マヌエル・ガルシア=ルルフォ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
マヌエル・ガルシア=ルルフォ
Manuel Garcia-Rulfo
Manuel Garcia-Rulfo
生年月日 (1981-02-25) 1981年2月25日(40歳)
出生地 メキシコの旗 メキシコグアダラハラハリスコ州
国籍 メキシコの旗 メキシコ
職業 俳優
ジャンル 映画
活動期間 2006年 -
主な作品
マグニフィセント・セブン
オリエント急行殺人事件
テンプレートを表示

マヌエル・ガルシア=ルルフォManuel Garcia-Rulfo, 1981年2月25日 - )は、メキシコ出身の俳優。主な出演作は『マグニフィセント・セブン』と『オリエント急行殺人事件』。


生い立ち[編集]

メキシコハリスコ州グアダラハラで生まれた。ハリスコ州の牧場で育ち、そこでウマに乗ることを学んだ[1]。ある期間、彼は英語を勉強するためにバーモント州に行っている[2]。映画製作への情熱を実現させる前、彼はバレデアテマジャック大学に通い、そこでコミュニケーションを専攻していた。彼はニューヨークフィルムアカデミーで学んだが、演技のキャリアを続けるためにメキシコに戻ることを決めた[3]

経歴[編集]

初のアメリカ大作映画『ウルティマ、ぼくに大地の教えを』では、ペドロおじさんとして出演した[4]

2016年、彼は『荒野の七人』のリメイクでタイトル・ロールの一人である無法者のバスケスを演じた。バスケス役では、拳銃の扱い方のトレーニングが要求され、彼はそのトレーニングを難しいと思った。しかし、「まめができたが、楽しかった」と述べた[5]

2017年、彼は、ケネス・ブラナー監督の『オリエント急行殺人事件で、ビニアミノ・マルケスを演じた。この人物は、小説「オリエント急行の殺人」に登場するアントニオ・フォスカレリを基にしており、ガルシア=ルルフォのために脚色されたキャラクターである[6]

フィルモグラフィー[編集]

映画[編集]

作品名 役名 備考
2006 Valle de lágrimas ホセ 短編映画
2007 Maquillaje マリオ
2009 One for the Road クリスティアン
2010 180º サルバドール
2011 Poor Soul アラン 短編映画
2013 ウルティマ、ぼくに大地の教えを
Bless Me, Ultima
ペドロおじさん
2014 Cake/ケーキ ~悲しみが通り過ぎるまで~
Cake
アルトゥーロ
2015 Missed Trains 短編映画
2016 デッド・オア・ラン
Term Life
ペドロ
マグニフィセント・セブン
The Magnificent Seven
バスケス
La vida inmoral de la pareja ideal ルシオ
Mexiwood アクセル・ガルシア
2017 オリエント急行殺人事件
Murder on the Orient Express
ビニアミノ・マルケス
2018 ボーダーライン:ソルジャーズ・デイ
Sicario: Day of the Soldado
ガヨ
ロスト・マネー 偽りの報酬
Widows
カルロス・ペレリ
2019 死霊船 メアリー号の呪い
Mary
マイク
2019 6アンダーグラウンド
6 Underground
スリー
2020 グレイハウンド
Greyhound
ロペス 2020年7月10日よりApple TV+で配信
TBA
Sweet Girl
撮影

テレビ[編集]

タイトル 役割 ノート
2011 El encanto del águila パドレ・プロ 1話
2012 Ralph Inc. バリオ・メキシコ 1話
2013 TOUCH/タッチ エステバン神父 1話
Alguien Más ガブリエル 5エピソード
2014-2015 フロム・ダスク・ティル・ドーン シリーズ
From Dusk till Dawn: The Series
ナルシソ・メネンデス 9エピソード
2016 L.A. Series ジュニア テレビ映画
2018 Goliath ガブリエル・オルテガ 6話

引用[編集]

外部リンク[編集]