この記事は良質な記事に選ばれています

ヤマザキ春のパンまつり

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ヤマザキ春のパンまつりの景品である、「白いお皿」。

ヤマザキ春のパンまつり(ヤマザキはるのパンまつり)は、山崎製パン(ヤマザキ)が毎年春期に開催する販売促進キャンペーン[1]1981年(昭和56年)に開始して以来、フランスアルク・インターナショナルフランス語版英語版社(旧・デュラン社)製の「白いお皿」を景品として購入者に贈っている[2]2015年(平成27年)までに4億6千万枚の皿が配布されている[3]

概要[編集]

例年2月から3月に開催され、ヤマザキが指定する対象商品に貼付された点数シールを規定点数だけ集めると、集めた人全員に景品の「白いお皿」が配布されるというイベントである[1]北海道地区は季節感を考慮して、他の都府県より1か月ほど開催時期をずらしている[4]。ヤマザキの商品を取り扱う店舗へシール台紙を持って行くと、その場で皿と交換することができる[5]。規定点数は年によって相違があり、2011年(平成23年)は24点[6]、2015年(平成27年)は25点であった[7]

2015年(平成27年)までに配布された皿の総数は4億6千万枚にのぼり、ヤマザキは毎年1400万枚ほど交換用に発注している[3]。2014年(平成26年)には1440万枚が配布された[5]。毎年の「白いお皿」の配布枚数が多いことから、2016年(平成28年)には「受注するフランスの町が好景気に沸く」という噂がインターネット上で盛り上がり、withnewsがヤマザキに取材したところ、現地のコメントとして、「町全体が好景気に沸くとは言い難いが、雇用創出による地域貢献の側面はある」という回答を得た[3]

同様の点数シール添付対象商品を集めてプレゼントされるキャンペーンとして、「夏・秋のおいしいキャンペーン」があり、こちらはオフィシャルスポンサーとして協賛している東京ディズニーリゾートの入場年間パスポートやヤマザキパングループの菓子ブランド各社(ヤマザキビスケット[8]不二家東ハト、および地域限定の末広製菓秋田いなふく米菓)の商品詰め合わせなどが贈呈される。

以上のキャンペーンは、山崎製パン取扱店での対象パン賞品に加え、同社運営のコンビニエンスストアチェーン店のデイリーヤマザキ・ニューヤマザキデイリーストア・ヤマザキショップ・ヤマザキスペシャルパートナーショップ[9]で販売されているおにぎり・お惣菜・弁当(2015年以後)も応募用の点数シール添付対象となっている。

歴史[編集]

1981年(昭和56年)に「春の食パンまつり」として開始した[2]。当時からデュラン社製の「白いお皿」を贈っていた[2]。ヤマザキにとって、春はパンの売り上げが伸びる時期であり、売り上げが伸びる時期に合わせてパンまつりを開催し始めたとされ、第1回が消費者に支持されたため、毎年のキャンペーンとなった[1]。ただし、今となってはパンまつりの効果で春に売り上げが伸びるのか、春なので売り上げが伸びるのかは不明である[2]。なお日経産業新聞1983年(昭和58年)2月17日付の記事では、「パンの需要低迷、とりわけ昨秋から食パンの不振が目立っている」という記述があり[10]1985年(昭和60年)6月7日付の日本経済新聞でも「需要全体の六割近くを占める食パン販売は昨年六月以降前年同月実績を下回り続け今年になってからは同10%近く減っている。」と報じている[11]

1983年(昭和58年)には山崎製パン創業35周年を記念して「謝恩パンまつり」として開催、スープ皿をプレゼントした[10]。同年からは秋にも販売促進イベントを開始したが、秋のイベントは抽選で景品が当たるというもので、その規模は春に比べて小さいものである[2]。1985年(昭和60年)は食パン販売が不振を極める中で高級ディナー皿を景品とし、同業の敷島製パンも「マイハート・Tシャツプレゼント」を5月から実施した[11]1999年(平成11年)4月3日付の日経流通新聞の記事では、ヤマザキ春のパンまつりを「恒例の」と表現しており、この頃までには一般に定着したことが窺える[12]。この年には、抽選で東京ディズニーランドのペアチケットが当たるキャンペーンも実施した[12]

