ヴィラート (空母)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ヴィラート
INS Viraat (R22) underway with a large compliment of helicopters and Sea Harrier aircraft.jpg
基本情報
建造所 ヴィッカース・アームストロング造船所
運用者  インド海軍
前級 ヴィクラント
次級 ヴィクラマーディティヤ
モットー Jayema Sam Yudhi Sprdhah
経歴
起工 1944年6月21日
進水 1953年2月16日
就役 1987年5月12日(ヴィラートとして)
要目
基準排水量 23,900トン
満載排水量 28,700トン
全長 226.9m
全幅 48.78m
水線幅 27.4m
吃水 8.8m
機関 蒸気タービン
ボイラー 4缶
主機 2基
推進 スクリュープロペラ 2軸
出力 57Mw
最大速力 28ノット
航続距離 6,500海里/14ノット
乗員 1,350名(士官143名、航空要員含む)
兵装 バラクSAMVLS(各8セル) 2基
AK-23030mm連装機関砲 2基
40mm機関砲 2門
搭載機 シーハリアー
Ka-31
Ka-28
シーキング
合計 28機
レーダー RAWL-02 対空捜索
EL/M-2238 STAR 対空・対水上捜索
Rashmi 航海
EL/M-2221 STGR 火器管制
テンプレートを表示

ヴィラート (INS Viraat R22, विराट) は、インド海軍軽空母旗艦である。1984年に退役したイギリス海軍セントー級航空母艦ハーミーズ」を購入し、改装したものであり、艦名はサンスクリット語で「巨人」を意味する。

艦歴[ソースを編集]

インド海軍は1986年4月に「ハーミーズ」を購入、デヴォンポート造船所で広範囲改修を行った後、1987年に就役させた。購入後も寿命延長のための度々補修作業が行われたが、1993年9月に浸水事故を起こしたためその修復に数ヶ月を要した。1995年に現役復帰、新型レーダーが追加された。

1999年7月から2001年4月にかけて改修作業が行われ、推進システムの改良、防空センサーの追加、新型通信システムの導入、バラクSAM等の追加が行われた。ほぼ2年の作業後、2001年6月に現役復帰した。

2004年、インド海軍はロシアから15億ドルで「アドミラル・ゴルシコフ」を購入、「ヴィクラマーディティヤ」と命名したが、改装工事が遅れ就役時期が当初予定の2008年からずれ込む事を受け、空母戦力のギャップを埋めるために「ヴィラート」の退役を延ばし、2008年から2009年7月頃にかけてムンバイ及びコーチで近代化改修を行う事を決定した。

「ヴィクラマーディティヤ」は2014年に就役したが、「2代目ヴィクラント」の就役も遅延しており、当艦は2016年6月まで運用される予定である。退役後は宿泊施設を有する博物館船となる予定。

ギャラリー[ソースを編集]

関連項目[ソースを編集]

外部リンク[ソースを編集]