マイクル・コナリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
マイクル・コナリー
(Michael Connelly)
MConnelly.jpg
バウチャーコンにて(2010年)
誕生 (1956-07-21) 1956年7月21日(66歳)
アメリカ合衆国の旗 ペンシルベニア州フィラデルフィア
職業 作家
言語 英語
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
最終学歴 フロリダ大学
活動期間 1992年 -
代表作 ハリー・ボッシュ・シリーズ
主な受賞歴

エドガー賞 処女長編賞
1993年 ナイト・ホークス

シェイマス賞長編賞
2006年 リンカーン弁護士
デビュー作 『ナイトホークス』
配偶者 Linda McCaleb
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

マイクル・コナリーMichael Connelly1956年7月21日-)は、フィラデルフィア出身のアメリカの探偵・犯罪小説家・テレビ脚本家である。日本ではハードボイルド派小説家に分類されることが多い。

クリントン元米大統領などの支持もあり、米国以外の国でも人気を得ているが、人気によって版権料も高くなり、日本では彼の作品の翻訳権を巡っていくつかの出版社からの発刊にまたがる結果となっている。

若齢期[編集]

ペンシルベニア州フィラデルフィアで、不動産開発会社のW・マイケル・コナリーと、主婦のメアリー・コナリーの次男として生まれた[1]。コナリーによると、父親は挫折した芸術家であり、子供たちに人生の成功を望むよう励まし[2]、キャリアを追求するために成功と失敗を交互に繰り返すリスクテイカーであったという。母親はミステリー小説のファンで、息子に推理小説の世界を紹介した[1]

12歳のとき、家族とともにフィラデルフィアからフロリダ州のフォートローダーデールに移り、セント・トーマス・アクィナス高校に入学した。16歳のとき、ホテルの皿洗いの仕事から帰る途中、男が生け垣に物を投げ入れるのを目撃し、近寄って調べてみると、それはシャツに包まれた銃だった。銃を戻した後、彼はその男を追ってバーへ行き、その後、父親に報告するために家に帰った。その夜、コナリーは警察をバーに連れて行ったが、男はすでにいなくなっていた。この出来事で彼は警察官の世界とその生活に触れ、その仕事ぶりに感銘を受けた[1]

コナリーは、父親が早くから選んでいた建築の仕事を継ぐつもりで、フロリダ大学ゲインズビル校のリンカー建築学部で建築管理を学び始めた。予想以上に低い成績だったコナリーは、ロバート・アルトマンの映画『長いお別れ』(1973年)を見に行った。レイモンド・チャンドラーの同名小説(1953年)を原作とするこの映画を見て、コナリーは推理作家になりたいと思うようになった。そして、フロリダ大学ジャーナリズムコミュニケーション学部に編入し、ジャーナリズムを専攻し、クリエイティブ・ライティングを副専攻することにした[1]

略歴[編集]

大学卒業後は、フロリダで新聞記者となり、複数の新聞において、主として警察及び犯罪事件を担当する。当時、南フロリダ地区は、いわゆる「コカイン戦争」の真っ只中であり、コナリーはその犯罪と警察について記事を書き続けた。

1985~6年、コナリーは他の記者2名とともに、デルタ航空191便墜落事故からの生還者達にインタビューを行い、このレポートは雑誌に発表され、また、ピューリツァー賞候補にも推された。この報道により、コナリーはジャーナリストとしての地位を高め、ロサンゼルス・タイムス社の犯罪担当記者となり、大学生時代に憧れたチャンドラーが描いた街に赴くこととなった。

ロサンゼルスで3年間の犯罪記者経験の後、ロサンゼルス市警察(LAPD)の刑事ヒエロニムス(ハリー)・ボッシュを主人公とした小説を書き始める。1992年、シリーズ第1作となる“The Black Echo”(邦題『ナイトホークス』)を発表。実際にロサンゼルスで起きた事件を一部に題材として描いた本作は、初版わずか15,000部、しかも全米で一切新聞広告の露出がなかったにもかかわらず、各書評で非常に高い評価を得て、更には同年度、アメリカ探偵作家クラブエドガー賞 処女長編賞を獲得した。

コナリーの小説は、現在までに35か国で翻訳されている。2003-2004年には、アメリカ探偵作家クラブ(MWA)の会長を務めた。現在は、夫人、愛娘と共に、フロリダ在住。FOXで放送されている「キャッスル 〜ミステリー作家は事件がお好き」にて、主人公の大先輩としてデニス・ルヘインとともにカメオ出演している。

