ナルコス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ナルコス(Narcos)
Narcoslogo.jpg
ジャンル 犯罪ドラマ
製作者 クリス・ブランカトー
カルロ・バーナード
ダグ・ミロ
アナブ・カーン
脚本 クリス・ブランカトー
ディレクター ジョゼ・パジーリャ
出演者 ボイド・ホルブルック
ペドロ・パスカル
ヴァグネル・モウラ
ダミアン・アルカザール
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
 コロンビア
言語 英語
スペイン語
シーズン数 3
話数 30
製作
製作総指揮 クリス・ブランカトー
エリック・ニューマン
カルロ・バーナード
ダグ・ミロ
プロデューサー ホセ・ルイス・エスコラー
ジョゼ・パジーリャ
放送時間 43–57 minutes
製作会社 Gaumont International Television
放送
放送局 Netflix
放送期間 2015年8月28日 (2015-08-28) – 配信中

『ナルコス』(Narcos)はアメリカ合衆国で製作されたドラマシリーズである[1]ネットフリックス制作のオリジナルドラマ[2]で、コロンビアでアメリカ合衆国に麻薬を供給する麻薬組織とアメリカから派遣された麻薬取締捜査官達の戦いを実話に基づいて描く。スティーブ・マーフィーもハビエル・ペーニャも実在の人物である。本国では2015年8月28日より配信が開始され、日本では2015年9月1日から配信が開始された。シーズン2は、2016年9月2日に配信された。2016年9月6日、シーズン3および4の製作が発表された[3]。シーズン3は2017年9月1日に配信された。シーズン4は"Narcos:Mexico"と題される。

スペイン語圏が舞台のためスペイン語が使われる場面が非常に多いことが特徴。

あらすじ[編集]

1980年代、アメリカは麻薬問題に悩まされ、麻薬取締局は要員を生産国に送り込み、現地の当局と協力して解決を試みる。だがしばしば現地の政府・軍・警察は麻薬組織と結びついて腐敗し、取り締まりは困難を極める。

シーズン1[編集]

コロンビアで麻薬密売組織「メデジン・カルテル」を創設したパブロ・エスコバルは麻薬によって莫大な富を築きあげ権力を掌握しようと試みる。

シーズン1は1970年代後半から1992年の7月までのパブロ・エスコバルの人生を追う。ドラマはこの期間にコロンビアで起きた主な出来事とエスコバルとの関係を、コロンビアに駐在するDEAスティーブ・マーフィーの目を通して描く。シリーズ冒頭で、エスコバルはコロンビアのコカイン取引に手を染める。当初、エスコバルはアルコール、タバコ、そして家電などの禁制品を運ぶ闇市場の商人であった。追放されたチリ人の化学者であるモレノと出会い、モレノが製造を、エスコバルが販売を担当することで二人はコカインの事業を始める。事業はやがてモレノの小さな工場の製造能力を超えることとなり、レインフォーレストに大きな工場を建て、マイアミに運んで売ることになる。エスコバルは需要にこたえてさらに大きな工場とアメリカへの配送ルートを整える。アメリカでのコカインの売り上げが爆発的に増えるにつれて、アメリカからコロンビアには大金が流れ込み、アメリカではコカインによる暴力事件が急増する。問題を解決するため、アメリカ政府はDEAから特命チームをコロンビアに送り込む。ナレーターであるスティーブ・マーフィーはスペイン語に堪能なハビエル・ペーニャとチームを組む。チームはコロンビア政府の法律執行組織と共同して、アメリカへのコカイン流入を阻止しようとする。シリーズ最後に、エスコバルは刑務所を脱走する。

シーズン2[編集]

