メルセデス・ベンツ・W222

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
メルセデス・ベンツ・Sクラス > メルセデス・ベンツ・W222
メルセデス・ベンツ・Sクラス
W222/V222
S350 フロント
Mercedes-Benz W 222 S 350 Bluetec.JPG
販売期間 2013 -
乗車定員 4 - 5人
ボディタイプ 4ドアセダン
エンジン 651型 直列4気筒 DOHC 2,142 cc ディーゼルターボ+モーター
276型 V型6気筒 DOHC 3,498 cc +モーター
276M30型 V型6気筒 DOHC 2,996cc ツインターボ+モーター
278型 V型8気筒 DOHC 4,663 cc ツインターボ
157型 V型8気筒 DOHC 5,461 cc ツインターボ
277型 V型12気筒 SOHC 5,980 cc ツインターボ
278型 V型8気筒 SOHC 5,980cc ツインターボ
直列6気筒ガソリンエンジン+45Vインテグレーテッド・スターター・ジェネレーター
変速機 7速AT / 9速AT
全長 標準:5,116 mm / ロング:5,246 mm
全幅 1,899 mm
全高 1,496 mm
ホイールベース 標準:3,035 mm / ロング:3,165 mm
先代 メルセデス・ベンツ・W221
マイバッハ・57/62
-自動車のスペック表-

メルセデス・ベンツ・W222Mercedes-Benz W222 )は、ドイツの自動車メーカーであるダイムラーメルセデス・ベンツブランドで展開しているSクラスの、6代目モデルである。W222はそのコードネーム。2013年から製造・販売されている。

派生モデルとしてクーペタイプのSクラス・クーペ(C217)が登場している。なおロングボディ仕様には別途「V222」というコードネームがあるが、通常はそれも含め「W222」と呼ばれる。また、ボディをさらに延長したメルセデス・マイバッハ・SクラスX222)が新たに用意され、これはかつて販売されたマイバッハ57/62の後継モデルとなっている。

概要[編集]

W222(以下、V222を含む)は、先代W221と比べ、優美で古典的なスタイルを強調した佇まいとなっている。大型のフロントグリル、クーペを思わせるなめらかな曲線、縦型のリアコンビネーションランプが特徴的である。

W221と比較して全長はロングモデルで130mm、全幅は20mm、全高は10mm拡大されている。ホイールベースは同一である。

2015年には2代目マイバッハがこのモデルに統合される形で発売された。

ヘッドライトやリアコンビネーションランプ、ウインカーや、内装の照明など、灯火類には全てLEDを採用しており、バルブ式電球は一切使用していない。使用されるLEDは約500個に及ぶ。ダッシュボードは、メーターパネルにはLCDを採用し、それに連続する形で隣りに大型ディスプレイが装備される。対照的に各スイッチやエアコン吹き出し口などにはクラシカルな形状を採用している。

新機能[編集]

S350 リア
  • マジックボディコントロール - アクティブボディコントロール(ABC)を進化させ、フロントガラス上部に装備されたステレオカメラにより最大15m先まで路面の凹凸をスキャンし、4輪のサスペンションに供給される油圧を、各輪個別に秒間数回の頻度で制御することで、様々な状態において車体をフラットな姿勢に保ち、走行中は段差や起伏などでの車体の揺れや衝撃を大幅に緩和する。なお、この装備は晴天時のみ機能し、夜間や悪天候時には無効である。また、後輪駆動モデルのみに装備可能であり4MATIC(四輪駆動)モデルにはオプションでも装着不可。後輪駆動・ロング系・V8以上のエンジンを搭載するグレードのみ標準またはオプションとなる。日本においては2017年8月9日のマイナーチェンジから車体を傾斜させる機能が付与された。
  • プレセーフプラス - 自車が追突される恐れがあると、ハザードランプを高速で点滅させ後続車に知らせる。衝突が避けられなくなるとブレーキをロックさせシートベルトのたるみを取り、乗員のダメージを軽減する。
  • 後続車眩惑防止機能 - 夜間や信号待ちの際、ブレーキランプと後部ウインカーの照度を自動的に落とし後続車に配慮する。

日本市場での歴史[編集]