2011年(平成23年)は東日本大震災を受け一時休止し[3][13]、「白いお皿プレゼントキャンペーン」として実施された[6]2013年(平成25年)2月1日にはヤマザキの公式レシピ本『毎日がパンまつり』が主婦の友社から出版され、付録としてヤマザキ春のパンまつりで使える3点分の点数シールが付いた台紙が封入された[14][15]

白いお皿[編集]

ヤマザキ春のパンまつりの景品である「白いお皿」は1981年(昭和56年)の開始当初から継続している[1]。皿の製造業者はパンまつりの開始当初から変わっていない[3]。清潔感があり、食パンを食べる場で使いやすいというのが理由である[1]。皿のデザインは、毎年皿の製作を手掛けるアルク・インターナショナル社とヤマザキが協議して決定している[1]

皿は陶器ではなく、強化ガラスでできており、軽度の衝撃で割れることがなく、電子レンジで使用することも可能である[3][6]

白いお皿一覧[4][16][17]
白いお皿
1981 01 白いお皿
1982 02 白いお皿
1983 03 白いスープ皿
1984 04 白いサラダボウル
1985 05 白いディナー皿
1986 06 白いモーニング皿
1987 07 白いグルメ皿
1988 08 白いモーニング皿
1989 09 ワンディッシュ皿
1990 10 白いデリッシュ皿
白いお皿
1991 11 白いデリッシュボール
1992 12 白いフレンチボール
1993 13 白いフローラルディッシュ
1994 14 白いファンタジーボール
1995 15 大きなファンタジーボール
1996 16 白いファンタジーボール
1997 17 白いスノーレッツ皿
1998 18 白いフローラルディッシュ
1999 19 白いワンディッシュ
2000 20 大きなワンディッシュ
白いお皿
2001 21 白いモーニング皿
2002 22 白いオーバルディッシュ
2003 23 白いオーバルボール
2004 24 白いフレンチディッシュ
2005 25 白いモーニングプレート
2006 26 白いモーニングプレート
2007 27 白いスクエアプレート
2008 28 白いおしゃれ小鉢
2009 29 白いおしゃれ小鉢
2010 30 白いオーバルディッシュ
白いお皿
2011 31 白いスマイルディッシュ
2012 32 白いモーニングボール
2013 33 大きなモーニングボール
2014 34 白いフレンチボウル
2015 35 白いモーニングディッシュ
2016 36 白いフレンチディッシュ
2017 37 白いスクエアボウル

文化[編集]

開催回数を重ねるにつれ、ヤマザキ春のパンまつりのファンも世代から世代へ継承され、ある意味で「国民的祭り」になっている[2]。加藤直美の『コンビニ食と脳科学』では「春のパン祭」が2月の日本の一般的な歳時・行事の1つとして記され、季節感のするイベントに含んでいる[18]。ヤマザキ春のパンまつりに続き、敷島製パンでも1989年(平成元年)春から全員プレゼントキャンペーンを実施しており、そのほかの製パン業者やコンビニエンスストアにもプレゼントキャンペーンが拡大している[2]

インターネット上では、東映まんがまつり・花王ヘアケア祭りと並び「日本三大祭り」に挙げられている[2][3][6]。「日本三大祭り」と言われ始めた正確な時期は不明ながら、インターネット普及以前のパソコン通信時代からジョークとして使われてきた[6]