「ハリー・ボッシュ・シリーズ」に基づいてテレビドラマ化された「BOSCH/ボッシュ」ではプロデューサーを務め、複数のエピソードの脚本を書いている。

作品リスト[編集]

  • 各作品は、作品毎に提示された事件や謎が解決されるという意味では一話で完結するが、主人公が同一のシリーズ物として緩く繋がっており、過去作で語られた主人公の立場や人間関係などは以降の作品において既知の設定として引き継がれていく。
  • 各シリーズ間にも繋がりがあり、あるシリーズの主人公や登場人物が別のシリーズの作品に登場することがある[3]。詳細は、下記の発表順小説リストの登場人物を参照。

刑事 "ハリー・ボッシュ" シリーズ[編集]

刑事弁護士 "ミッキー・ハラー" シリーズ[編集]

記者 "ジャック・マカヴォイ" シリーズ[編集]

ジャック・マカヴォイはデンヴァーの新聞「ロッキー・マウンテン・ニューズ」の記者。殺人事件を詳細に取材したコラムを担当している。(その後転職して『スケアクロウ』 ではLAタイムズの記者、『警告』では消費者問題を扱うニュース・サイト「フェアウォーニング」の記者になっている。)

  • The Poet (1996)
    • 『ザ・ポエット』(古沢嘉通訳:扶桑社ミステリー 上巻:ISBN 4-594-02363-0 / 下巻:ISBN 4-594-02364-9
    • あらすじ:ジャックの双子の兄で警官のショーンが死体で発見される。状況は自殺のように見えるが納得がいかないジャックは事件を調べ始める。そして連続殺人事件の手がかりを見つけ、FBIの捜査に同行して犯人を探す。
    • 大部分は主人公ジャックの一人称形式で記述されているが、時折グラッデンの行動が三人称で記述される章が織り込まれている。
    • 本作で登場したFBI捜査官レイチェル・ウォリングは、その後ハリー・ボッシュ・シリーズに何回か描かれている。
    • 本作は、1997年にアンソニー賞ネロ・ウルフ賞ディリス賞を受賞した。
    • ハリー・ボッシュ・シリーズの『天使と罪の街』(2004)は本作の続編に当たる。
    • コナリーの小説世界においては本作は実際にマカヴォイが執筆して出版された書籍であるとされており、前述『天使と罪の街』の中でレイチェルが本書を読んでいたり、『スケアクロウ』の捜査の中でも発見される。
    • 主な登場人物
      • ショーン・マカヴォイ:ジャックの双子の兄、デンヴァー市警殺人課の刑事
      • グレッグ・グレン:ジャックの上司
      • マイクル・ウォレン:法執行財団の広報官、元新聞記者
      • レイチェル・ウォリング:FBI捜査官
      • ゴードン・トースン:FBI捜査官
      • ボブ・バッカス:レイチェルの上司、捜査チームのボス
      • ウィリアム・グラッデン:子どもの写真を撮る男
  • Scarecrow (2009)
  • Fair Warning (2020)
    • 『警告』(古沢嘉通訳:講談社文庫)

女性刑事 "レネイ・バラード" シリーズ[編集]

  • The Late Show (2017)
    • 『レイトショー』(古沢嘉通訳:講談社文庫)
  • Dark Sacred Night (2018) - 刑事 "ハリー・ボッシュ" シリーズでもある
    • 『素晴らしき世界』(古沢嘉通訳:講談社文庫)
  • The Night Fire (2019) - 刑事 "ハリー・ボッシュ" シリーズでもある
    • 『鬼火』(古沢嘉通訳:講談社文庫)
  • The Dark Hours (2021) -- 刑事 "ハリー・ボッシュ" シリーズでもある
    • 未訳

ノン・シリーズ [編集]

ノン・フィクション[編集]

  • Crime Beat: True Crime Reports Of Cops And Killers (2006)

発表順小説リスト[編集]

