘恩返し’をされる。同年、第10回全日本プロトーナメント2回戦で佐藤康光を下し3回戦に駒を進めるが、大内延介に敗れる。同年、第8回(1992年度)天王戦の六段戦で、泉正樹土佐浩司らを破り準優勝(決勝で神谷広志に敗れる)。これが関屋にとって現役棋士としての最後の華となった。

棋風[編集]

四間飛車党であるが、矢倉角換わり三間飛車も多く指す。

四間飛車では、序盤で角道を止めた4段目の歩を早々に5段目に突き、角交換に持ち込むとともに、飛車先を軽くする将棋が多い。

相手の玉が寄るか寄らないかのぎりぎりの攻めで勝負をする棋風

人物[編集]

日本将棋連盟の常務理事を務めた。

将棋世界」誌で詰将棋を出題。

趣味は山岳写真の撮影、合気道、読書[3]

昇段履歴[編集]

主な成績[編集]

通算成績
314勝508敗
優勝
優勝合計1回
在籍クラス
表彰(日本将棋連盟)
  • 現役勤続25年表彰(1980年)
  • 功労表彰(1972年、1973年)

脚注[編集]

  1. ^ 関屋喜代作氏死去=将棋棋士八段 時事通信 2015年12月6日
  2. ^ 訃報 関屋喜代作八段|将棋ニュース|日本将棋連盟”. 日本将棋連盟. 2017年8月24日閲覧。
  3. ^ 平成10年版「将棋年鑑」

関連項目[編集]

外部リンク[編集]