ジャラシュワ (ドック型揚陸艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジャラシュワ
INS Jalashwa.jpg
INS Jalashwa
経歴
運用者  インド海軍
クラス オースティン級ドック型輸送揚陸艦
起工 1966年8月8日(トレントンとして)
進水 1968年8月3日(トレントンとして)
就役 1971年3月6日(トレントンとして)
2007年1月17日(ジャラシュワとして)
現況 インド海軍において現役
要目
排水量 軽荷 8,894トン 満載 16,590トン
全長 173.7m
水線長 167m
全幅 30.4m
水線幅 25.6m
吃水 6.7m (最大7m)
推進 ボイラー2基,蒸気タービン2基, 2軸推進; 24,000 shp
速力 20ノット
乗員 士官28名,乗員480名
搭載人員 900-1000名
兵装 20mm CIWS2基
搭載艇 LCM-8揚陸艇4隻
搭載機 SH-3 シーキングヘリコプター6機
テンプレートを表示

ジャラシュワ(INS Jalashwa L41)は、インド海軍ドック型揚陸艦である。

“ジャラシュワ”とはサンスクリット語で「タツノオトシゴ」の意味であり、“神の使い”の意味を持つ。

概要[編集]

アメリカ海軍のドック型輸送揚陸艦トレントン(USS Trenton LPD-14)の後身で、4,800万ドルで売却され、「ジャラシュワ」と命名されてインド海軍へ就役した。

ジャラシュワは東海艦隊に配属され、2007年9月12日、ヴィシャーカパトナム海軍基地へ到着した。

本艦は現在のところ、インド海軍所属艦艇で航空母艦ヴィラート」についで2番目に大きい艦である。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]