# 邦題 原題 出版年
アメリカ合衆国の旗
出版年
日本の旗
訳者 出版社
日本の旗
登場人物[3]
1 ナイトホークス The Black Echo 1992年 1992年 古沢 嘉通 扶桑社ミステリー HB
2 ブラック・アイス The Black Ice 1993年 1994年 古沢 嘉通 扶桑社ミステリー HB
3 ブラック・ハート The Concrete Blonde 1994年 1995年 古沢 嘉通 扶桑社ミステリー HB
4 ラスト・コヨーテ The Last Coyote 1995年 1996年 古沢 嘉通 扶桑社ミステリー HB
5 ザ・ポエット The Poet 1996年 1997年 古沢 嘉通 扶桑社ミステリー JM,RW
6 トランク・ミュージック Trunk Music 1997年 1998年 古沢 嘉通 扶桑社ミステリー HB
7 わが心臓の痛み Blood Work 1998年 2002年 古沢 嘉通 扶桑社ミステリー TM
8 堕天使は地獄へ飛ぶ/エンジェルズ・フライト Angels Flight 1999年 2001年/2006年 古沢 嘉通 扶桑社/扶桑社ミステリー HB
9 バッドラック・ムーン Void Moon 2000年 2001年 木村 二郎 講談社文庫 CB
10 夜より暗き闇 A Darkness More Than Night 2001年 2003年 古沢 嘉通 講談社文庫 HB,TM,JM(わずか)
11 シティ・オブ・ボーンズ City Of Bones 2002年 2005年 古沢 嘉通 ハヤカワ・ミステリ文庫 HB
12 チェイシング・リリー Chasing The Dime 2002年 2007年 古沢 嘉通, 三角 和代 ハヤカワ・ミステリ文庫 HP
13 暗く聖なる夜 Lost Light 2003年 2005年 古沢 嘉通 講談社文庫 HB
14 天使と罪の街 The Narrows 2004年 2006年 古沢 嘉通 講談社文庫 HB,RW,TM,CB(わずか)
15 終決者たち The Closers 2005年 2007年 古沢 嘉通 講談社文庫 HB
16 リンカーン弁護士 The Lincoln Lawyer 2005年 2009年 古沢 嘉通 講談社文庫 MH
17 エコー・パーク Echo Park 2006年 2010年 古沢 嘉通 講談社文庫 HB,RW
18 死角 オーバールック The Overlook 2007年 2010年 古沢 嘉通 講談社文庫 HB,RW
19 真鍮の評決 リンカーン弁護士 The Brass Verdict 2008年 2012年 古沢 嘉通 講談社文庫 MH,HB,JM(わずか)
20 スケアクロウ The Scarecrow 2009年 2013年 古沢 嘉通 講談社文庫 JM,RW
21 ナイン・ドラゴンズ Nine Dragons 2009年 2014年 古沢 嘉通 講談社文庫 HB,MH
22 判決破棄 リンカーン弁護士 The Reversal 2010年 2014年 古沢 嘉通 講談社文庫 MH,HB,RW(わずか)
23 証言拒否 リンカーン弁護士 The Fifth Witness 2011年 2016年 古沢 嘉通 講談社文庫 MH,HB(わずか)
24 転落の街 The Drop 2011年 2016年 古沢 嘉通 講談社文庫 HB
25 ブラックボックス The Black Box 2012年 2017年 古沢 嘉通 講談社文庫 HB,RW(わずか)
26 罪責の神々 リンカーン弁護士 The Gods of Guilt 2013年 2017年 古沢 嘉通 講談社文庫 MH,HB(わずか)
27 燃える部屋 The Burning Room 2014年 2018年 古沢 嘉通 講談社文庫 HB,RW(わずか)
28 贖罪の街 The Crossing 2015年 2018年 古沢 嘉通 講談社文庫 HB,MH
29 訣別 The Wrong Side of Goodbye 2016年 2019年 古沢 嘉通 講談社文庫 HB,MH
30 レイトショー The Late Show 2017年 2020年 古沢 嘉通 講談社文庫  RB
31 汚名 Two Kinds of Truth 2017年 2020年 古沢 嘉通  講談社文庫 HB,MH
32 素晴らしき世界 Dark Sacred Night 2018年 2020年 古沢 嘉通  講談社文庫 RB,HB
33 鬼火 The Night Fire 2019年 2021年 古沢 嘉通 講談社文庫 RB,HB,MH
34 警告 Fair Warning 2020年 2021年 古沢 嘉通 講談社文庫 JM,RW
35 潔白の法則 リンカーン弁護士 The Law Of Innocence 2020年 2022年 古沢 嘉通 講談社文庫 MH,HB
36 The Dark Hours 2021年 RB,HB
37 Desert Star 2022年 RB,HB

登場人物 HB: 刑事ハリー・ボッシュ、MH: 弁護士ミッキー・ハラー、JM: 記者ジャック・マカヴォイ、RW: FBI捜査官レイチェル・ウォリング、TM: 元FBI捜査官テリー・マッケイレブ、CB: キャシー・ブラック、HP: ヘンリー・ピアス、RB: 女性刑事レネイ・バラード

短編[編集]

