丹後由良駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
丹後由良駅
駅舎
駅舎
たんごゆら
Tango-yura
M11 丹後神崎 (1.7km)
(5.8km) 栗田 M13
所在地 京都府宮津市由良2048-2
駅番号 M12
所属事業者 WILLER TRAINS(京都丹後鉄道)
所属路線 宮津線宮舞線)*
キロ程 14.4km(西舞鶴起点)
電報略号 ユラ←タユラ
駅構造 地上駅
ホーム 2面2線
乗車人員
-統計年度-
68人/日(降車客含まず)
-2016年-
開業年月日 1924年大正13年)4月12日[1]
備考 有人駅(簡易委託駅
* 1990年 西日本旅客鉄道から移管
テンプレートを表示

丹後由良駅(たんごゆらえき)は、京都府宮津市由良にある、WILLER TRAINS(京都丹後鉄道)宮津線。「宮舞線」の愛称区間に含まれている。

歴史[編集]

JR時代の駅構内の様子(1988年撮影)

駅構造[編集]

相対式2面2線のホームを持ち交換設備を有する地上駅である。ヨットの帆をイメージした駅舎が特徴的。西舞鶴方面行きホームに駅舎があり、互いのホームは宮津方の跨線橋で連絡している。宮津方面行きホーム側を上下本線とした一線スルーとなっているが、現在は当駅を通過する定期旅客列車がないため、全ての定期旅客列車が方向別にホームを使い分けている。

丹鉄線内に15駅存在する有人駅のうちの一つであるが、駅業務は由良舎楽に簡易委託されている。そのうえ、窓口業務と自動券売機の稼動は平日の朝夕に限定されており、それ以外の時間帯は乗車券購入が一切できない無人駅となる。

のりば[編集]

のりば 路線 方向 行先
1 宮舞線 下り 天橋立峰山久美浜方面
2 宮舞線 上り 西舞鶴方面
  • 上記の路線名は旅客案内上の名称(愛称)で表記している。
  • かつては駅舎側のホーム(上りホーム)が1番のりばと扱われていたが、WILLER TRAINSへの移管以降に下り線側からの付番に改められ、駅舎反対側のホームが1番のりばとなった。

駅周辺[編集]

作品における描写[編集]

  • 金閣寺 (小説) - 作者・三島由紀夫は「金閣寺」出版の1956年の前年、小説のモデルになった放火事件の容疑者の徒弟僧の出身地である舞鶴を取材したのち、由良まで歩いて、3日間滞在したとされる。本では主人公が当駅に立ち寄った場面があり、「陽気な若い駅員が、この次の休みに行く映画のことを、大声で吹聴していた」と書いている。
  • AIR - 最終回において、当駅と由良川橋梁、KTR700形気動車が登場。また、福知山駅東舞鶴駅なども描かれている [1]
  • けいおん! - 第4話でKTR700形車両と当駅、由良川橋梁が登場し、KTRブログ駅長 が紹介している。それ以外の舞台は具体的に記されていない。

利用状況[編集]

周辺に海水浴場を抱えていることもあって、夏の海水浴シーズンには海水浴客で賑わう。普段は通学・用務客が大半を占めており、駅周辺が舞鶴都市圏に属することから舞鶴方面への利用が多い。 1日の平均乗車人員は以下の通りである。

  • 203人(1999年度)
  • 195人(2000年度)
  • 137人(2001年度)
  • 134人(2002年度)
  • 145人(2003年度)
  • 110人(2004年度)
  • 96人(2005年度)
  • 121人(2006年度)
  • 104人(2007年度)
  • 110人(2008年度)
  • 88人(2009年度)
  • 121人(2010年度)
  • 82人(2011年度)
  • 79人(2012年度)
  • 55人(2013年度)
  • 41人(2014年度)
  • 66人(2015年度)
  • 68人(2016年度)

隣の駅[編集]

WILLER TRAINS(京都丹後鉄道)
宮舞線(宮津線)
快速(上りのみ運転)
西舞鶴駅 (M8) ← 丹後由良駅 (M12)栗田駅 (M13)
快速「丹後あおまつ」(下りのみ運転)・普通
丹後神崎駅 (M11) - 丹後由良駅 (M12) - 栗田駅 (M13)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d 曽根悟(監修) 『週刊 歴史でめぐる鉄道全路線 公営鉄道・私鉄』14号 神戸電鉄・能勢電鉄・北条鉄道・北近畿タンゴ鉄道、朝日新聞出版分冊百科編集部(編集)、朝日新聞出版〈週刊朝日百科〉、2011年6月19日、27-28頁。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]