四所駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
四所駅
駅舎
駅舎
ししょ
Shisho
(四所しだれ桜公園)
M8 西舞鶴 (5.4km)
(3.5km) 東雲 M10
所在地 京都府舞鶴市上福井1222-2
駅番号 M9
所属事業者 WILLER TRAINS(京都丹後鉄道)
所属路線 宮津線宮舞線)*
キロ程 5.4km(西舞鶴起点)
電報略号 シヨ←シシヨ
駅構造 地上駅
ホーム 2面2線
乗車人員
-統計年度-
19人/日(降車客含まず)
-2014年-
開業年月日 1924年大正13年)4月12日[1]
備考 無人駅
* 1990年 西日本旅客鉄道から移管[1]
テンプレートを表示

四所駅(ししょえき)は、京都府舞鶴市上福井にある、WILLER TRAINS(京都丹後鉄道)宮津線。「宮舞線」の愛称区間に含まれている。

普通列車のみ停車する。駅の愛称は「四所しだれ桜公園駅」。

歴史[編集]

駅構造[編集]

駅構内

相対式ホーム2面2線を有し、列車交換が可能な地上駅。駅舎はこの付近に関所があったことから、関所をイメージしたデザインとなっている。駅舎には公衆トイレと待合室が設置されている。無人駅であり、自動券売機等の設置はない。

西舞鶴駅方からみて南から西へのカーブ、豊岡方分岐器からは北へのカーブと反向した線形となっている。1番のりばを上下本線とした一線スルーになってはいるものの、当駅通過列車は速度制限を受ける。停車列車については、通常は上下別でホームを使い分けるが、通過列車との行き違い待ちの場合は上下線とも2番のりばを使用していた。2011年3月12日改正により定期旅客列車の通過は設定されなくなった。

2014年3月下旬、ホームの駅名標が、しだれ桜の写真をあしらったものにリニューアルされた[3]。ただし、WILLER TRAINSへの移管後の対応は不明。

駅舎は北側(1番のりば側)にあり、南側の2番のりばへは豊岡方の踏切で往来する。

のりば[編集]

のりば 路線 方向 行先
1 宮舞線 上り 西舞鶴方面
2 宮舞線 下り 宮津天橋立峰山方面
  • 上記の路線名は旅客案内上の名称(愛称)で表記している。

駅周辺[編集]

利用状況[編集]

1日の平均乗車人員は以下の通りである。

  • 16人(1999年度)
  • 19人(2000年度)
  • 19人(2001年度)
  • 14人(2002年度)
  • 8人(2003年度)
  • 11人(2004年度)
  • 14人(2005年度)
  • 14人(2006年度)
  • 14人(2007年度)
  • 14人(2008年度)
  • 16人(2009年度)
  • 19人(2010年度)
  • 27人(2011年度)
  • 16人(2012年度)
  • 16人(2013年度)
  • 19人(2014年度)

隣の駅[編集]

WILLER TRAINS(京都丹後鉄道)
宮津線(宮舞線)
快速
通過
普通
西舞鶴駅 (M8) - 四所駅 (M9) - 東雲駅 (M10)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e 曽根悟(監修) 『週刊 歴史でめぐる鉄道全路線 公営鉄道・私鉄』14号 神戸電鉄・能勢電鉄・北条鉄道・北近畿タンゴ鉄道、朝日新聞出版分冊百科編集部(編集)、朝日新聞出版〈週刊朝日百科〉、2011年6月19日、27-28頁。
  2. ^ KTRとその沿線地域の平成25年度の取組(まとめ)”. 京都府. 2015年11月30日閲覧。
  3. ^ 愛称の桜 満開 - 朝日新聞 2014年4月4日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]