S400ハイブリッド
S400ハイブリッド ダッシュボード
S400ハイブリッド インテリア
メルセデス・マイバッハ S550

2013年8月23日に日本発表。同年10月1日より受注開始され、同年11月上旬より販売・納車が開始された[1]。日本仕様車では「S400ハイブリッド」・「S400ハイブリッド エクスクルーシブ」・「S550ロング」・「S63 AMGロング」・「S63 AMG 4MATICロング」の5グレードが用意され、「S350 ブルーテック」は導入されない。「S63 AMG 4MATICロング」は左ハンドルのみ。「S550ロング」は左右から選べ、他は全て右ハンドルとなる。同時に、「S550ロング」をベースに、リアセーフティーパッケージ、ショーファーパッケージ、AMGスポーツパッケージなどを装備した特別仕様車「S550ロング エディション1」も発表された(本仕様車は280台の限定販売)[2]。なお、燃費性能の向上により、「S400ハイブリッド」・「S400ハイブリッド エクスクルーシブ」は「平成27年度燃費基準+20%」を、「S550ロング」は「平成27年度燃費基準+10%」、「S63 AMGロング」・「S63 AMG 4MATICロング」は「平成27年度燃費基準」をそれぞれ達成している。「S550ロング」では日本国内のメルセデスブランドとしては初めてハンドル位置によって車両本体価格が異なる設定としたが(右ハンドル車は左ハンドル車と比べて10万円高)、これは360度カメラの搭載など装備の違いによるものである[3]

同年11月20日には最上位モデルとして、6.0L V12ツインターボエンジンを搭載し、動力性能に優れた「S65 AMGロング」を発売し、併せて東京モーターショー2013にてワールドプレミアされた。

2014年6月10日、先代の5.5L V12ツインターボエンジンに代えて6.0L V12ツインターボエンジンを搭載した「S600ロング」を追加し、「S400ハイブリッド」と「S400ハイブリッド エクスクルーシブ」に左ハンドルモデルが設定された[4]。併せて、一部改良も行われ、「S400ハイブリッド エクスクルーシブ」・「S550ロング」・「S63 AMGロング」・「S63 AMG 4MATICロング」はタッチパッドやプライバシーガラスなどを新たに標準装備。オプションも一部装備内容を変更し、AMGスポーツパッケージ(「S400ハイブリッド」・「S400ハイブリッド エクスクルーシブ」・「S550ロング」に設定)及びAMGダイナミックパッケージ(「S63 AMGロング」・「S63 AMG 4MATICロング」に設定)にヘッドアップディスプレイを、「S400ハイブリッド エクスクルーシブ」に設定のリアシートコンフォートパッケージに後席専用クライメートコントロールをそれぞれ追加した[5]

2014年10月15日、特別仕様車「S550ロング プレミアムスポーツ」を発表し、同日より注文受付を開始。「S550ロング」をベースに、AMGスポーツパッケージとショーファーパッケージを特別装備するとともに、ベース車では設定がない20インチAMGマルチスポークアルミホイールと本革巻designoメタライズドアッシュウッドステアリングも特別装備。内装もベース車では設定がないナッパレザー仕様となっている。ダイヤモンドホワイト140台、オブシディアンブラック60台の計200台の限定販売である[6]

2014年11月25日、2,996ccV型6気筒直噴ツインターボエンジンと電気モーターを組み合わせた「S550プラグインハイブリッドロング」を追加した[7]

2015年2月25日に「メルセデス・マイバッハ・Sクラス」が正式に発表され、「マイバッハS550」「マイバッハS600」が同日より発売された。先代のマイバッハは専用ショールームのみでの販売だったが、2代目となるこのモデルでは、通常のSクラス同様に全国各地のメルセデス・ベンツ正規ディーラーでの販売となる。独立したブランドだった先代とは変わり、メルセデス・ベンツのサブブランドとして展開されるため、スリーポインテッドスターが装着されマイバッハのエンブレムはCピラーに配される。また、リアの左側に「MAYBACH」および右側にモデル名のエンブレムが取り付けられている。

2015年8月27日、2,142cc直4直噴ディーゼルターボエンジンと電気モーターを組み合わせた日本初のクリーンディーゼルハイブリッドモデル「S300h」を追加。標準モデルに加え、ナッパレザーを採用したマッサージ機能付シートやクロージングサポーター、エアバランスパッケージなどを追加した充実仕様の「S300hエクスクルーシブ」、「S550ロング」と同等の装備を備えたロングボディモデル「S300hロング」も併せて設定される。なお「S300h」の発売に合わせ、既存のハイブリッド車「S400ハイブリッド」「S400ハイブリッドエクスクルーシブ」及びプラグインハイブリッド車「S550プラグインハイブリッドロング」は「S400h」「S400hエクスクルーシブ」「S550eロング」にそれぞれ名称変更した[8]