シーズン2はシーズン1の直後から始まり、コロンビアを舞台とし、引き続きマーフィーとペーニャを中心としたアメリカ人とコロンビア人からなる麻薬取締チームとエスコバルの戦いを描く。刑務所を脱走したエスコバルは特捜隊から逃れて隠れ住む。エスコバルを倒すため、アメリカ合衆国は新しい大使を送り込み、CIAが作戦に参加する。エスコバルと政府との間の武力抗争は激化し、カリージョは殺される。エスコバルに敵対する武装自警団ロス・ペペス英語版が作られ、カリ・カルテルと協力する。ペーニャはひそかにロス・ペペスに情報を流す。手下や友人たちを次々と殺され、逮捕され、あるいは裏切られ、カリ・カルテルの勢力が増すにつれエスコバルは次第に追いつめられる。家族を国外に逃がすことに失敗し、爆破テロを起こして国民の怒りを買う。内通が露見したペーニャはアメリカに召喚される。エスコバルは家族との無線通話が傍受されて隠れ家が突き止められ、特捜隊に包囲され、逃亡を図るがマーフィーの目の前で射殺される。妻のタタは夫の遺言でライバルのカリ・カルテルを頼る。アメリカに戻ったペーニャはカリ・カルテルについての情報提供を求められる。

シーズン3[編集]

コロンビアではメデジン・カルテルが崩壊したため、ヒルベルトとミゲルのロドリゲス兄弟が率いるカリ・カルテルが急速に勢力を伸ばす。マーフィーは帰国し、ペーニャがDEAのチームを率いてカリ・カルテルを次の標的とする。当初カリ・カルテルは買収・恐喝・盗聴など非暴力的な手段で組織防衛を図る。標的となったことを知ったヒルベルトは幹部を集め、半年後に麻薬から手を引くと発表する。癒着した政府と交渉し、最小限の処罰と引き換えに膨大な財産は保持するつもりだと言う。だがヒルベルトが逮捕されると、弟のミゲルは警備責任者の粛清とライバル組織である"バジェ北部"との激しい抗争を始める。嫌気がさした新警備責任者のホルヘは、DEAに内通し、ミゲルの逮捕を助ける。残りのカルテル幹部は寛大な処置を期待して自首する。コロンビア大統領までがカリ・カルテルの献金を受け取って癒着し、カルテル幹部はすぐに出所できることが確実となる。だがDEAチームはホルヘの助力で会計責任者のパロマリの身柄を確保してカルテルの実態を明らかにし、ペーニャはカルテルとコロンビア政府が癒着していたこと、アメリカ政府がそれを黙認していたことを証言する。コロンビア政治は大混乱となり、ロドリゲス兄弟はアメリカに送還され、残りの幹部は"バジェ北部"などに殺され、カリ・カルテルは壊滅する。ホルヘはアメリカ国内の証人保護プログラムの下で逼塞する。ペーニャはDEAを辞職するが、次にメキシコでの仕事を提案される。

シーズン3で、ペーニャがカリ・カルテルの取り締まりに従事したのはフィクションであり、現実のペーニャはこの時期にはコロンビアを離れている[4]

シーズン4[編集]

シーズン4は"Narcos:Mexico"と改題される[5]。キャストを一新し舞台をコロンビアからメキシコに移し、1970年後半から1980年にかけて、メキシコ・グアダラハラ市に拠点を置き、アメリカにヘロインやマリファナを密輸していたグアダラハラ・カルテルについて描いていくという。

キャスト[編集]

アメリカ人[編集]

