万歳三唱令

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Camera-photo Upload.svg 画像提供依頼:この通りに行った万歳の画像提供をお願いします。2017年10月

万歳三唱令(ばんざいさんしょうれい、萬歳三唱令)は、日本万歳三唱の作法を定めた太政官布告と称する1990年代に出回った偽文書である。

概説[編集]

明治12年(1879年4月1日施行の「太政官布告第168号」という趣旨の表記がされており、一見本物のように見えるが、そのような布告は実在しない。1999年平成11年)には、この文書に関する報道が見られる[1]国立国会図書館には1996年(平成8年)頃から、この文書に関する問い合わせが始まったとのことであり[1]、それ以前から官公庁を中心に出回っていたものと推測される。一部には、その存在を信じた者の発案による実施例も存在し、特に復古主義的団体による実施例[2]や紹介[3]が目立つ。ここに定められている万歳の作法は「両手を真上に上げると同時に右足を半歩踏み出す」という一般的でないものとなっており、布告日が書かれていないにも関わらず、番号が打たれている。

他の政治的な偽書などとは性質が異なり、万歳の作法上の混乱を招くだけで、存在にあまり意味がなく、なぜ作られたのかも、よく分からない。研究が専門の心理学者佐藤達哉は、一部で広がった背景を「創作されたこっけいなしぐさが優れていたことに加え、万歳には“お手上げ”の意味があるなど、どこかあいまいなところがある。そんなモヤモヤした人の気持ちに『三唱令』の文書がぴたりとはまり、受け入れられたのでは」と指摘している[4]。万歳三唱令と同じように、「つくられた伝統」が流通し、真実と誤認された例として江戸しぐさがあるが、江戸しぐさを検証した著書を持つ歴史研究家の原田実は、江戸しぐさや万歳三唱令が受け入れられる背景を「動作を定型化して型にはまることの心地よさがあるのではないか。また、いったん信じた世界観は、なかなか自分から否定できないところもあるでしょう」と説明している[5]

創作者の告白[編集]

熊本県熊本日日新聞(熊日新聞)が、2017年12月19日付け1面コラム「新生面」で万歳三唱令を取り上げたところ、創作者を名乗る匿名の手紙が届いた。差出人は「正萬会議事務局」で、県内郵便局の消印があり、文面によれば長く県内に住んでいる。手紙によれば、万歳三唱例は筆者とその仲間が創作したものである。1985年頃にあった月例ゴルフコンペの打ち上げで、1人が突然右足を踏み出して万歳したところ、「面白い万歳」として仲間内で流行した。さらに周囲からの問い合わせが続いたため文書化し、「どうせやるなら尤もらしく」と文案を練り上げていったという。万歳三唱令が全国に広まったことには、「国会図書館その他関係諸機関にご迷惑をお掛けしたことを少なからず反省」と述べる一方で、「全く悪気はなく、酒席の最後を盛り上げる一発芸と位置付けていた」と弁明している[4]

創作者を名乗る匿名グループは、2018年2月26日までに熊日新聞の取材に応じた。取材に応じたのは、熊本市合志市に住む当時60〜70代の男性3人。公務員らの仲良しグループで、現職時代に遊びで作った「正しい萬歳[ばんざい]三唱を普及する国民会議」(正萬会議)の初代事務局長らである。3人によるとこの独特の動作は、1985年前後の酒席で「出席者がたまたま酔いに任せてやったのがはしり」の完全な創作で、文書の万歳三唱令は平成に入った1989年頃に原型が生まれた。万歳三唱令を、断髪令廃刀令に続く『明治三大布告』にしようと思った初代局長のAだったが、本物の太政官布告を見たことがなかったため、1990年代初め、後に2代目局となるBと共に出張の合間をぬって国立国会図書館を訪れ、明治時代の公式の太政官布告を閲覧。閲覧後、「やるからには、できるだけもっともらしくしよう」と3人はさらに改定を重ね、最終的に「太政官布告 萬歳三唱令」と「萬歳三唱実践に関する勅令」となった。3人は職場が近かった熊本市健軍界隈を皮切りに、Aは主に熊本市内、BとCはそれぞれの転勤先である久留米市内、鹿児島市内の飲み屋などで「普及活動」に努めた結果、実演をせがまれたり、指導を請われたりすることが増えていった。3人はそのたびに「万歳三唱令」や「勅令」を手渡したが、『酒の席以外では絶対にやっちゃダメだぞ』と必ず付け加えていた。しかし、文書が繰り返しコピーされ全国に流通する過程で、口頭の注意は忘れ去られていった。1999年には、共同通信が偽万歳三唱令に関する記事を配信した。国立国会図書館にも問い合わせが相次ぎ、同館が「うっかり信じないで」と呼び掛けているという内容であり、熊日新聞や鹿児島県南日本新聞、一部の全国紙が掲載した。正萬会議はこれを機に活動を停止し、文書も封印。関係機関に迷惑をかけたという反省に加えて、万歳三唱令が「不幸の手紙のように広がった」と報じられたことがショックだった為である[6][7]

