パブロ・エスコバル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
パブロ・エスコバル
生誕 1949年12月1日
コロンビアの旗 コロンビア リオネグロ
死没 1993年12月2日(満44歳没)
コロンビアの旗 コロンビア メデジン
職業 犯罪者テロリスト実業家政治家
配偶者 あり

パブロ・エミリオ・エスコバル・ガビリア (Pablo Emilio Escobar Gaviria、1949年12月1日 - 1993年12月2日) は、コロンビア犯罪組織指導者。サッカークラブのアトレチコ・ナシオナルの元オーナー。

概要[編集]

エスコバルはコロンビア最大の麻薬密売組織「メデジン・カルテル」を創設し、「麻薬王」として世界中に悪名を轟かせた。世界最大の麻薬消費国であるアメリカをはじめ世界中でコカインを密売し世界有数の大富豪の一人に上りつめた。

エスコバルの命令によって400人以上の人が殺されたと言われているため、コロンビアやアメリカでは、「史上最も凶悪非情な野心に満ちた麻薬王の一人」として知られている。大富豪であったエスコバルは自宅に飛行場、私設軍隊、動物園まで所有していた。ボニーとクライドが乗ったとされる車やクラシックカーも所有していた。

自身はコカインはいっさい嗜まず大麻を愛用した。

生涯[編集]

メデジン・カルテル[編集]

メデジンの中流家庭に育った少年エスコバルは、頭の良い家族思いのやさしい子供で、父は畜産業、母は教師であったが、10代で墓石を盗み墓碑名を消して転売したのを皮切りに高校を中退、犯罪に目覚め自動車盗、強盗誘拐殺人に手を染め始めた。その後、コカイン取引が金になることを知って、1970年代までにメデジン・カルテルを築きあげた。

カルテルの拡大[編集]

1980年代、メデジン・カルテルは販売ルートを拡大して、ペルーボリビアから持ち込んだ良質のコカインをメキシコプエルトリコドミニカに売り込んだ。その後も販売ルートを拡大して、南北アメリカ大陸や一部アジアとも取引するようになりコロンビア政府やアメリカ政府と激しく対立するようになる。

最盛期のメデジン・カルテルは、世界のコカイン市場の8割を支配し年間最大250億ドルの収入を得ていたと見積もられ、エスコバル自身も世界で7番目の大富豪としてフォーブス誌に取り上げられたこともある。エスコバルはコロンビア政府やアメリカ政府の敵であったが、貧困層の住宅建設、サッカースタジアム建設などの慈善事業に熱心で、無知で無学な貧困層を中心とした一部のメデジン市民の支持を得て彼らの英雄となった。

援助を受けたメデジン市民の中には、自ら警護役や見張役をかって出てエスコバルの身を官憲から守る者もいた。1982年には与党・コロンビア自由党英語版に所属する上院議員となったが、翌1983年にはカルテルとの関係が露見し職を追われた。

テロ[編集]

1980年代後半、コカイン流入に頭を痛めたアメリカ政府は、「エスコバルの引渡しとアメリカ国内での裁判」を条件にコロンビア政府と協定を結んだ。これに激しく反発したエスコバルは「plata o plomo (直訳すると「か」、意訳すれば「お金銃弾か」)と称し、政治家・役人・裁判官への贈賄工作を活発化させる一方、敵対者への暗殺テロを敢行した。1985年に発生した左派ゲリラによるコロンビア最高裁占拠事件はエスコバルの関与が噂された。

さらに1989年、メデジン・カルテルは、ルイス・カルロス・ガラン・サルミエントら大統領候補者3人の暗殺、アビアンカ航空機203便の爆破、ボゴタの治安ビルの爆破などのテロ行為を実行している。そしてライバル組織であるカリ・カルテルとの抗争も激化し、メデジン周辺は無政府状態に陥った。

「刑務所」への収監[編集]

1991年、政府や敵対者との抗争に疲れたエスコバルは、5年の服役とアメリカへの引渡忌避を条件にコロンビア政府と合意すると、「ラ・カテドラル(La Catedral、教会の意)」または「オテル(ホテル)・エスコバル」と称されるエスコバル個人用の豪華な設備を備えた刑務所(この収監先の刑務所施設自体が以前にエスコバルの寄付により建設されたものだった)に収監された。サッカー場やディスコさえ備えられていた「ラ・カテドラル」での生活は快適で、エスコバルは今までどおり組織に指示を与え、メデジン市内に外出しては買い物やパーティー、サッカー見物を楽しんだ。