スティーブ・マーフィー  
演:ボイド・ホルブルック(日本語版吹替:小川輝晃)
DEA(麻薬取締局)捜査官。シーズン1-2の主人公であり物語の語り手。元々はマイアミ勤務だったが、麻薬流通の出所を突き止めるためにコロンビアへ赴任する。(シーズン1-2)
ハビエル・ペーニャ
演:ペドロ・パスカル(日本語版吹替:鶴岡聡)
ヒスパニック系でスペイン語に堪能なDEA捜査官。シーズン1-2ではコロンビアでのマーフィーの相棒、女好きだが人情に厚く情報提供者の出所をもらさない等口は堅い。シーズン3では主人公兼語り手となる。(シーズン1-3)
コニー
演:ジョアンナ・クリスティ(日本語版吹替:山像かおり)
マーフィーの妻。看護師。(シーズン1-2)
ヌーナン大使
演:ダニエル・ケネディ(日本語版吹替:滝沢ロコ)
アメリカのコロンビア大使(シーズン1)
メジャー・ウィセッション
演: パトリック・セント・エスプリト
共産主義者と戦うアメリカ海兵隊員(シーズン1-2)
クロスビー大使
演 : ブレット・カレン
アメリカのコロンビア大使でヌーナンの後任。
海軍出身。(シーズン2-3)
クラウディア・メッシーナ
演:フロレンシア・ロザーノ
マーフィー、ペーニャが所属する、DEA(麻薬取締局)の上司。(シーズン2)
ビル・シュテックナー
演:エリック・ラング
CIAコロンビア支局長(シーズン2-3)
クリス・ファイストル
演:マイケル・スタル・デイビット
新人のDEA捜査官。ペーニャの指示でカリに行く。(シーズン3)
ダニエル・ヴァンネス
演:マット・ウィーラン
クリスの相棒。チリに派遣された事がある。(シーズン3)
ダフィー捜査官
演:シェー・ウィガム
DEA捜査官。コロンビア政府に許可を取らず捜査を行い、アメリカに帰還させられる。(シーズン3)
バリー・シール
演:ディラン・ブルーノ
アメリカ人パイロット。TWAのパイロットからCIAに転身し、メデジン・カルテルの指示で大量のコカインをルイジアナ州に密輸する運び屋。

コロンビア人[編集]

オラシオ・カリージョ
演:モーリス・コンプト(日本語版吹替:小林親弘)
コロンビア軍大佐。パブロを追い詰める為に結成された特捜隊の隊長。パブロを倒す為には手段を選ばない。(シーズン1-2)
トルヒーリョ
演:ホルヘ・モンテロッサ
カリージョの部下のコロンビア軍兵士。
家族や同僚をカルテルに殺害されており、復讐を誓っている。(シーズン1-3)
ヒューゴ・マルティネス
演:ファン・パブロ・シュク
コロンビア軍大佐。特捜隊指揮官カリージョの後任。(シーズン1-3)
エリサ
演:アナ・デ・ラ・レゲラ(日本語版吹替: 行成とあ)
コロンビアの過激派組織「M-19」のメンバー
コニーの勤める病院で看護師をしている。(シーズン1)
セサル・ガビリア
演:ラウル・メンデス(日本語版吹替: 川島得愛)
大統領候補ガランの補佐官のちに大統領
エドゥアルド・サンドバル
演:マロノ・カルドナ(日本語版吹替: 烏丸祐一)
ガビリアを補佐する副大臣。パブロが死んでコロンビアが平和になる事を願っている。
ルイス・カルロス・ガラン・サルミエント
演:フアン・パブロ・エスピノザ
大統領選挙の最中にボゴタ近郊を遊説中、メデジン・カルテルのシカリオにマシンガンなどで銃撃され射殺される。(シーズン1)
アナ・ガビリア
演:ベラ・メルカード
セサルの妻。(シーズン1)
ソブリーノ
演:サルバドール・デル・ソーラー
コニーの勤める病院の牧師。(シーズン1)
マリッツァ
演:マルティナ・ガルシア
リモンの幼馴染。(シーズン2)
カルロス・カスターニョ
演:マウリヒオ・メヒア
コロンビアの準軍事組織「AUC」を率いる兄弟の弟。過去、父親をゲリラに殺害されたことから、ゲリラ容疑者を容赦なく殺害する。
自警団「ロス・ペペス」を統率し、メデジン・カルテルを追い詰める(シーズン2)。
フィデル・カスターニョ
演:グスタボ・アンガリータJr
コロンビアの準軍事組織「AUC」を率いる兄弟の兄。弟と同様、「ロス・ペペス」を統率する(シーズン2)。
ナベガンテ
演:フアン・セバスティアン・カルロ
カルテルを渡り歩く残忍かつ凶暴なシカリオ。シーズン3ではカリカルテルに所属していた。激高しない、子分を使わない、カルテルに身を置きつつも薬物に関係しないなど、他のシカリオとはかなり異質な描かれ方をしている。(シーズン1-3)