# 邦題 原題 収録書 出版社
日本の旗
出版年
アメリカ合衆国の旗
出版年
日本の旗
ISBN, EAN 日本の旗 訳者 主要登場人物
備考
1 二塁打 Two-Bagger ミステリマガジン2002年2月号 早川書房 2001 2002 古沢嘉通
ベスト・アメリカン・ミステリ/ハーレム・ノクターン ハヤカワ・ミステリ 1768 2002 ISBN 4-15-001768-9 古沢嘉通
原著は野球ミステリ・アンソロジー『Murders’ Row』に書き下ろされた[5]。出所したての麻薬密造人を二人の刑事が尾行し、大リーグLAドジャースが試合中の球場で起きる事件。
2 (未訳) Cahoots 2002
3 真夜中を過ぎて After Midnight ミステリマガジン 2010年 7月号 早川書房 2003 2010 古沢嘉通
男が茂みに拳銃を隠すところを目撃した少年の話。マイクル・コナリー自身の体験に基づいて書かれた[6]。原著はミステリ・アンソロジー Men From Boys に収録。
4 クリスマス・イーヴン Christmas Even ミステリマガジン2003年2月号 早川書房 2004 2003 古沢嘉通 HB
原著は Angle of Investigation: Three Harry Bosch Short Stories (2011)に収録。
5 空の青(シエロ・アズール) Cielo Azul ジャーロ No.5 光文社 2005 2001 宮脇孝雄 HB, TM
シエロ・アズールの事件は長編『夜より暗き闇』で言及される。原著は Suicide Run: Three Harry Bosch Short Stories (2011)に収録。
6 (未訳) The Safe Man 2005
7 捜査の切り口 Angle of Investigation ミステリマガジン 2010年 7月号 早川書房 2005 2010 古沢嘉通 HB
原著はAngle of Investigation: Three Harry Bosch Short Stories (2011)に収録。
8 マルホランド・ダイブ Mulholland Dive ミステリマガジン 2010年 7月号 早川書房 2007 2010 古沢嘉通
18の罪 -現代ミステリ傑作選 ヴィレッジブックス 2012 古沢嘉通
交通事故鑑定人が主人公。運転中に崖から転落死した資産家の案件調査を依頼された彼は、これが事故であったと結論づけるが、実はこれには裏があった。原著はロサンゼルスを舞台にしたミステリを集めた短編集 Los Angeles Noir などに収録。
9 自殺事案 Suicide Run ミステリマガジン 2010年 12月号 早川書房 2007 2010 EAN 4910084391207 古沢嘉通 HB
原著は Suicide Run: Three Harry Bosch Short Stories (2011)に収録。
10 1ドルのジャックポット One Dollar Jackpot ポーカーはやめられない ポーカー・ミステリ書下ろし傑作選 ランダムハウス講談社文庫 2007 2010 ISBN 978-4-27010342-5 田口俊樹 HB
原著は Suicide Run: Three Harry Bosch Short Stories (2011)に収録。
11 父の日 Father's Day ミステリマガジン 2010年 7月号 早川書房 2008 2010 古沢嘉通 HB
ベスト・アメリカン・短編ミステリ ディーエイチシー 2010 ISBN 978-4-88724508-2 山下麻貴
原著は Angle of Investigation: Three Harry Bosch Short Stories (2011)に収録。
12 ちかみち Short Cut ミステリマガジン 2010年 7月号 早川書房 2009 2010 ふるさわよしみち
子供向けの超短編。原著は小学校高学年向けのホラー・アンソロジーHalf-Minute Horrorsに収録された。トンネルに入っていく恐怖を描いている。
13 (未訳) Blue on Black 2010 HB, RW
原著は、釣りを題材にしたミステリ・アンソロジー『Hook, Line & Sinister: Mysteries to Reel You In』に収録されている。
14 (未訳) The Perfect Triangle 2010 MH
15 (未訳) Blood Washes Off 2011 HB
16 (未訳) 'Homicide Special 2011 HB
17 細かな赤い霧 A Fine Mist of Blood ベスト・アメリカン・短編ミステリ 2014 ディーエイチシー 2012 2015 ISBN 978-4-88724559-4 日向りょう HB
18 (未訳) Switchblade 2014 HB
19 (未訳) Red Eye 2014 HB
原著は人気キャラクターを有するミステリ作家2名を組み合わせて共作させた作品を収録したアンソロジー『FaceOff』に収録されている。デニス・ルヘインとの共著であり、彼のキャラクターである探偵パトリック・ケンジーも登場する。
20 (未訳) The Crooked Man 2014 HB
21 (未訳) Burnt Matches 2016 MH
22 夜鷹 ナイトホークス Nighthawks 短編画廊 絵から生まれた17の物語 ハーパーコリンズ・ ジャパン 2016 2019 ISBN 978-4-59655209-9 古沢嘉通 HB
23 第三のパネル The Third Panel 短編画廊 アートから生まれた17の物語 ハーパーコリンズ・ ジャパン 2017 2021 ISBN 978-4596552150 古沢嘉通
24 (未訳) The Guardian 2020 HB
25 (未訳) Avalon 2021

