デルタ航空191便墜落事故

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
デルタ航空191便
Delta 191 wreckage.jpg
事故機の残骸
出来事の概要
日付 1985年8月2日
概要 マイクロバーストパイロットエラー
現場 Flag of the United States.svg テキサス州ダラスフォートワース
乗客数 152
乗員数 11
負傷者数
(死者除く)
27
死者数 135(高速道路走行中の車両運転者1名を含む)
生存者数 29
機種 ロッキード L-1011-385-1 トライスター
運用者 Flag of the United States.svgデルタ航空
機体記号 N726DA

デルタ航空191便墜落事故(デルタこうくう191びんついらくじこ)は、1985年8月2日フロリダフォートローダーデールテキサス州ダラス・フォートワース経由カリフォルニア州ロサンゼルス行き、デルタ航空191便(ロッキード L-1011-385-1 トライスター)が、着陸前に急降下・旋回し、滑走路手前の高速道路・空地に墜落。滑走路手前の空地のタンクに突っ込み、爆発炎上し、乗員乗客134名と高速道路を走行していた車のドライバー1名、計135名が死亡した事故である。

概要[編集]

乗員乗客163名のうち、被害が少なかった機体後方の乗客など29名(乗員3名、乗客26名)が生存した[1]。予約した前方の座席が禁煙席だったことから、喫煙ができる後方に変更したことで難を逃れた乗客もいた。

この事故では、IBM PCの開発を指揮したドン・エストリッジ (Don Estridge) を始めとした開発チームのオリジナルメンバーの大多数が犠牲となっている。IBMはスタッフを補充したものの、それ以降はチームに活気が失われIBM PCの不振の一因となったと言われている。またこの事故を切っ掛けとして、IBMを始めとした多くの企業で同じ便に搭乗する従業員数に制限を設ける様になった。

事故の経過[編集]

事故当日の191便[編集]

デルタ航空の所有する同型機

急降下[編集]

着陸のため降下中、エド・コナーズ機長は進路前方に嵐を確認し管制官に進路の変更を要請した。一度は嵐を回避したものの再び発生していた嵐に突入してしまう。 着陸進入中、突然機体が急降下し始めた。パイロットはエンジンを全開にし、しばらくして急降下はおさまったものの、しばらくして右に傾きながら再び急降下し始めた。 墜落直前、コナーズ機長は着陸復航を指示したが急激に降下している中では不可能であった。

墜落[編集]

墜落直前、プライス副操縦士は機体を水平に戻すものの地上からわずか数メートルしかなく、空地に接地した後に高速道路に突っ込む。その際、右エンジンが走行していた乗用車を直撃した。その後機体はわずかに上昇したものの、再び空地に接地。コントロールを失った機体は空港敷地内にあった貯水タンクに激突、垂直尾翼を含む機体後部を残して大破、炎上した。

原因[編集]

雷雲から雲が地上に向かって落ちてくる、マイクロバースト現象により発生した追い風と下降気流で機体が急降下、一度は体勢を立て直したが、再び追い風に遭遇したことで機体が失速し、墜落した。原因となった雷雲は事故前より発生していたが(この時期のダラス空港は雷雨が頻繁に生じていた)、191便の直前に着陸進入中であったリアジェットが通常通り着陸していたこと、また当時空港にマイクロバーストを検知するドップラー気象レーダーが設置されていなかったことから、事故直前まで管制官・パイロット共に予測できなかった。

この事故を契機にダウンバーストを観測できるドップラー気象レーダーの空港への設置が急がれ、また機体の気象レーダーも強化が図られた。

この事故を題材にしたテレビ番組[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ この事故の10日後に発生した単独機では史上最悪の航空事故である日本航空123便墜落事故においても、生存者の座席位置は機体後部に集中していた。

外部リンク[編集]