メデジン・カルテル[編集]

パブロ・エスコバル
演 - ヴァグネル・モウラ(日本語版吹替 - なし)
コロンビア最大の麻薬密売組織「メデジン・カルテル」を創設し、「麻薬王」として世界中に悪名を轟かせる。世界最大の麻薬消費国であるアメリカをはじめ世界中でコカインを密売し世界有数の大富豪の一人に上りつめる。(シーズン1-2)
タタ
演:パウリナ・ガイタン
パブロの妻(シーズン1-2)
エルミルダ
演:パウリナ・ガルシア
パブロの母親。(シーズン1-2)
グスタボ・ガビリア
演:フアン・パブロ・ラバ
パブロの従兄弟であり、メデジン・カルテルの財務責任者であり、組織の頭脳。(シーズン1)
ロベルト「ポイズン」ラモス
演:ジョルジ・ヒメネス
メデジン・カルテルのシカリオ。命令には忠実だが残忍な性格で罪に対する罪悪感は無に等しく、当たり前のように人を殺害する。(シーズン2)
ラ・キカ
演:ディエゴ・カターノ
メデジン・カルテルのシカリオ。(シーズン1-2)
リモン
演:レナール・ゴメス
ラ・キカの友人でタクシー運転手。後にカルテルのシカリオになる。(シーズン2)
ベラスコ
演:アレハンドロ・ビトラゴ
パブロの側近。(シーズン1-2)
ブラッキー
演:ジュリアン・ディアス
パブロの部下。複数のテロ事件に関わる。(シーズン1-2)
ヴァレリア
ジャーナリストでエスコバルの愛人。(シーズン1-2)
フェルナンド
演:ブルーノ・ビチル
エスコバルの弁護士(シーズン1-2)
ジュディ・モンカダ
演:クリスティーナ・ウマーナ
かつてはメデジン・カルテルの一員。エスコバルに夫を殺されたのちはカリ・カルテルおよび自警団ロス・ペペスと組んでエスコバルに敵対する。(シーズン1-2)
ゴンサロ・ロドリゲス・ガチャ
演:ルイス・ガスマン
コロンビアの麻薬密売人でカウボーイハットを被っている。凶暴な性格で例えパートナーだとしても始末するなど悪名高い人物。カリージョの同僚や警察関係者を大勢殺害している。(シーズン1)

カリ・カルテル[編集]

ヒルベルト・ロドリゲス
演:ダミアン・アルカザール
カリ・カルテルの指導者。パブロのライバル。(シーズン2-3)
ミゲル・ロドリゲス
演:フランシスコ・デニス
ヒルベルトの弟でカリ・カルテルのナンバー2。(シーズン2-3)
パチョ・エレラ
演:アルベルト・アンマン
カリ・カルテルの流通と警備担当幹部で同性愛者。 (シーズン1-3)
アルバロ・エレラ
演:
パチョの弟
ホルヘ・サルセド
演:マティアス・ヴァレラ
警備責任者。(シーズン3)
ギジェルモ・パロマーリ
演:ハビエル・カマラ
会計責任者。(シーズン3)
チェペ・サンタクルス・ロンドーニョ
演:ペピ・ハパゾティ
NY担当の幹部。(シーズン3)
ダビド・ロドリゲス
演:アートゥロ・カストロ
ミゲルの息子。ホルヘと警備責任者の座を争う。(シーズン3)
フランクリン・フラド
演:ミゲル・アンヘル・シルヴェストリ
資金洗浄に関わる銀行家。(シーズン3)
クリスティーナ・フラド
演:ケリー・ビシェ
フランクリンのアメリカ人の妻。 (シーズン3)

