セバスチャン・オジェ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
セバスチャン・オジェ
ADAC Rallye Deutschland 2013 - Empfang der Stadt Köln - Sébastien Ogier-4533.jpg
基本情報
国籍 フランスの旗 フランス
WRCでの経歴
活動時期 2008 -
所属チーム シトロエンフォルクスワーゲンMスポーツフォード
出走回数 136
チャンピオン回数 6(2013 - 2018
優勝回数 44
表彰台回数 71
ステージ勝利数 538
通算獲得ポイント 1961
初戦 2008 ラリー・メキシコ
初勝利 2010 ラリー・ポルトガル
最終勝利 2018 ウェールズ・ラリーGB
テンプレートを表示

セバスチャン・オジェSébastien Ogier1983年12月17日 - )は、フランスオート=アルプ県ギャップ出身のラリードライバー。2013~2018年の世界ラリー選手権 (WRC) ドライバーズチャンピオン。

略歴[編集]

2007年にフランス国内で行われたプジョー・206カップを制して頭角を表す。

2008年には世界ラリー選手権(WRC)の下部カテゴリーであるジュニア世界ラリー選手権(JWRC)に参戦し、シリーズチャンピオンを獲得。この年からシトロエンの監督に就任したオリビエ・ケスネルに見出され、WRC最終戦グレートブリテンC4 WRCをドライブ。オープニングステージでいきなりベストタイムをマークし、そのままSS5までラリーをリード。その後はトラブルに見舞われ26位に終わったが、世界に衝撃を与えたデビュー戦となった。

2009年にシトロエンのジュニアチームに昇格してWRCに本格参戦する。2010年ポルトガルで初優勝を記録し、同年のフィンランドではダニ・ソルドと入れ替わる形で初めてシトロエンのワークス・チームに昇格した。以後もグラベルイベントに限りソルドの代わりにワークスエントリーする形となり、初参戦のラリージャパンでも優勝した。

2011年はソルドがシトロエンから離脱したこともあり、正式にワークス・チームから全戦に出場することになり、シーズン5勝を挙げ完全にWRCのトップドライバーとして認識される。第5戦ヨルダンでは、最終SSとなるパワーステージまでヤリ=マティ・ラトバラとの優勝争いがもつれ込み0.2秒差で逆転優勝した。この2人のタイム差はWRC史上最も僅差での名勝負となった。しかしシトロエンチームではセバスチャン・ローブが絶対的なNo.1ドライバーとして君臨していることから、No.1としての待遇を求めて移籍を決断。2013年より本格参戦を予定しているフォルクスワーゲンに加入し、フォルクスワーゲン・ポロ R WRCの開発を担うことになった[1]。同年12月にはレース・オブ・チャンピオンズに初出場。フォルクスワーゲンに加入して初めてファンの前に姿を現すイベントとなったが、いきなり個人総合優勝を獲得した[2]

2012年はポロの開発ドライバーを務めつつ、シュコダ・ファビアS2000でWRCに12戦に出場。WRカーに比べパワーの劣るS2000ながら、サルディニアではステージベストを叩き出し周囲を驚かした。ドライバーズランキングは10位に入った。

2013年より、フォルクスワーゲン ポロR WRCの参戦に合わせ、ワークスドライバーとして復帰。初戦モンテカルロはローブに次ぐ2位となるが、2戦目のスウェーデンにてポロR WRCの初勝利を飾る。その後も昨年までのローブを彷彿させる走りをみせ、シリーズ13戦中9勝で初のドライバーズチャンピオンを獲得。9連覇の記録を残してWRCを引退したローブの後継者争いで先頭に立った。

2014年も引き続きフォルクスワーゲンから参戦。この年はチームメイトのヤリ=マティ・ラトバラとの激しいチャンピオン争いを繰り広げ、一時はタイトル防衛が危ぶまれるも、シーズン8勝を挙げドライバーズチャンピオン連覇を果たした。

