ソアチャ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ソアチャ

Soacha
自転車用道路
自転車用道路
ソアチャの旗
ソアチャの紋章
紋章
標語: 
ラテン語: Sol omnibus lucet
太陽は皆の上に平等に降り注ぐ
クンディナマルカ県のソアチャ市の位置
クンディナマルカ県のソアチャ市の位置
ソアチャの位置(コロンビア内)
ソアチャ
ソアチャ
クンディナマルカ県のソアチャ市の位置
座標:北緯04度35分14秒 西経74度13分17秒 / 北緯4.58722度 西経74.22139度 / 4.58722; -74.22139座標: 北緯04度35分14秒 西経74度13分17秒 / 北緯4.58722度 西経74.22139度 / 4.58722; -74.22139
コロンビアの旗 コロンビア
Flag of Cundinamarca.svgクンディナマルカ県
ソアチャ郡英語版
建設 1600年8月15日
創設者 Luis Enríquez
行政
 • 種別
 • 市長 Eleázar González Casas
(2016-2019)
面積
 • 市 184.45km2
 • 都市
19km2
標高
2,565m
人口
 • 市 516,400人
族称 Suachuno
市外局番 57 + 1
ウェブサイト Official website

ソアチャ(スペイン語:Soacha)は、コロンビアクンディナマルカ県の都市。 2016年の人口は51万6400人[1]。 首都ボゴタバラと考えられているが、公的には自治体である。 重要な工業地帯が有り、ベッドタウンでもある。

人口[編集]

語源[編集]

「Soacha」はチブチャ語の「Súa」(スエ英語版)と、「chá」(男)を合わせた言葉で、「太陽の男」となる。 元々は「Suecha」と綴られたが、後に「Soacha」に変わっていった[2]

歴史[編集]

紀元前800年頃~800年頃のエレーラ時代英語版に人が住み始めた。

1450年1540年ムイスカ連合英語版時代には、重要な村になった。 これはムイスカ人スペインコンキスタドールに土地を奪われるまで存在した緩い国家連合である。 ソアチャはボゴタ政府の支配下にあった。

1600年8月15日、スペイン人が新たにソアチャを建設した。

1989年8月18日、大統領選の中でルイス・カルロス・ガラン・サルミエント大統領が複数の殺し屋に殺害された。 メデジン・カルテルパブロ・エスコバルの組織の犯行だった。

同年11月27日アビアンカ航空203便英語版が墜落し、乗客全員とソアチャ市民3人が死亡した。 これもパブロ・エスコバルの組織が搭乗予定のセサル・ガビリア大統領候補を殺害する為に行った。 ガビリアは事前に搭乗を取りやめており、翌年大統領になった。

2008年偽陽性醜聞英語版が明らかになった。 ソアチャで仕事を紹介された22人の男性が、数百km離れた場所で遺体で見つかった事で発覚した。 殺害したのは国軍で、戦闘で殺害したゲリラと偽って政府に報告し、戦果を水増ししていた[3]

2010年下位中産階級を対象とした開発計画の「Ciudad Verde」(緑の都市)が始まった。完了予定は2016年末である。

著名人[編集]

写真[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]