フアレス・カルテル[編集]

アマド・カリージョ・フエンテス
演:ホセ・マリア・ヤスピク
空の王者と呼ばれるメキシコの麻薬王。悪名高きフアレス・カルテルのリーダー

エピソード一覧[編集]

シーズン1 (2015年)[編集]

通算 話数 タイトル 監督 脚本 配信日
(米国)
11"奈落の底へ"
"Descenso"
ジョゼ・パジーリャクリス・ブランカトー, Carlo Bernard & ダグ・ミロ2015年8月28日 (2015-08-28)
22"シモン・ボリバルの剣"
"The Sword of Simón Bolivar"
ジョゼ・パジーリャクリス・ブランカトー2015年8月28日 (2015-08-28)
33"永遠の権力者たち"
"The Men of Always"
ギレルモ・ナヴァロDana Calvo2015年8月28日 (2015-08-28)
44"炎に包まれた正義宮殿"
"The Palace in Flames"
ギレルモ・ナヴァロクリス・ブランカトー2015年8月28日 (2015-08-28)
55"未来は必ず訪れる"
"There Will Be a Future"
Andi BaizDana Ledoux Miller2015年8月28日 (2015-08-28)
66"名うての爆弾技師"
"Explosivos"
Andi BaizAndy Black2015年8月28日 (2015-08-28)
77"血の涙を流して"
"You Will Cry Tears of Blood"
Fernando CoimbraDana Calvo & Zach Calig2015年8月28日 (2015-08-28)
88"ラ・グラン・メンティラ"
"La Gran Mentira"
Fernando CoimbraAllison Abner2015年8月28日 (2015-08-28)
99"クラブ・メデジン"
"La Catedral"
Andi BaizNick Schenk & クリス・ブランカトー2015年8月28日 (2015-08-28)
1010"いざ、旅立たん"
"Despegue"
Andi BaizNick Schenk & クリス・ブランカトー2015年8月28日 (2015-08-28)


シーズン2 (2016年)[編集]

通算 話数 タイトル 監督 脚本 配信日
111"自由の身"
"Free at Last"
Gerardo NaranjoAdam Fierro2016年9月2日 (2016-09-02)
122"カンバラッチェ"
"Cambalache"
Gerardo NaranjoZachary Reiter2016年9月2日 (2016-09-02)
133"マドリッドからの帰還者"
"Our Man in Madrid"
Andrés BaizZachary Reiter and Steve Lightfoot2016年9月2日 (2016-09-02)
144"地獄の決斗"
"The Good, the Bad, and the Dead"
Andrés BaizTeleplay: Zachary Reiter and Carlo Bernard & ダグ・ミロ
Story: T.J. Brady & Rasheed Newson and Steve Lightfoot
2016年9月2日 (2016-09-02)
155"敵はただ一人"
"The Enemies of My Enemy"
Josef WladykaTeleplay: T.J. Brady & Rasheed Newson and Carlo Bernard & ダグ・ミロ
Story: T.J. Brady & Rasheed Newson
2016年9月2日 (2016-09-02)
166"ロス・ペペス"
"Los Pepes"
Josef WladykaJulie Siege2016年9月2日 (2016-09-02)
177"1993年ドイツへ"
"Deutschland 93"
Josef WladykaCarlo Bernand and ダグ・ミロ2016年9月2日 (2016-09-02)
188"メデジンをあとにして"
"Exit El Patrón"
Gerardo NaranjoTeleplay: Gideon Yago & Curtis Gwinn
Story: Gideon Yago
2016年9月2日 (2016-09-02)
199"我が農場"
"Nuestra Finca"
Andrés BaizJulie Siege & Clayton Trussell2016年9月2日 (2016-09-02)
2010"最期の時"
"Al Fin Cayó!"
Andrés BaizCarlo Bernard & ダグ・ミロ2016年9月2日 (2016-09-02)