ニュースサイトなどでは、効率的なポイントの集め方[19]、ヤマザキ春のパンまつりを題材としたアンケートの結果[20]や法律にまつわる話題が特集されること[21]がある。2015年(平成27年)には『ヤンキー春のパンまつり』というスマートフォン向けのゲームが登場した[22]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f 菅森健吾 (2015年3月15日). “ヤマザキに直撃! 「春のパンまつり」が「春」なワケ”. suumoジャーナル. Livedoor ニュース. 2015年7月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年6月30日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h 福光(2013):47ページ
  3. ^ a b c d e f g 若松真平 (2015年3月15日). “ヤマザキ「春のパン祭り」仏でも有名? 毎年1400万枚の皿を発注”. withnews. 朝日新聞社. 2016年2月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年2月24日閲覧。
  4. ^ a b 〜新しいお皿で、うれしい春を。〜ヤマザキ 春のパンまつり「白いモーニングディッシュ」プレゼント”. ヤマザキ. 山崎製パン (2015年1月19日). 2015年7月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年7月1日閲覧。
  5. ^ a b あおきめぐみ (2015年1月20日). “ヤマザキ春のパンまつり、2/1スタート 今年のお皿は「白いモーニングディッシュ」”. はてなニュース. はてな. 2015年7月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年7月1日閲覧。
  6. ^ a b c d e 大和哲 (2011年6月13日). “春のパン祭りの白いお皿、実は結構すごい皿。”. ケータイ Watch. Impress Watch. 2015年7月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年7月1日閲覧。
  7. ^ Narinari.com編集部 (2015年1月20日). “「春のパンまつり」の季節到来、白いお皿交換枚数は累計4億4,000万枚。”. ナリナリドットコム. Narinari.com. 2015年7月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年7月1日閲覧。
  8. ^ 旧ヤマザキナビスコ
  9. ^ 前者は2013年7月1日に山崎製パンに統合されるまでは「株式会社デイリーヤマザキ」が運営していた。後者は元から山崎製パンの直轄店舗だったが、デイリーヤマザキの統合に伴い、現在は左記店舗のサテライト店舗扱いである。
  10. ^ a b 「山崎製パン、35周年キャンペーン プレゼントなど、健康食パン前面に」日経産業新聞1983年2月17日付、15ページ
  11. ^ a b 「パン需要喚起に懸命 各社の競争、さらに激化」日本経済新聞1985年6月7日付、朝刊13ページ
  12. ^ a b "普通食パン 敷島に「超熟」効果"日経流通新聞1999年4月3日付、6ページ
  13. ^ 夢野うさぎ (2011年3月20日). “「ヤマザキ春のパンまつり」休止のお知らせ/「夏のパンまつり」開催の可能性は!?”. pouch. SOCIO CORPORATION. 2015年7月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年7月1日閲覧。
  14. ^ 業界初「ヤマザキ春のパンまつり2013」で使える点数シール3点分つき!「ヤマザキパン」公式レシピ本発売”. 主婦の友社 (2013年). 2015年7月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年7月1日閲覧。
  15. ^ 新刊JP編集部 (2013年2月1日). “「春のパンまつり」開幕に合わせ公式レシピ本登場”. Business Journal. サイゾー. 2015年7月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年7月1日閲覧。
  16. ^ 山崎製パン”. 山崎製パン. 2015年7月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年7月2日閲覧。
  17. ^ ヤマザキ 春のパンまつり「白いフレンチボウル」プレゼント〜おいしい春を、のせましょう。〜”. 山崎製パン. 2015年7月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年7月2日閲覧。
  18. ^ 加藤(2009):168 - 171ページ
  19. ^ ひにしあい (2015年3月2日). “ヤマザキ春のパン祭り徹底攻略!一番効率的に白いお皿を貰えるパンを調べてきた”. Excite Bit コネタ. エキサイト. 2015年7月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年7月1日閲覧。
  20. ^ 石川海老蔵 (2014年8月26日). “国民的行事「ヤマザキ春のパンまつり」に祝祭性を見出せない国民が56.7%と判明”. しらべぇ. 2015年7月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年7月1日閲覧。
  21. ^ 食器がもらえる「春のパン祭り」 パンを買わずに「応募シール」を持ち去ったら犯罪?”. 弁護士ドットコムニュース. 弁護士ドットコム (2015年2月8日). 2015年7月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年7月8日閲覧。
  22. ^ ドン小坂 (2015年5月20日). “スマホゲー『ヤンキー春のパンまつり』配信で、ヤマザキ春のパンまつりを思い出した”. 週刊アスキー. KADOKAWA. 2015年7月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年7月1日閲覧。

参考文献[編集]

  • 加藤直美『コンビニ食と脳科学 -「おいしい」と感じる秘密』祥伝社新書170、祥伝社、2009年9月5日、235p. ISBN 978-4-396-11170-0
  • 福光恵(2013)"あなたのうちにも1枚ある? なぜ春にパンまつりか"『AERA』2013年4月15日号(26巻17号):47ページ.

関連項目[編集]

外部リンク[編集]