リンゼイ・デイヴィス (作家)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
リンゼイ・デイヴィス
(Lindsey Davis)
誕生 1949年????
イングランドの旗 バーミンガム
職業 作家
言語 英語
国籍 イギリスの旗 イギリス
活動期間 1989年 -
ジャンル 歴史ミステリ
代表作 密偵ファルコシリーズ
公式サイト http://www.lindseydavis.co.uk/
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

リンゼイ・デイヴィスLindsey Davis1949年 - )は、古代ローマを舞台とした「密偵ファルコシリーズ」で知られる、イギリス歴史ミステリ作家。

経歴[編集]

1949年イングランドバーミンガムで生まれる。オックスフォード大学英文学を学んだ後、公務員となる。13年後に辞職し、執筆したロマンス小説1985年ジョージェット・ヘイヤー歴史小説賞の次席となったのをきっかけに作家になる決意をし、イギリスの女性向け雑誌『ウーマンズ・レルム』 (Woman's Realm) に処女作を執筆した。

幼少期より円錐角膜の症状に罹り、大人になってから角膜移植をした際に「知らない人のおかげで長年の痛みと悩みから解放された。」と述べ、読者らにもドナーカードを持つことを勧めている[1][2]

2009年に発表した"Rebels and Traitors" には、巻頭で「最愛の人リチャード、あなたを偲びこの本を捧げます。(意訳)」と、また自身のウェブサイトでも「2008年10月に逝ってしまったあなたへ。愛するリチャード、あなたのいない生活に慣れつつあります。(意訳)」[3]と、前年に亡くなった夫リチャードへの謝辞が述べられた。出版社のニュースレターでは、「最初に読んでくれたリチャードが感じてくれた『素晴らしい』の一言が私にとっての最大の褒め言葉です。入院中でさえ私の本を読みふけり『もっと持ってきてくれないか』と言っていました。私が彼に伝えてあげられたのは、新作"Rebels and Traitors"ランダムハウス社から出版されることだけでしたから、彼のために必死に書き上げました。(意訳)」[4]と述べた。

執筆業[編集]

歴史や考古学に興味があり、ローマ帝国皇帝ウェスパシアヌスとその情婦アントニア・カエニスを題材とした歴史小説"The Course of Honour" を書くことにしたが、出版社を見つけることができなかった。その後再度挑戦し、古代ローマの“探偵”・マルクス・ディディウス・ファルコ英語版を主人公とした処女作『白銀の誓い』(原題:The Silver Pigs )が1989年に刊行され、歴史ミステリの書き手として成功を収める第一歩となった。これまでに19作出されているファルコシリーズは現在も続いており、出版にこぎつけることができなかった"The Course of Honour" も最終的に1998年に出版された。2009年9月にはイングランド内戦期を舞台とした"Rebels and Traitors" を、2010年6月にはファルコシリーズの新作"Falco: The Official Companion" を、2012年3月には皇帝ドミティアヌスの物語"Master and God" を出版した。

2012年、担当出版社のホッダー&スタウトン (Hodder & Stoughton) とセント・マーティンズ・プレス (St. Martin's Press) は、彼女が新シリーズを執筆中であることを発表した。新シリーズは、ファルコのイギリス生まれの養女フラヴィア・アルバが女探偵として活躍する。第1作"The Ides of April" は2013年4月11日にイギリスでの発売を予定している[5]

数々の文学賞も受賞しており、1997年から翌1998年まで西洋古典学会の名誉会長を務めた。

作品リスト[編集]

密偵ファルコシリーズ[編集]

# 邦題 原題 刊行年
イギリスの旗
刊行年月
日本の旗
訳者 レーベル 日本の旗
1 白銀の誓い The Silver Pigs 1989年 1998年8月 伊藤和子 光文社光文社文庫
2 青銅の翳り Shadows in Bronze 1990年 1999年3月 酒井邦秀
3 錆色の女神(ヴィーナス) Venus in Copper 1991年 1999年9月 矢沢聖子
4 鋼鉄の軍神(マルス) The Iron Hand of Mars 1992年 2000年7月 田代泰子
5 海神(ポセイドン)の黄金 Poseidon's Gold 1993年 2001年4月 矢沢聖子
6 砂漠の守護神 Last Act in Palmyra 1994年 2003年2月 田代泰子
7 新たな旅立ち Time to Depart 1995年 2003年6月 矢沢聖子
8 オリーブの真実 A Dying Light in Corduba 1996年 2004年6月 田代泰子
9 水路の連続殺人 Three Hands in the Fountain 1997年 2004年10月 矢沢聖子
10 獅子の目覚め Two for the Lions 1998年 2005年4月 田代泰子
11 聖なる灯を守れ One Virgin Too Many 1999年 2005年10月 矢沢聖子
12 亡者を哀れむ詩 Ode to a Banker 2000年 2006年4月 田代泰子
13 疑惑の王宮建設 A Body in the Bath House 2001年 2006年11月 矢沢聖子
14 娘に語る神話 The Jupiter Myth 2002年 2007年6月 田代泰子
15 一人きりの法廷 The Accusers 2003年 2007年11月 矢沢聖子
16 地中海の海賊 Scandal Takes a Holiday 2004年 2008年5月
17 最後の神託 See Delphi and Die 2005年 2009年7月
18 Saturnalia 2007年
19 Alexandria 2009年
20 Nemesis 2010年
オムニバス
  • Falco on His Metal (1999)
    • 錆色の女神 Venus in Copper
    • 鋼鉄の軍神 The Iron Hand of Mars
    • 海神の黄金 Poseidon's Gold
  • Falco on the Loose (2003)
    • 砂漠の守護神 Last Act in Palmyra
    • 新たな旅立ち Time to Depart
    • オリーブの真実 A Dying Light in Corduba
関連本
  • Falco: The Official Companion (2010)

その他[編集]

受賞・ノミネート歴[編集]

出典[編集]

  1. ^ Davis, Lindsey (2012年4月7日). “Five-minute memoir: Lindsey Davis on life with her brand new eye”. The Independent. http://www.independent.co.uk/arts-entertainment/books/features/fiveminute-memoir-lindsey-davis-on-life-with-her-brand-new-eye-7618940.html 2012年8月17日閲覧。 
  2. ^ Lindsey's Page: Organ Donor Card Appeal”. The Official Website of Lindsey Davis. 2009年4月29日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2012年8月17日閲覧。
  3. ^ Lindsey's page”. The Official Lindsey Davis Website. 2009年4月29日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2009年9月1日閲覧。
  4. ^ The Lindsey Davis Newsletter, no. 9”. Random House Publishing (2009年1月). 2009年3月31日閲覧。
  5. ^ a b Lindsey's page: Next Book”. The Official Website of Lindsey Davis. 2009年4月29日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2012年8月17日閲覧。 (Copy of publishers' press release)
  6. ^ Lindsey's page: Next book”. Lindsey Davis website. 2009年4月29日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2011年4月4日閲覧。
  7. ^ The Dagger in the Library”. CWA. 2012年8月17日閲覧。
  8. ^ The Ellis Peters Historical Award”. 2013年11月7日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2012年8月17日閲覧。
  9. ^ [1]
  10. ^ Management Committee”. Society of Authors. 2010年11月3日閲覧。
  11. ^ Allen, Katie (2011年1月25日). “Davis to be awarded Cartier Diamond Dagger Award”. The Bookseller. http://www.thebookseller.com/news/davis-be-awarded-cartier-diamond-dagger-award.html 2011年1月26日閲覧。 

外部リンク[編集]