シーズン3 (2017年)[編集]

通算
話数
シーズン
話数
タイトル監督脚本放送日
211"カリの紳士たち"
"The Kingpin Strategy"
Andrés BaizCarlo Bernard & ダグ・ミロ & Eric Newman2017年9月1日 (2017-09-01)
222"カリのKGB"
"The Cali KGB"
Andrés BaizCarlo Bernard & ダグ・ミロ & Eric Newman2017年9月1日 (2017-09-01)
233"資金洗浄ルート"
"Follow the Money"
Gabriel RipsteinDavid Matthews2017年9月1日 (2017-09-01)
244"チェックメイト"
"Checkmate"
Gabriel RipsteinAndy Black2017年9月1日 (2017-09-01)
255"駆け引き"
"MRO"
Josef WladykaAshley Lyle & Bart Nickerson2017年9月1日 (2017-09-01)
266"万全の策"
"Best Laid Plans"
Josef WladykaJason George2017年9月1日 (2017-09-01)
277"出口なし"
"Sin Salida"
Fernando CoimbraSanta Sierra & Clayton Trussell2017年9月1日 (2017-09-01)
288"共存"
"Convivir"
Fernando CoimbraAndy Black2017年9月1日 (2017-09-01)
299"大統領の買収"
"Todos Los Hombres del Presidente"
Andrés BaizJason George & Carlo Bernard & ダグ・ミロ2017年9月1日 (2017-09-01)
3010"再びカリへ"
"Going Back to Cali"
Andrés BaizCarlo Bernard & ダグ・ミロ2017年9月1日 (2017-09-01)

事件[編集]

  • 2017年、ロケーション監督のカルロス・ムニョス・ポータルが複数の銃弾を受け、車の中で亡くなっているのを発見された。場所はメキシコシティ郊外の麻薬関連の殺人が多いことで有名なイダルゴ州に近かったと伝えられている。
  • Netflixはカルロスの遺族にお悔やみを述べる声明を出し、事件の真相については捜査中のため、まだわからないとしている。

その他[編集]

各国での放送[編集]

Netflixで配信される日本語版についてはACクリエイトが製作し、打越領一が演出、翻訳は子安則子、中沢志乃、橋本真砂子がつとめている。

受賞[編集]

テレビドラマ賞 対象 結果
2016 第73回ゴールデングローブ賞[6] 主演男優賞(ドラマ部門) ヴァグネル・モウラ ノミネート
第68回プライムタイム・エミー賞 メインタイトル・デザイン賞 ノミネート
主題歌賞 Rodrigo Amarante ノミネート
編集賞ドラマシリーズ部門 Leo Trombetta ノミネート

外部リンク[編集]

脚注[編集]

[1][2]

  1. ^ a b Narcos”. 2015年9月7日閲覧。
  2. ^ a b Netflixドラマ”. 2015年9月7日閲覧。
  3. ^ Hibberd, James (2016年9月6日). “Narcos Renewed for Two More Seasons”. Entertainment Weekly. 2016年9月7日閲覧。
  4. ^ Biography.com Editors (2017年11月14日). “Javier Pena Biography.com”. The Biography.com website. A&E Television Networks. 2017年12月14日閲覧。
  5. ^ Netflix Releases First Look at Reset 'Narcos: Mexico'”. The Hollywood Reporter (2018年7月18日). 2018年7月18日閲覧。
  6. ^ ゴールデングローブ賞テレビ部門ノミネート発表 レディー・ガガも候補入り”. 映画.com (2015年12月11日). 2015年12月11日閲覧。