ブリティッシュ・エアツアーズ28M便火災事故

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ブリティッシュ・エアツアーズ28M便
BrAirtours 28M 8-1988 A.jpg
火災後の事故機
出来事の概要
日付 1985年8月22日
概要 エンジン破損による火災
現場 イギリスマンチェスター国際空港
乗客数 131
乗員数 6
負傷者数
(死者除く)
15
死者数 55
生存者数 82
機種 ボーイング737-236
運用者 ブリティッシュ・エアツアーズ
機体記号 G-BGJL
テンプレートを表示

ブリティッシュ・エアツアーズ28M便火災事故(ブリティッシュ・エアツアーズ28Mびんかさいじこ)とは、1985年8月22日イギリスにあるマンチェスター国際空港で起きた航空事故

概要[編集]

事故機と同型機のボーイング737
誘導路上で燃える28M便

1985年8月22日ブリティッシュ・エアツアーズ[注 1]28M便(KT28M便[注 2]、機材:ボーイング737-236、機体記号:G-BGJL、1981年製造)は乗員6名乗客131名の計137名を乗せ離陸滑走を開始したが直後の午前6時12分に左エンジンが爆発した。 操縦士は離陸を中断し、誘導路上へ移動したが機体が炎上し、乗員乗客55名が死亡、15名が火傷などの重傷を負った。死者について焼死や火傷による死亡は6名のみで有毒な煙による死亡者が大半だった。

事故原因[編集]

左エンジンの第9燃焼器が飛散し燃料タンクを損傷、漏れ出した燃料に引火し火災が発生した。 機体停止後も燃料漏れが続いたため機体にも燃え移り、犠牲者の多くはそれにより発生した有毒ガスで死亡した。また、操縦士がエンジン爆発による衝撃音をタイヤのパンクと誤認し、ブレーキを強くかけなかったため停止までに時間がかかったことや、煙により非常口を開くのに手間取り機内が混乱したことも犠牲者を多くする要因となった。また、逃げ遅れの原因として航空会社側が「脱出時にパニックを想定していなかった」事も挙げられており、脱出しようとする乗客が通路や出口に殺到したため、スムーズな避難が行えなかった。のちに同様の脱出テストを「早く脱出できたものには賞金を与える」との条件で試したところ、本件事故と大差ない状況が再現される結果となった。

乗客の位置。//印が生存者の着席位置で、色は脱出した出口を示す。❌印は犠牲者の着席位置

関連項目[編集]

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 当時ブリティッシュ・エアウェイズ傘下だったチャーターエアライン。度重なる再編の過程でBA傘下を離れ、現在はトーマス・クック航空
  2. ^ KTはブリティッシュ・エアツアーズのIATA航空会社コード

出典[編集]

外部リンク[編集]