イベリア航空610便墜落事故

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
イベリア航空610便
Iberia Boeing 727-256Adv EC-CBJ.jpg
事故機と同型機
出来事の概要
日付 1985年2月19日
概要 CFIT
現場 ビルバオ
乗客数 141
乗員数 7
負傷者数
(死者除く)
0
死者数 148
生存者数 0
機種 ボーイング727-256
運用者 イベリア航空
機体記号 EC-DDU
テンプレートを表示

イベリア航空610便墜落事故とは、1985年2月19日スペインの東部で発生した航空事故である。

事故の概略[編集]

1985年2月19日、イベリア航空610便はマドリードビルバオ行きの定期便として午前8時47分にマドリードを離陸した。ビルバオ空港の滑走路30へVOR/DMEを使用して進入を開始。管制塔の指示を受け高度7000フィートと5000フィートでいったん水平飛行した後最低安全高度4354フィート以下に降下し、午前9時27分、高度3356フィートで右旋回中に左主翼がオイス山の山頂にあった高さ100フィート(30m)のテレビアンテナに衝突。左主翼は衝撃で切り裂かれ機体は空港南東30kmの山中に墜落し大破、搭乗していた148人全員が死亡した。

事故原因[編集]

調査の結果、事故原因はパイロットの操縦ミスと判明した。副操縦士が自動操縦を使って降下させ、機長は高度を読み上げる代わりに高度警報をセットしていた。しかし最低高度である4300フィートに達した時に設定ミスか何かにより作動せず、そのまま降下し続けた。その結果墜落に至ったと考えられる。またパイロットが使用していた地図にはオイス山もその上に立っていたアンテナも記載されていなかった。

参考文献[編集]

外部リンク[編集]