メルセデス・ベンツ・Rクラス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
メルセデス・ベンツ > メルセデス・ベンツ・Rクラス
メルセデス・ベンツ・Rクラス
W251型
2011年モデル
Mercedes R 350 CDI 4MATIC Lang (V251) Facelift front 20101017.jpg
前期型
Mercedes R-Klasse silver vl.jpg
販売期間 2006年 - 現在
乗車定員 7人
ボディタイプ 5ドアワゴン
エンジン 272型 3.497 L V6 DOHC
276型 3.497 L V6 DOHC
113型 4.965 L V8 SOHC
273型 5.461 L V8 DOHC
156型 6.208 L V8 DOHC
駆動方式 FR4WD
変速機 7速AT 7G-TRONIC
全長 4,930 mm
全幅 1,920 mm
全高 1,660 mm
ホイールベース 2,980 mm
-自動車のスペック表-

メルセデス・ベンツ・RクラスMercedes-Benz R-Class )は、ドイツの自動車メーカーであるダイムラーメルセデス・ベンツブランドで展開する、7人乗りクロスオーバーSUVである。

概要[編集]

2001年北米国際オートショーで「Vision GST(Grand Sports Tourer )」として最初のコンセプトが発表され、最終的なプロダクションモデルは2005年ニューヨーク国際オートショーで発表された。日本では2005年の東京モーターショーに参考出品された。

メルセデス・ベンツではこのRクラスを、「乗用車に求められるすべての要素を極めて高い次元で融合させた、まったく新しいカテゴリーのラグジュアリーモデル」と位置づけ、クロスオーバーSUVでありながらも、ミニバンステーションワゴンなどの要素が含まれている。アメリカ合衆国アラバマ州タスカルーサ工場で生産され、Mクラス(W164)やGLクラス(X164)とプラットフォームを共有する。ただし、フルタイム4WD車の機構は、独自の4MATICを採用している。

2010年にはニューヨーク国際オートショーにてフェイスリフトを受けた2011年モデルが発表された。[1]

その後、プラットフォームを共有するMクラスは2011年(W166)に、GLクラスは2012年(X166)にそれぞれ新型が発表されたが、Rクラスはモデルチェンジを受けることなく2012年に生産国であるアメリカでの販売を終了し、2013年にはヨーロッパなどでも販売を終了して現在は中国でのみ販売が行われている[2]

2015年1月27日、メルセデス・ベンツUSインターナショナル (MBUSI) とAMゼネラルは生産委託契約を結んだことを発表した。タスカルーサ工場の生産能力に余裕を持たせるため、同年夏よりRクラスの生産はAMゼネラルのミシャワカ英語版工場に移管される[2]

日本での販売[編集]

2006年4月より「R350 4MATIC」「R500 4MATIC」の販売が始まった。

すべてのモデルが7速ATおよびフルタイム4WD(4MATIC)を採用しており、「R350 4MATIC」は右ハンドルのみ、「R500 4MATIC」は左ハンドルのみという構成である。

海外にはAMGモデルの「R63 AMG」(過去に日本市場でも導入されていた)やディーゼルエンジンを搭載する「R320 CDI」「R420 CDI」などがある。

初期の日本仕様では、国土交通省の定める保安基準に準拠してサイドアンダーミラーが付いており、「スタイルを損ねる」との声が多かった。その後、助手席側ドアミラーに内蔵するサイドビューカメラからの映像をカーナビゲーション用モニターに投影するという手法に改変され、同ミラーは廃止された。

2010年11月4日にマイナーチェンジを実施。前後のデザイン変更に加えてETCユニットが標準装備となった。R550 4MATICがラインナップから落とされ、R350 4MATICのみとなった。

2012年1月30日に一部改良。「BlueDIRECTテクノロジー」を駆使した276型エンジンと7速AT「7G-TRONIC PLUS」を搭載したことで、動力性能と燃費性能が向上され、「平成21年排出ガス基準75%低減レベル(☆☆☆☆)」と「平成22年度燃費基準+25%」を達成(平成27年度燃費基準も達成)したことで、環境対応車普及促進税制に適合。シート素材を従来のレザーツイン(ファブリックと人工皮革のコンビネーション)から「レザーARTICO(人工皮革)」へとグレードアップ。なお、今回の一部改良により、グレード名を「R350 4MATIC BlueEFFICIENCY」に改名した。

2014年4月、販売終了。

日本での過去のグレード
グレード 製造期間 排気量 エンジン 最高出力・最大トルク 変速機 駆動方式
R63 AMG 2007年1月-2007年10月 6,208 cc 156型 V型8気筒DOHC 514 ps/64.2 kgm 7速AT 4MATIC
R500 4MATIC 2006年3月 - 2007年10月 4,965 cc 113型 V型8気筒SOHC 306 ps/46.9 kgm
R550 4MATIC 2007年11月 - 2010年10月 5,461 cc 273型 V型8気筒DOHC 387 ps/54.0 kgm
R350 4MATIC 2006年3月 - 2012年1月 3,497 cc 272型 V型6気筒DOHC 272 ps/35.7 kgm
R350 4MATIC BlueEFFICIENCY 2012年1月-2014年3月 3,497 cc 276型 V型6気筒DOHC 306 ps/37.7 kgm


脚注[編集]

  1. ^ New York 2010: Mercedes R-Class hits the refresh button for 2011”. Autoblog (2010年3月31日). 2015年1月27日閲覧。
  2. ^ a b Mercedes moves R-Class production to AM General in Indiana”. Autoblog (2015年1月27日). 2015年1月27日閲覧。

外部リンク[編集]