2015年9月10日には、四輪駆動モデル「マイバッハ S550 4MATIC」を追加発売し、既存の「マイバッハ S550」は従来の左ハンドル仕様から新たに右ハンドル仕様へと変更された。「マイバッハ S550 4MATIC」(左ハンドル専用設計)の価格は同S550と同じだが、S550に標準装備の「マジックボディコントロール」が未装備(オプション装着も不可)となっている。

2016年5月17日、プラグインハイブリッドモデル「S550eロング」を一部仕様変更。ヘッドライトレンズ左右にブルーリングの縁取りを、フロントブレーキキャリパーにブルーペイントをそれぞれ施し、フロントフェンダー左右に「PLUG-IN HYBRID」ブルーサイドエンブレムを装着した[9]

同年7月26日、ディーゼルハイブリッドモデルの「S300h」「S300hエクスクルーシブ」「S300hロング」、及びプラグインハイブリッドモデル「S550eロング」に左ハンドル仕様を追加設定した。同日より受注受付を開始、発売は11月以降となる[10]

2017年8月9日、マイナーチェンジを発表(同日より予約注文の受付を開始、FR・ロングボディモデルは12月頃、それ以外のモデルは9月上旬にそれぞれ納車開始)[11]。フロント・リアデザインが刷新され、フロントはヘッドライトに光ファイバーによる3本のラインが配され、フロントグリルを全車ツインルーバー仕様に統一。エアインテークはワイド形状となった。リアのLEDコンビネーションランプには「クリスタルルック」が採用され、解錠/施錠時にLEDリアコンビネーションランプが内側から外側へ、下側から上側に流れるように点灯する「カミングホームファンクション機能」を導入。リアバンパー下部のデザインも変更し、クロームトリムも配した。「インテリジェントドライブ」の機能強化も行われ、「アクティブディスタンスアシスト・ディストロニック」に、停車後30秒以内であればアクセルを踏まなくても自動的に発進が可能な自動再発進機能が追加され、車線が不明瞭な場合や検知不可の場合でも周囲の車両やガードレールを検知してステアリング操作のアシストが可能な「アクティブステアリングアシスト」を新搭載。さらに、「緊急回避補助システム」、「PRE-SAFEサウンド」などの新機能を追加し、歩行者と交差点での車両飛び出しにも対応した自動緊急ブレーキ「アクティブブレーキアシスト(歩行者/飛出し検知機能付)」も備えた。また、テレマティクスサービス「Mercedes me connect(メルセデス ミー コネクト)」も搭載。Sクラスの「Mercedes me connect」は、「安心安全サービス」と「快適サービス」に加え、24時間コンシェルジュサービスの「おもてなしサービス」にも対応している。

V12エンジン搭載車である「S600 long」と「Mercedes-AMG S65 long」を除いてラインナップが見直され、従来の「Mercedes-AMG S63 4MATIC long」はスポーツカーメルセデスAMG・GTと共通の基本設計とした4.0L V8 直噴ツインターボエンジンM177型に置換、「AMGスピードシフトMCT」を9速に多段化、4輪駆動システムを前50:後50から前0:後100の範囲で可変トルク配分を行う新型の「AMG 4MATIC+」に改良して「Mercedes-AMG S63 4MATIC+ long」に改名(同時に「Mercedes-AMG S63 long」についてもエンジンの置換と「AMGスピードシフトMCT」を多段化する改良を行う)。併せて、従来の「S550 long」はエンジンを4.0L V8 直噴ツインターボエンジンであるM256型に置換し、トランスミッションを9速(9G-TRONIC)に多段化して「S560 long」に改名するとともに、M256型と同じ仕様である176型を搭載した4輪駆動モデル「S560 4MATIC long」と、3.0L V6 直噴ツインターボエンジンである276M30型を搭載した「S400」を新設。これにより、7グレードに整理され、ディーゼルハイブリッドモデルやプラグインハイブリッドモデルを廃止した。

2018年3月1日に、新モデルとして、「S450」・「S450 エクスクルーシブ」・「S450 ロング」の3モデルが発表された(同日より予約注文受付開始、「S450」と「S450 エクスクルーシブ」は同年4月頃に、「S450 ロング」は同年夏頃に納車予定)[12]。エンジンにメルセデス・ベンツとしては1997年以来約20年ぶりの採用となる直列6気筒の3.0L直噴ターボエンジンであるM256型に、オルタネーターやスターターの機能も兼ねた電気モーター「ISG(インテグレーテッド・スターター・ジェネレーター)」、48V電気システム、電動スーパーチャージャーを組み合わせたパワートレインが搭載されている。