上記の取材に立ち会った研究が専門の心理学者佐藤達哉は、噂の発信元が分かることは非常にまれで、国内では1例しか知られておらず、万歳三唱令のように、文書を介し広がる噂を『文書流言』と呼ぶが、書いた本人が分かったのは初ではないかと指摘。曰く「世界的に重要な発見…かも知れない」[6]

本文[編集]

世間に出回っている「万歳三唱令」の文言は、漢字や表現などに細かい差があるものの、概ね以下のような内容になっている。

原文例[編集]

萬歳三唱令

別紙ノ通相定来明治十二年四月一日ヨリ之ヲ施行ス
右奉 勅旨布告候事

施行 明治十二年四月一日太政官布告第百六十八号

第一条 萬歳三唱ハ大日本帝國及ヒ帝國臣民ノ天壤無窮ノ發展ヲ祈念シ發聲スルモノナリ
第二条 發聲ニ當リ音頭ヲ爲ス者氣力充實態度嚴正ヲ心掛クルヘシ
    亦唱和スル者全員其心ヲ一ニシテ聲高ラカニ唱和スルモノトス
第三条 唱和要領細部ニ附テハ別ニ之ヲ定ム

朕萬歳三唱ヲ裁可シ茲ニ之ヲ公布セシム
此布告ハ明治十二年四月一日ヨリ施行スヘキコトヲ命ス
御名御璽

萬歳三唱ノ細部實施要領

一 萬歳三唱ノ基本姿勢ハ之直立不動ナリ
  而シテ兩手指ヲ真直下方ニ伸ハシ身体兩側面ニ完全ニ附著セシメルモノトス
二 萬歳ノ發聲ト共ニ右足ヲ半歩踏出シ同時ニ兩腕ヲ垂直ニ高々ト擧クルヘシ
  此際兩手指カ真直ニ伸ヒ且兩掌過チ無ク内側ニ向ク事肝要ナリ
三 萬歳ノ發聲終了ト同時ニ素早ク直立不動ノ姿勢ニ戻ルヘシ
四 以上ノ動作ヲ兩三度繰返シテ行フヘシ
  何レノ動作ヲ爲スニモ節度持テ氣迫ヲ込メテ行フ事肝要ナリ

要旨[編集]

本文
別紙のとおり明治12年4月1日よりこれを施行する。
右、勅旨を奉じ、布告する。
第一条:発声は、大日本帝国と帝国臣民の永遠の発展を祈って行うこと。
第二条:音頭を取る者は、気力充実・態度厳正を心掛けること。
    唱和の際には、全員心を一つにして声高らかに行うこと。
第三条:細部については別に定める。(実施要領を参照)
実施要領
1.直立不動で両手は指をまっすぐ下方に伸ばし体の側面にしっかり付ける。
2.万歳の発声とともに右足を半歩踏み出し、同時に両腕を垂直に高々と挙げる。
  その際、両手の指をまっすぐに伸ばし両掌を内側に向けておく。
3.万歳の発声終了と同時に素早く元の直立不動の姿勢に戻す。
4.以上の動作を三度、節度を持ちかつ気迫を込めて行う。

誤解例[編集]

自由民主党衆議院議員木村太郎は、当時の内閣総理大臣鳩山由紀夫が行った万歳三唱について、「正式な万歳とは違うように見受けられた。日本国の首相として、万歳の仕方をしっかりと身につけておくべきだ。首相は作法を知っているか」という質問主意書2010年平成22年)2月3日提出をし、国会でも質疑を行った[8]。なお、質問主意書への答弁書として、鳩山は衆議院議長を通して「万歳三唱の所作については、公式に定められたものがあるとは承知していない」と返した。

田沼隆志は、次世代の党所属の衆議院議員であった平成25年(2013年)10月19日に、自身の公式ブログで祝賀会の様子を報告した際、万歳三唱令に基づいた礼式を「正式である」として、写真とともに紹介した[9]

前述の創作者のグループを取材した熊日新聞は、グループが活動を控えてから20年近く経っても、万歳三唱令が社会の記憶から消え去ることはなかったようだと指摘している。2017年の衆議院選で共同通信が全国の新聞社に配信した写真を見ても、北海道から九州まで、当選者が両手を内側に向けて万歳しているポーズが半数以上あると指摘。更に、インターネット上には、万歳三唱令を本物の太政官布告として紹介する動画や、万歳三唱令はニセ文書だと指摘しながら「書かれている万歳の作法は伝統に則っている」などの擁護論もあると報じている。ただし、正萬会議メンバーによれば、万歳三唱令は完全な創作で、お手本となる「伝統」は存在しない[5]

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]