日産・YDエンジン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
日産・YDエンジン
YD22DDTi.jpg
YD22DDTi型
生産拠点 日産自動車
製造期間 1998年5月 -
タイプ 直列4気筒DOHC16バルブ
ディーゼルエンジン
排気量 2.2リットル
2.5リットル
テンプレートを表示

YDエンジンとは、CD型エンジン後継として日産自動車が1998年から生産している自動車用4気筒・直噴ディーゼルエンジンである。すべてNEO Di・DOHCである。

通常は超拡散燃焼であるディーゼルエンジンに予混合燃焼技術を取り入れた、日産独自の低温予混合燃焼であるMK燃焼[1]を実用化した最初のエンジンである。大量のEGRで燃焼温度を低下げ、穏やかに燃焼させることでNOx低減し、これによるPMの増加を予混合燃焼化(黄色い炎の発生を抑え、青い炎で完全燃焼させる)の促進により回避することにより、これまでトレードオフの関係にあった NOxとPMの同時低減を可能とした。 また、燃焼初期の緩やかな熱発生により、燃焼騒音(着火遅れによるディーゼルノック)も大幅に低減している。

1998年平成10年)6月に発売された初代プレサージュに先行搭載された。

バリエーション[編集]

YD25DDTi型

YD22系 2,184 cc[編集]

YD22DD[編集]

  • 直噴
  • 出力:79 PS (58 kW)/4,000 rpm・16.0 kgm (157 Nm)/2,000 rpm
  • 内径×行程:86.0 mm×92.0 mm

YD22DDTi[編集]

YD25系 2,488 cc[編集]

YD25DDTi[編集]

  • 直噴インタークーラーターボ
  • 出力
190 PS (140kW)/4,000 rpm 45.9 kgm (450 Nm)/1,400 - 3,200 rpm
150 PS (110kW)/4,000 rpm 28.5 kgm (275 Nm)/1,800 rpm
129 PS (95kW)/3,200 rpm 36.3 kgm (356 Nm)/1,400 - 2,000 rpm (NV350キャラバン)
  • 内径×行程:89.0 mm×100.0 mm

搭載車種[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Modulated Kineticsの略。低温予混合燃焼(MK 燃焼)方式の紹介 - 日産自動車(発表日不明)2018年5月13日閲覧

関連項目[編集]