H・R・F・キーティング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
H・R・F・キーティング
H. R. F. Keating
ペンネーム イヴリン・ハーヴェイ
誕生 ヘンリー・レイモンド・フィッツウォルター・キーティング
Henry Reymond Fitzwalter Keating
1926年10月31日
イギリスの旗 イースト・サセックスヘイスティングス
死没 (2011-03-27) 2011年3月27日(満84歳没)
イギリスの旗 ロンドン
職業 推理作家
言語 英語
国籍 イギリスの旗 イギリス
最終学歴 トリニティ・カレッジ
活動期間 1959年 - 2011年
代表作 『パーフェクト殺人』(1964年)
主な受賞歴 ゴールド・ダガー賞
1964年 パーフェクト殺人
エドガー賞 評論賞
1979年 シャーロック・ホームズ 世紀末とその生涯
デビュー作 "Death and the Visiting Firemen" (1959年)
配偶者 シーラ・ミッチェル(女優)
テンプレートを表示

H・R・F・キーティングHenry Reymond Fitzwalter "Harry" Keating1926年10月31日2011年3月27日[1])は、イギリス推理作家。代表作は、インドを舞台にガネッシ・ゴーテ警部が活躍するシリーズ[1]

経歴[ソースを編集]

1926年イースト・サセックス州ヘイスティングス西部の町、セント・レナーズ・オン・シーに生まれたキーティングは、家族や友達から「ハリー」と呼ばれながら育ち、8歳の頃に初めて物語を書いた。ロンドンマーチャント・テイラーズ・スクールに通い、ダブリントリニティ・カレッジに進学した[2]1956年デイリー・テレグラフ紙にジャーナリストとして勤めるためにロンドンへ引っ越す。タイムズではミステリの書評家として15年間勤めた。1970年から1971年まで英国推理作家協会の会長を務め、1983年から1984年まで作家の労働組合であるソサエティ・オブ・オーサーズのチェアマンを務めたほか、1985年から2000年までディテクションクラブの会長を務めた。王立文学協会の会員でもあった。

1995年、ジョージ・N・ダブ賞を受賞。1996年、推理小説の分野への貢献を評され、英国推理作家協会よりダイヤモンド・ダガー賞を授与される。脚本家や書評家として活躍したほか、アガサ・クリスティーの伝記なども執筆した。

2006年の80歳の誕生日に、ディテクションクラブのメンバーがアンソロジー"Verdict of Us All" で祝福した。2011年3月27日に他界するまで、妻で女優のシーラ・ミッチェルとロンドンで暮らした。

作品[ソースを編集]

初期の作品[ソースを編集]

キーティングが初期に発表した4編はゴランツ社から出版された。1963年に発表した5作目の『ふとった神の死』(原題:Death of a Fat God )からはコリンズ・クライム・クラブに移り、約20年間同社から作品を出した。

ゴーテ警部シリーズ[ソースを編集]

ガネッシ・ゴーテ警部は、ボンベイ警察の主任警部で、26編の小説に登場する。初登場は『パーフェクト殺人』(1964年)で、同作はゴールド・ダガー賞を受賞したほか、1966年エドガー賞 長編賞にノミネートされた。マーチャント・アイボリー社製作で1988年映画化された。キーティングは2000年に刊行された"Breaking and Entering" でシリーズ最終作にするつもりだったが、2008年"Inspector Ghote's First Case" に再び登場した。

