メルセデス・ベンツ・M272エンジン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
M272M35

M272エンジンは、メルセデス・ベンツV型6気筒ガソリンエンジンの系列である。

2004年のSLKに搭載されてデビューした[1]。シリンダーブロックはアルミ製のディープスカートタイプでクランクベアリングは4点支持になっており、V型6気筒エンジンでは例の少ない90度のバンク角を採用している。これは同シリーズのV型8気筒エンジンM273と共通化しコスト削減を図ったものである[1]。なお、各スローの対になるクランクピンを30度ずらすことで等間隔燃焼を実現している。また、左右バンクの間には回転数によって吸気管長を変化させる可変吸気システムを採用したマグネシウム製吸気マニフォールドが収まっている。

前世代に当たるM112では排気ガス対策のため、熱容量が小さくなる3バルブを採用していたが、M272ではDOHCの4バルブになっている[1]。カムシャフトはチェーンで吸気側のみ駆動され、排気側はギアを介して回される。また、メルセデス・ベンツとは初めて吸排気ともに可変バルブタイミングシステムを採用している。バルブはローラーロッカーアームを用いて作動させる。なお、排気バルブにはインコネル材を使用している。

Eクラスを筆頭に、CクラスSクラスなど幅広い車種に搭載されており、現在のメルセデス・ベンツの代表的なエンジンである。

また、ほとんどの車種で7速AT7G-TRONIC)と組み合わされているが、Eクラスの「E350 4MATIC アバンギャルド/E350 4MATIC アバンギャルド ステーションワゴン」は5速ATである。

バリエーション[編集]

M272M35[編集]

このエンジンを搭載したモデルは「平成17年排出ガス基準75%低減レベル(★★★★低排出ガス車)」認定を取得している。

  • タイプ:V型6気筒DOHC24バルブ 3497cc
  • ボア×ストローク:92.9mm×86.0mm
  • 圧縮比:10.7
  • 最高出力:272PS(200kW)/6,000rpm
  • 最大トルク:35.7kgm(350Nm)/2,400~5,000rpm

M272M30[編集]

このエンジンを搭載したモデルは「平成17年排出ガス基準75%低減レベル(★★★★低排出ガス車)」認定を取得している。

  • タイプ:V型6気筒DOHC24バルブ 2,996cc
  • ボア×ストローク:88.0mm×82.1mm
  • 圧縮比:11.3
  • 最高出力:231PS(170kW)/6,000rpm
  • 最大トルク:30.6kgm(300Nm)/2,500~5,000rpm

M272M25[編集]

  • タイプ:V型6気筒DOHC24バルブ 2,496cc
  • ボア×ストローク:88.0mm×68.4mm
  • 圧縮比:11.4
  • 最高出力:204PS(150kW)/6,100rpm
  • 最大トルク:25.5kg・m(250N・m)/3,500~4,000rpm

搭載モデル[編集]

M272

M272M30

脚注・出典[編集]

  1. ^ a b c 「World Engine Databook 2011-2012」『Motor Fan illustrated 特別編集 ワールド・エンジン・データブック 2011-2012』、三栄書房、2011年、62-63頁。ISBN 978-4-7796-1336-4

関連項目[編集]