同年9月10日に、新モデルとして、「S400 d」・「S400 d 4MATIC」・「S400 d ロング」・「S400 d 4MATIC ロング」の4モデルが発表された(同日より予約注文受付開始、「S400 d 4MATIC」系は同年10月ごろ、「S400 d」系は同年11月ごろにそれぞれ納車予定)。エンジンには、直列6気筒の3.0L直噴ディーゼルターボエンジンであるOM656型が搭載される。

同年12月13日に、2017年8月のマイナーチェンジに伴って廃止されていたプラグインハイブリッドモデルが再設定され、「S560 e ロング」として発売された。エンジンとモーターの出力が向上されたほか、バッテリーは容量を13.5kWhに大容量化・小型化され、車体側の充電器と充電用ウォールユニット共に6.0kW(200V・30Aの場合)充電に対応した。さらに、3年間の保証プログラム「メルセデス・ケア」に加え、本モデル限定で全ての部品に4年間の特別延長保証も付帯されるため、合計で7年間の保証が適応される。

ヨーロッパ市場での歴史[編集]

2013年9月からS400ハイブリッド、S350 BLUETEC、S300 BLUETECハイブリッド、S550発売

2013年11月 四輪駆動モデル発売

2014年 メルセデスAMGモデルは2014年から販売された[13]。加えてプラグイン・ハイブリッドが導入された。

2017年8月 直列6気筒+マイルドハイブリッド+ターボチャージャー搭載の新世代エンジンの搭載車がS450として、ヨーロッパ地域で販売開始した。

エンジンとテクニカルデータ(日本仕様)[編集]

モデル 販売期間 ハンドル位置 トランスミッション 駆動形式 エンジン エンジン出力 モーター モーター出力 0-100km/h
S300h 2015年8月-2017年8月 左/右 7速AT
7G-TRONIC PLUS
FR 651型 直4 DOHC ターボ 2,142cc 150kW(204PS)/3,800rpm
500Nm(51.0kgm)/1,600-1,800rpm
EM0007
交流同期電動機
20kW(27PS)
250Nm(25.5kgm)
7.6sec
S300h
エクスクルーシブ
S300h long
S400h 2013年10月-2017年8月 左/右 276型 V6 3,498cc 245kW(333PS)/6,500rpm
620Nm(63.2kgm)/3,500-5,250rpm
21227
交流同期電動機
6.8sec
S400h
エクスクルーシブ
S400 2017年8月- 左/右 9速AT
(9G-TRONIC)
276M30型 DOHC V6 ツインターボ 2,996cc 270kW(367PS)/5,500-6,000rpm
500Nm(51.0kgm)/1,600-4,000rpm
-
S450 2018年4月- 左/右 256M型 DOHC 直列6気筒 ツインスクロールターボ+電動スーパーチャージャー 2,998cc 270kW(367ps)/5,500-6,100rpm

500Nm(51.0kgm)/1,600-4,000rpm

エンジン出力軸直結ISG 16kW(22ps)

250Nm(25.5kgm)

