メルセデス・ベンツ・Xクラス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
メルセデス・ベンツ・Xクラス
フロント
Mercedes-Benz Classe X front.jpg
リア
Mercedes-Benz Classe X rear.jpg
製造国 スペインの旗 スペイン
販売期間 2018年 - 2020年
ボディタイプ 4ドアピックアップトラック
エンジン M274 2.0L 直列4気筒
OM699 2.3L 直列4気筒ディーゼルターボ
OM699 2.3L 直列4気筒ディーゼルツインターボ
OM642 3.0L V型6気筒ディーゼルターボ
駆動方式 後輪駆動/四輪駆動
変速機 6速MT/7速AT
全長 5,340mm
全幅 1,920mm
全高 1,819mm
ホイールベース 3,150mm
姉妹車 ルノー・アラスカン
日産・フロンティア
日産・ナバラ
プラットフォーム 日産・F-Alphaプラットフォーム
-自動車のスペック表-
テンプレートを表示

Xクラス (X-Class)は、ダイムラーが製造、メルセデス・ベンツブランドで販売していたピックアップトラックである。

概要[編集]

メルセデスベンツ初のピックアップトラックであるXクラスは、2016年10月26日に、コンセプトXクラスとしてストックホルムで発表された。

ルノー日産アライアンスとの共同開発のもと、日産のNP300ナバラとフレーム及び主要コンポーネンツを共有する。NP300ナバラとルノー・アラスカンが単なる顔違いの姉妹車であるのに対し、Xクラスはキャブ幅を50mm拡大するなどの大掛かりな設計変更がなされており、外観における共用パーツはごく僅かである。

発表されたコンセプトXクラスには「パワフル アドベンチャー」と「スタイリッシュ エクスプローラー」の2種が用意された。「パワフルアドベンチャー」は本格オフロード走行向けのクロスカントリーピックアップ、「スタイリッシュエクスプローラー」は都会向けのラグジュアリーピックアップとしてそれぞれ設定された。

2017年7月18日、南アフリカのケープタウンにて、Xクラスが発表された。基本構造は前述のとおり、NP300ナバラと共有するものの、フロンドグリルにはスリーポインテッドスターが貼られ、インテリアはメルセデスの車種のそれを基調としている。

グレードは「ピュア」、「プログレッシブ」、「パワー」が設定され、現在は4ドアのダブルキャブ仕様のみ用意される。

パワートレインは直列4気筒2.3Lディーゼルターボ(YD25ベース)であり、シングルターボを搭載した、X220d。大小2基のターボチャージャーを搭載したX250d。さらに2018年にはV型6気筒ディーゼル(OM642ベース)が導入される予定である。また一部地域では4気筒ガソリンエンジンが導入される。駆動方式は後輪駆動と四輪駆動が選べる。

欧州、南アフリカ、オーストラリア、アルゼンチン、ブラジルにて販売される計画である。[1]

2020年、同年5月を以て生産中止されると報じられ、ダイムラー本社も事実と認めたという。[2]

自動車衝突安全テスト[編集]

機関 試験年 評価 備考
Euro NCAP 2017年
★★★★★

脚注[編集]

注釈[編集]

[脚注の使い方]

出典[編集]

[脚注の使い方]

関連項目[編集]