ブリップ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
トミー・ブリップ
Tomy-Blip.jpg
Tomy Blip
メーカー トミー工業
種別 携帯型
発売日 1977年
テンプレートを表示

ブリップ(Blip)とは、トミー工業(現タカラトミー)が1977年に発売した携帯型ゲーム機

ゼンマイ式のポンテニスクローンである。

概要[編集]

設計者はHikoo Usami。

1975年に発売されたAtariホーム・ポンの大ヒットを受け、エポック社テレビテニス任天堂テレビゲーム15を筆頭に多くの玩具メーカーから「ポンクローン」と呼ばれるポンのコピーゲーム・亜流ゲームがリリースされた。1977年に発売されたトミー・ブリップもその内の一つであるが、テレビに接続してプレイするゲーム機とは違って携帯型ゲーム機となっており、単体でポンテニスが楽しめる。

外箱には"The Digital Game"と表記されているが、実際はゼンマイを動力としており、CPUどころかLSIすら使用していない。よって厳密には携帯型ゲーム機どころか電子ゲーム機ですらない。

ブリップは海外でも"Blip"の名で発売された。アメリカで大ヒットし、1977年のクリスマスシーズンに大量に販売された。

ゲームプレイ[編集]

プラスチック製の本体の中央に透明なスクリーン(もちろんディスプレイではなく単なるプラスチックの板)が搭載されており、フィールドを分割するラインが引かれている。本体にはプレイヤー数選択ボタン(1人プレイ・2人プレイ)、タイマーダイヤル(ゼンマイ)、3つのサーブボタンが搭載されている。ポンのパドルに当たる部分は3分割され、それぞれの横に1・2・3の文字が表示されたサーブボタンがある。ボールが飛んでくると予測された部位のボタンを押すとボールは相手方にサーブされる。予測が外れるとミスとなり、相手にスコアが入る。本体裏面にはスコアカウンターを回すためのダイヤルと電池ボックスがある。

本体内部ではボールに相当するLEDライトが搭載されたアームが歯車(ギア)で駆動しており、ぜんまいばねを動力にして動作する。アームはランダムに動作するため、ボールを打ち返すにはかなりの反射神経が要求される。動作には電池が必要とされているが、電池はあくまでLEDライトを光らせるためだけに存在するため、周りの明るさによっては電池無しでもプレイが可能である。

ゲームはゼンマイが切れるか、どちらかのプレイヤーが10ポイントを獲得すると終了する。

参照[編集]