2015年もフォルクスワーゲンから参戦。新出走順規定に苦戦するものの8勝を挙げドライバーズチャンピオンを獲得した。オーストラリアではマーカス・グロンホルムを抜いて単独2位となるWRC通算31勝目を記録した(1位はローブの78勝)。

2016年やはり出走順規定に苦しめられ、モチベーションの低下を見せることもあったが、やはり安定した走りを見せて6勝を挙げ、トミ・マキネン、ローブ以来、3人目となるドライバーズチャンピオン4連覇に輝いた。この年限りで撤退を決めたフォルクスワーゲンでは、在籍した4年間の個人勝率6割(51戦31勝)という素晴らしい成績を残した。

2017年は、このシーズンから復帰するトヨタのテストにも参加したが、最終的にノンワークスのMスポーツへの移籍を決断した[3]。開幕1カ月前にチームが決まり、ほぼぶっつけ本番で臨んだモンテカルロで優勝し、Mスポーツに5年ぶりの勝利をもたらした[4]。シーズンを通してはライバルやチームメイトの活躍で優勝は2度に留まったものの、表彰台9回という安定感のある王者の走りで最終戦を前に5度目のチャンピオンを決めた。また同時にプライベーター体制のMスポーツとしては初のタイトル獲得も決まっている。なおシーズン中「フォードがワークス復帰しないならMスポーツを離脱するか引退する」と発言してきたが、11月末に残留を発表。その後にフォードがWRC復帰を発表した。

2018年開幕戦モンテカルロでは優勝を飾り、トミ・マキネンの記録を破る前人未到の5連覇を達成した。しかし次戦ラリー・スウェーデンでは例年以上に雪が多く、前戦優勝のオジェは最終SS時点で10番手であった。そこでパワーステージではチームの指示もあり、わざと出走を遅らせ、WRC2車両の後からステージを走って2位で4ptsを獲得。ペナルティは受けたものの、規定により総合タイムへの加算で済んだ。しかしこの戦略は大勢のファンからの非難を浴びた。 その後の第3戦メキシコ、第4戦コルシカと連勝し順調に見えたが、タイトル争い最大のライバルヒュンダイティエリー・ヌービルトヨタオット・タナクの快進撃により一時ランキング3位にまで後退した。しかし前半の取りこぼしの多いタナクと安定感の無いヌービルとの差は僅差であり、第11戦ウェールズ・ラリーGBで前半戦コルシカ以来の勝利を挙げると、続く第12戦でも2位表彰台に立ちヌービルを逆転。わずか3ポイント差のランキング首位に立つ。そして最終第13戦オーストラリアではヌービルとタナクが最終日に揃ってリタイアとなり、最終SS直前にオジェがチャンピオン6連覇を決めた。

WRCでの優勝[編集]

# 大会 開催国 コ・ドライバー
1 2010 Vodafone Rally de Portugal ポルトガル ジュリアン・イングラシア シトロエン・C4 WRC
2 Rally Japan 日本
3 2011 Vodafone Rally de Portugal ポルトガル シトロエン・DS3 WRC
4 Jordan Rally ヨルダン
5 Acropolis Rally ギリシャ
6 ADAC Rallye Deutschland ドイツ
7 Rallye de France Alsace フランス
8 2013 Rally Sweden スウェーデン フォルクスワーゲン・ポロ R WRC
9 Rally Guanajuato Mexico メキシコ
10 Vodafone Rally de Portugal ポルトガル
11 Rally Italia Sardegna イタリア
12 Neste Oil Rally Finland フィンランド
13 Rally Australia オーストラリア
14 Rally de France - Alsace フランス
15 Rally RACC Catalunya - Costa Daurada スペイン
16 Wales Rally GB イギリス
17 2014 Rallye Automobile Monte-Carlo モンテカルロ フォルクスワーゲン・ポロ R WRC
18 Rally Guanajuato México メキシコ
19 Vodafone Rally de Portugal ポルトガル
20 Rally di Sardegna イタリア

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]