このシリーズはインドを舞台としているが、キーティング自身はシリーズ執筆開始後10年経つまで同地を訪れたことはなかったという。

  • パーフェクト殺人 The Perfect Murder (1964)
  • ボンベイの毒薬 Inspector Ghote's Good Crusade (1966)
  • ゴーテ警部罠にかかる Inspector Ghote Caught in Meshes (1967)
  • Inspector Ghote Hunts the Peacock (1968)
  • Inspector Ghote Plays a Joker (1969)
  • Inspector Ghote Breaks an Egg (1970)
  • Inspector Ghote Goes by Train (1971)
  • Inspector Ghote Trusts the Heart (1972)
  • Bats Fly Up for Inspector Ghote (1974)
  • Filmi, Filmi, Inspector Ghote (1976)
  • Inspector Ghote Draws a Line (1979)
  • The Murder of the Maharajah (1980)
  • Go West Inspector Ghote (1981)
  • The Sheriff of Bombay (1984)
  • 雨に濡れた警部 Under a Monsoon Cloud (1986)
  • The Body in the Billiard Room (1987)
  • Dead on Time (1988)
  • The Iciest Sin (1990)
  • Inspector Ghote, His Life and Crimes (1989) - 短編集
    • ゴーテ警部とテスト・マッチ Inspector Ghote and the Test Match
    • ゴーテ警部と奇跡の赤ん坊 Inspector Gothe and the Miracle Baby
    • The Not so Fly Fisherman
    • The River Man
    • ゴーテ警部とイギリス人著名作家 Inspector Ghote and the Noted British Author
    • The Wicked Lady
    • The Cruel Inspector Ghote
    • Murder Must Not ay All Advertise, Isn't It?
    • The All Bad Hat
    • Hello, Hello, Inspector Ghote
    • 口を経てはいけません Nil by Mouth, Inspector Ghote
    • A Present from Santa Sahib
    • 盗まれた女神 The Purloined Parvati and Other Artefacts
    • Light Coming
  • Cheating Death (1992)
  • Doing Wrong (1993)
  • Asking Questions (1996)
  • Bribery, Corruption Also (1999)
  • Breaking and Entering (2000)
  • en:Inspector Ghote's First Case (2008)
  • A Small Case for Inspector Ghote? (2009)

イヴリン・ハーヴェイ名義[ソースを編集]

1980年代半ば、キーティングはイヴリン・ハーヴェイという別名を用いて3編の小説を出版した。

  • The Governess (1983)
  • The Man of Gold (1985)
  • Into the Valley of Death (1986)

ハリエット・マーチンズ・シリーズ[ソースを編集]

ハリエット・マーチンズは、イギリスの警察内で生き抜く男勝りな様子から"The Hard Detective" の異名を取る巡査。その粘り強さで街の犯罪減少に貢献したが、犯人の怒りは彼女の仲間に向かい、仲間が殺される事態にまで発展した。2作目ではイギリスのトップテニスプレイヤーの殺人事件捜査中に同僚に恋をする。3作目では脅されながらも仕事をすることで、自身の価値を証明した。

  • The Hard Detective (2000)
  • A Detective in Love (2001)
  • A Detective Under Fire (2002)
  • The Dreaming Detective (2003)
  • A Detective at Death's Door (2004)
  • One Man and His Bomb (2006)
  • Rules, Regs and Rotten Eggs (2007)

その他の作品[ソースを編集]

  • Death and the Visiting Firemen (1959) - デビュー作
  • Zen There Was Murder (1960)
  • A Rush On the Ultimate (1961)
  • The Dog It Was That Died (1962)
  • Death of a Fat God (1963)
  • 運命は皮一重 Is Skin-Deep, Is Fatal (1965)
  • The Strong Man (1971)
  • The Underside (1974)
  • A Remarkable Case of Burglary (1975)
  • 名探偵登場 Murder by Death (1976) - ニール・サイモン脚本の同名映画のノベライズ
  • A Long Walk to Wimbledon (1978)
  • マハーラージャ殺し The Murder of the Maharajah (1980)
  • Mrs. Craggs: Crimes Cleaned Up (1985); short story collection
  • The Rich Detective (1993)
  • The Good Detective (1995)
  • The Bad Detective (1996)
  • The Soft Detective (1997)
  • In Kensington Gardens Once... (1997) - 短編集
  • Jack the Lady Killer (1999)

ノンフィクション[ソースを編集]

  • Murder Must Appetize (1975)
  • シャーロック・ホームズ―世紀末とその生涯 Sherlock Holmes, the Man and His World (1979)
  • Great Crimes (1982)
  • ミステリの書き方 Writing Crime Fiction (1986) - 1994年に改訂
  • 海外ミステリ名作100選 Crime and Mystery: the 100 Best Books (1987)
  • The Bedside Companion to Crime (1989)

出典[ソースを編集]

  1. ^ a b Laura Roberts (2011年3月29日). “HRF Keating dies at 84”. The Telegraph. 2014年3月15日閲覧。
  2. ^ Mike Ripley (2011年3月28日). “HRF Keating obituary”. The Guardian. 2014年3月15日閲覧。

外部リンク[ソースを編集]