評論・エッセイ[編集]

# 邦題 原題 収録書 出版社
日本の旗
出版年
アメリカ合衆国の旗
出版年
日本の旗
ISBN, EAN 日本の旗 訳者 備考
1 マイクル・コナリーのチャンドラー論 ミステリマガジン1999年3月号 早川書房 1999 門倉洸太郎
2 '犬の捕獲人'としての存在 ミステリマガジン2003年2月号 早川書房 2003 古沢嘉通
3 人物造形 ミステリマガジン2008年11月号 早川書房 2002 2008 EAN 4910084391184 古沢嘉通
原著はアメリカ探偵作家クラブ編の『Writing Mysteries: A Handbook by the Mystery Writers of America』(ISBN 978-1582971452)に書き下ろされたもので、小説における登場人物の造形の重要性や、人物の人となりを徒に説明を多くすることなく心の葛藤や印象的な描写で浮き彫りにすることなどについて、ハリー・ボッシュ・シリーズの例を引き合いに解説している。
4 ヒエロニムス・ボッシュ ミステリマガジン2010年7月号 早川書房 2010 三角和代


受賞歴[編集]

なお、『暗く聖なる夜』(原題:Lost Light )では、デビュー(新人賞受賞)後10年の節目にあって、2004年度エドガー賞 長編賞の受賞を本命視されていたが、作者自身が主催のMWAの会長職の立場にあったことを理由にノミネートを辞退している[7]。ちなみに本賞受賞に関しては、上記2004年度(受賞:イアン・ランキン 『甦る男』、他の対立候補に桐野夏生 『OUT』)の他、1999年『わが心臓の痛み』(受賞:ロバート・クラーク『記憶なき殺人』)、2003年『シティ・オブ・ボーンズ』(受賞:S・J・ローザン 『冬そして夜』)、2006年『リンカーン弁護士』(受賞:ジェス・ウォルター『市民ヴィンス』)が受賞候補としてノミネートされた(「エドガー賞 長編賞」参照)。

映画化[編集]

  • ブラッド・ワークBlood Work(2002年・ワーナー・ブラザース配給)製作・監督・主演:クリント・イーストウッド
    • 前述の『わが心臓の痛み』を原作とし、元FBI心理分析官テリー・マッケイレブが主人公。
    • 後に出版されたハリー・ボッシュ・シリーズ『天使と罪の街』の中では、(この小説の中では実在の人物である)テリーを主人公とした映画がクリント・イーストウッド主演で製作されたことが言及されており、「イーストウッドはテリーより二十歳は年上だったのだが。映画はひいき目に言っても、ささやかな成功しかおさめられなかったが、そのおかげで、全米の新聞に死亡記事が載るくらいの知名度がテリーにはそなわっていた。」と書かれている[8]
  • リンカーン弁護士The Lincoln Lawyer(2011年・ライオンズゲート配給)監督:ブラッド・ファーマン、主演:マシュー・マコノヒー
    • 原作が出版される半年前に映画化権が売れていた。
  • その他、“The Black Echo”、“The Black Ice”、“The Poet”、“Void Moon”などの映画化権も売れており、脚色化されてはいる(“Void Moon”についてはコナリー自身の脚色、映画化権はワーナー・ブラザース)が、実際の映画化は未定である。
  • コナリーがイメージしているボッシュ像は、『ブリット』に主演した頃のスティーヴ・マックイーンだということである。

ドラマ化[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b c d Michael Connelly”. Notable Biographies. 2012年3月8日閲覧。
  2. ^ “For author Michael Connelly, crime pays”. St. Petersburg Times. (2007年10月25日). http://www.sptimes.com/2007/10/25/Books/For_author_Michael_Co.shtml 
  3. ^ a b Series Order - Michael Connelly
  4. ^ The Narrows (2004) - Michael Connelly
  5. ^ ベスト・アメリカン・ミステリ/ハーレム・ノクターン. ハヤカワ・ミステリ. (2002) 
  6. ^ 『真夜中を過ぎて』の解説記事、ミステリマガジン2010年7月号、早川書房
  7. ^ マイクル・コナリー (2005). 暗く聖なる夜. 講談社文庫 
  8. ^ マイクル・コナリー (2005). 天使と罪の街. 講談社文庫 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]