しかし1992年にエスコバルが刑務所内で2件の殺人事件を起こし(殺された2人の内、1人はエスコバルの幼馴染だった。幼馴染の友人は、囚人の前で幼馴染であるエスコバルに気安い態度を取り、それに激昂したエスコバルが男性を射殺した)、事件が表面化すると、さすがに世論も沸騰、及び腰だった政府も動き、別の刑務所への移管が計画された。1992年7月22日移管の日、エスコバルは刑務官の前を堂々と歩いて刑務所を出ると、移管先の刑務所に向かわず、そのままメデジン市中に姿を隠した。

殺害[編集]

潜伏したエスコバルは、コロンビア政府、アメリカのデルタフォース、カリ・カルテルに追われる身となったが、独裁的なエスコバルの追い落としを目的とする「Los Pepes(パブロ・エスコバルに虐待された人々)」と称する闇のグループからもつけ狙われた。「Los Pepes」は、エスコバルの家族や手下300人以上を殺害してメデジン・カルテルに大打撃を与えた。犯行現場には必ず「Los Pepes」の署名を残したという。エスコバルは味方には多くの恩恵を与えたが、敵対者を殺害する前に指を切り落とすなどの残虐行為を犯したため、多くの人々の恨みもかっていた。その後、「Los Pepes」は、敵対するカリ・カルテルが組織したグループだと判明し、市民は愕然とした。

しかしながら「Los Pepes」の身元に関しては明確な証拠がなく、カリ・カルテル出自のものであるという確認もなく、軍と警察を支援していたデルタフォースの関与も取りざたされているが真偽の程は明らかではない。確かなのは争いが激しさを増す状況でエスコバル身中の人々の殺害を積み重ねて行くだけの組織的な実行力を備えていたということである。これらに関してはナショナルジオグラフィックチャンネルで放映された Situation Critical シリーズの「Hunting Pablo Escobar」でも触れられており、デルタフォースの関与を危惧したアメリカ政府による懸念も伝えられている。

その後政府はエスコバルの一部の家族の身柄を確保し、さらに1993年12月2日、コロンビア治安部隊の電波調査斑が、メデジンの中産階級住宅街の隠れ家から息子と携帯電話で通話するエスコバルの居場所を突き止め、治安部隊の特捜チームが突入して屋根の上に逃れたエスコバルに一斉射撃を加えて殺害した。エスコバルの脚と背中、さらに耳の後ろに致命傷の銃弾痕が残っていたという。

なお、「密かに出動していたデルタフォースの狙撃手がエスコバルを仕留めた」と信じる者や、「自殺した」と信じる者、さらには、「射殺されたのは別人でエスコバルは逃走して優雅な生活を続けている」と信じる者がいる。エスコバルは死によって伝説化され、今でもメデジンの英雄として信望する者が多い。エスコバルの妻子は敵対者の報復を恐れて各地を転々としたが、現在、名前を変えてアルゼンチンに住んでいるという。

遺体の確認[編集]

発掘に反対していた母エルミルダ・ガビリアの死後2日経った2006年10月28日エスコバルの遺体が甥のニコラス・エスコバルの要請で掘り出され、遺体が実際にエスコバルのものであったことが確められ、DNAも採取された。エル・ティエンポ紙の報道によれば、エスコバルの先妻マリア・ビクトリアは、ビデオカメラで発掘を記録していた。家族の何人かは、エスコバルが自殺したと信じている。[1][2]

死後[編集]

エスコバルの死後、メデジン・カルテルは分断され、そのリーダー達も1990年代半ばまでに殺害または逮捕され、現在、コカイン市場はカリ・カルテルの支配下に移っている。エスコバル亡き現在、コカインの単価は低下し取引量は増加の一途をたどっている。

伝記、映画[編集]

「エスコバル狩り」はマーク・ボウデンの著書『 Killing Pablo 』として刊行され、この本に基づく同名映画の公開が2009年に予定されている。[1]

脚註[編集]

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]