5.1sec
S450 エクスクルーシブ 左/右
S450 long 2018年7月- 左/右 5.1sec
S550e long 2014年11月-2017年8月 左/右 7速AT
(7G-TRONIC PLUS)
276M30型 DOHC V6 ツインターボ 2,996cc 325kW(442PS)/5,250-6,000rpm
650Nm(66.3kgm)/1,600-4,000rpm
22227
交流同期電動機
85kW(115PS)
350Nm(35.7kgm)
5.0sec
S550 long 2013年10月-2017年8月 左/右 278型 DOHC V8 ツインターボ 4,663cc 335kW(455PS)/5,250-5,500rpm
700Nm(71.4kgm)/1,800-3,500rpm
- 4.8sec
S560 long 2017年8月- 9速AT
(9G-TRONIC)
M256型 DOHC V8 ツインターボ 3,982cc 345kW(469PS)/5,250-5,500rpm
700Nm(71.4kgm)/2,000-4,000rpm
S560 4MATIC long 2017年8月- 4WD 176型 DOHC V8 ツインターボ 3,982cc 4.6sec
Mercedes-AMG
S63 long
2013年10月-2017年8月 7速AT
(AMGスピードシフトMCT)
FR 157型 DOHC V8 ツインターボ 5,461cc 430kW(585PS)/5,500rpm
900Nm(91.8kgm)/2,250-3,750rpm
2017年8月- 9速AT
(AMGスピードシフトMCT)
M177型 DOHC V8 ツインターボ 3,982cc 450kW(612PS)/5,500-6,000rpm
900Nm(91.8kgm)/2,750-4,500rpm
Mercedes-AMG
S63
4MATIC long
2013年10月-2017年8月 7速AT
(AMGスピードシフトMCT)
4WD 157型 DOHC V8 ツインターボ 5,461cc 430kW(585PS)/5,500rpm
900Nm(91.8kgm)/2,250-3,750rpm
3.5sec
Mercedes-AMG
S63
4MATIC+ long
2017年8月- 9速AT
(AMGスピードシフトMCT)
177型 DOHC V8 ツインターボ 3,982cc 450kW(612PS)/5,500-6,000rpm
900Nm(91.8kgm)/2,750-4,500rpm
S600 long 2014年6月- 7速AT
(7G-TRONIC PLUS)
FR 277型 SOHC V12 ツインターボ 5,980cc 390kW(530PS)/4,900-5,300rpm
830Nm(84.6kgm)/1,900-4,000rpm
Mercedes-AMG
S65 long
2013年11月- M279型 SOHC V12 ツインターボ 5,980cc 463kW(630PS)/4,800-5,400rpm
1,000Nm(102.0kgm)/2,300-4,300rpm
Mercedes-Maybach
S550
2015年2月- 9速AT
(9G-TRONIC)
278型 DOHC V8 ツインターボ 4,663cc 335kW(455PS)/5,250-5,500rpm
700Nm(71.3kgm)/1,800-3,500rpm
Mercedes-Maybach
S550 4MATIC
2015年9月- 4WD
Mercedes-Maybach
S600
2015年2月- 7速AT
(7G-TRONIC PLUS)
FR 277型 SOHC V12 ツインターボ 5,980cc 390kW(530PS)/4,900-5,300rpm
830Nm(84.6kgm)/1,900-4,000rpm

外部リンク[編集]

参考文献[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 新型「メルセデス・ベンツSクラス」日本上陸”. 2013年8月23日閲覧。
  2. ^ 「メルセデス・ベンツSクラス」に豪華装備の限定車”. 2013年8月25日閲覧。
  3. ^ 過去にメルセデス・ベンツ日本が輸入した「マイバッハ(2002年に登場した車種)」にも約150万円の追加料金で右ハンドル車が選択可能だったが、こちらは装備の違いによる設定ではなかった。
  4. ^ メルセデスベンツ、新開発V12エンジン搭載の S600ロング 追加…530ps”. 2014年6月11日閲覧。
  5. ^ Sクラスのモデルラインアップを追加 、装備内容を充実”. 2014年6月12日閲覧。
  6. ^ S 550 long Premium Sportsを発表”. 2014年10月16日閲覧。
  7. ^ 【メルセデス S550プラグインハイブリッド ロング 発表】ブランド初のPHVは S550 と同価格、特別保証で訴求”. 2014年11月26日閲覧。
  8. ^ クリーンディーゼルハイブリッドモデル「S 300 h」を追加”. 2015年8月27日閲覧。
  9. ^ “「S 550 e long」の装備内容を一部変更” (PDF) (プレスリリース), メルセデス・ベンツ日本株式会社, (2016年5月17日), http://www.mercedes-benz.jp/news/release/2016/20160517_1.pdf 2016年5月19日閲覧。 
  10. ^ “「S 300 h」「S 550 e ロング」に左ハンドル仕様を追加” (PDF) (プレスリリース), メルセデス・ベンツ日本株式会社, (2016年7月26日), http://www.mercedes-benz.jp/news/release/2016/20160726_1.pdf 2016年7月26日閲覧。 
  11. ^ “新型 Sクラスを発表” (PDF) (プレスリリース), メルセデス・ベンツ日本株式会社, (2017年8月9日), http://www.mercedes-benz.jp/news/release/2017/20170809_2.pdf 2017年8月10日閲覧。 
  12. ^ “ISG搭載モデル「S 450」を発表” (プレスリリース), メルセデス・ベンツ日本株式会社, (2018年3月1日), https://media.mercedes-benz.jp/ISG%E6%90%AD%E8%BC%89%E3%83%A2%E3%83%87%E3%83%AB-S-%E3%82%92%E7%99%BA%E8%A1%A8/ 2018年3月1日閲覧。 
  13. ^ Jonathon Ramsey (2013年5月15日). “2014 Mercedes S-Class is ready for your plutocratic dollars”. AOL. 2013年5月16日閲覧。

関連項目[編集]